--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「"オタク根絶委員会"推参!!!!」 ザンガード 全1巻 柴田ヨクサル

2011年07月04日 21:50

ザンガード

秋葉原の平和を守るため、コスプレに身を包み弱きを助けるために戦う平成のライダーマン。

真の主人公登場「ザンガード」の感想です。

本作は同作者による将棋漫画「ハチワンダイバー」のスピンオフ作品です。
でも将棋するのは1話目だけ。

本編の巻末でいつもやってるオマケ漫画の拡大版みたいなノリです。

「それはウレシイね」


以下、感想です。
もともと本編でも主役を張るはずであった斬野シトが遂に主人公として返り咲きました。

んで、先にも述べましたが将棋漫画のスピンオフ作品なのに1回しか将棋を指しません。
本編でも割と問答無用で格闘とかしてるんで仕方ないっちゃあ仕方ない気もしますが。

では何をするかといえば、将棋の真剣士としてのキリノではなく、人形作家としての側面と秋葉のヒーロー・ザンガードとしての側面を前面に押し出した作品となっています。

将棋を指す1話目はキリノと秋葉の受け士・そよの出会い。
本編の裏話であり、そよがハチワンダイバー・菅田健太郎をキリノと戦わせる局面(本編3巻)へと続きます。

その後本編で色々あって、ご存じの通り型を取られてしまうそよ。
そして出来上がったのは魂がないだけのそよの完全コピーである人形でした。
キリノは人形を作り、それが誰かのお嫁さんとなり命を授かることを夢見ています。その題材として、作中でも屈指の美人とされるそよの型を欲していたのです。

「あなたの肉体は奇跡です」


と絶賛するキリノ。
彼自身は"ボーイズラぁ~ヴっ"なのですが、女性が恋愛対象にならないだけで美醜の判断は付くのですね。

ともかく、その後そよ人形を量産しまくってコスプレさせて個展を開くキリノ。
そして何故だかそこに毎回現れる「オタク根絶委員会」なる組織。

「アキバ系オタクが日本を滅亡させるという結果が出た」
「何のどこ調査だよ」
「独自の調査だ」


そんなわけでアキバ系オタクを根絶させるため武力行使に打って出る変態組織。他所へ行け。

多分本編の敵・鬼将会とか全く関係のない独自の道を突っ走る変態なのでしょう。それが何度やられても懲りずに現れる。そしてそれをザンガードに変身したキリノ(+仲間たち)がやっつける。

パターン化したヒーロー漫画です。


始めに巻末オマケ漫画の拡大版、と評しましたが、「谷仮面」の初期の頃のようなシュールなギャグ漫画にも思えます。

「努力」あり(オタク達のだけど)、「友情」あり、そして「勝利」に繋がり、"ボーイズラぁ~ヴっ"まで盛り込まれた本作。
もちろんそよへのセクハラも満載です(なにがもちろんだ)。でもまあ、読者サービスになってるかは正直微妙ですが……。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/449-ddf6bdc4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。