--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一撃必殺 究極奥義 苦しませずに殺す四八手」 orz 全1巻 藤原カムイ

2011年08月12日 20:54

orz

話の元ネタはオズの魔法使い
通信教育により究極の力を手に入れた少女D(ドロシー)がペットのバカ犬、小賢しいカカシ、エロいブリキの木こり、見かけ倒しのライオンを引き連れて家へ帰るために旅をするという愛と友情と感動とその他諸々をぶん投げた感じのお話。

真面目に生きるのが馬鹿らしくなる「orz」の感想です。

関連作品である「LOVE SYNC DREAM」1巻の感想はこちらから。

と言うのも、本作の位置づけが「LOVE SYNC DREAM」のクロスオーバー作品であるためです。
スタッフにJ.D.モルヴァンの名はありませんが、登場人物の一部が共通しています。

本当は前回から2日連続で更新しようと思っていたのですが、気付いた時には一週間が過ぎていました。
ははは、時計壊れてんじゃね?

今回も有名な児童作品である、オズシリーズの一作目「オズの魔法使い」を題材としており、藤原カムイ先生の手により2ちゃんねる風味の作風に仕上げられています。

なお、タイトルの「orz」はネットで生まれたアスキーアートの一つであり、「失意体前屈」と呼ばれたものの一つです。
詳しい人には今更でしょうが、知らない人はググってくだされ。
そして表紙のドロシーが正にタイトルと同じポーズを取っているのは、犬のウンコ踏んでヘコんでいるためです。
残念!

以下、感想です。
大まかなストーリーについては大体原作と同じなので割愛。

本作の特徴は個性的なキャラクター達のひょうきんさです。
いうなれば大がかりな二次創作であり、「オズの魔法使い」のパロディー作品なのです。


脳の無いカカシは存在意義を無くしたカカシに。
百科事典を素材として作られた彼は知識だけは豊富。しかし人通りのない場所の田に立つだけでは話も出来ず折角の知識も宝の持ち腐れ。
ドロシーに出会ってからは己のアイデンティティーを確立するため旅のお供を申し出ますが、知識はあるものの使いどころを知らないものだから鬱陶しいウンチク君に成り下がり。

心の無いブリキの木こりは嫁に逃げられたエロブリキマンに。
頭の中は嫁とエロイ事でいっぱいおっぱい。元々人間だった彼は肉体を取り戻すためにドロシーに同行しますが、本当言うと嫁に戻ってきてもらいたい、あとエロいことしたいというのが目的です。
それよりあんた、頭を斧でかち割られてますけど、なにがどうしてそうなった?

臆病なライオンはぶっちゃけそのまんま。
しかし溢れる小者臭は他の追随を許しません。

「ウワアアアン
 親父にもたたかれたことないのにィィィッ」


だだっ子よろしく泣きながら喚くそのセリフは言わずと知れたアムロ・レイですね。分かります。「殴ってなぜ悪いか」ってなもんですよ。


竜巻に巻き込まれ、愛犬と共に吹き飛ばされた先にて巻き起こる非日常。
そして出会った常識外れなお供達。

しかし、真の非常識は最も身近なところにありました。
そう、それこそが主人公であるD(ドロシー)。

連載一話目から魔女殺し達成。
カカシには非常な一言「ウゼェ黙れ!」。
ブリキマンをあごで使い、
ライオンなんぞは出会い頭に殴り飛ばす。
オズに会う前に家に帰る方法も見つけちゃうし、
迫り来る敵には拳一つで爆発攻撃(「どんな技や…」)。
本命魔女だって騙し討ちで煮殺す始末。
極悪非道、悪辣残虐。

「恐ろしい…
 西の魔女の方がまだマシだったのでは…?」


う~む、否定できない…。

えー……
一件落着!

終わりよければ全て良しですね。
はい、オッケーオッケー。

「現実に帰る覚悟もウッカリ出来ちゃったしね」




そして物語は「LOVE SYNC DREAM」へと続――いてんのかな、これ?
本編の2巻が出ていないのでよく分かりませんが、とにかく「LOVE SYNC DREAM」を読んだら「orz」も読んどけ、「orz」を読んだら「LOVE SYNC DREAM」も読んどけってことですよ!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/452-e7231951
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。