--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳がバカになるぅ~~」 あねちゅう! 溺愛悶絶美奈子さん 1 青稀シン

2011年06月16日 21:05

あねちゅう_1

ヒキニートのダメ弟と、それを愛するマジキチ姉の物語。
っていうか、この本発禁にしなくて大丈夫かしらん。

「だめじゃにゃい
 だめじゃにゃい
 もう
 わかんにゃい
 わかんにゃい」



愛と鼻血とヨダレを噴出「あねちゅう! 溺愛悶絶美奈子さん」1巻の感想です。


皆様はご存じでしょうか。以前、ネットでちょこっとだけ話題になったAAのことを。

                      人人
        (iii)  (iii)     < ウ >
 人人   //   \\    < オ >
< イ >// / ̄\ \ \   < オ >
< ェ >\\ |(゚) (゚) |/ /   < オ >
< ス > \\|. ∩..| /    < オ >    
< ! >.  \\∪//     < オ >
< イ >   (  ̄  )        YYY    
< .ェ >  .. |    |
< .ェ >  .. |    |
< ス >  .. |    |
 YYY    / /\ \
      / /   \ \


  人人               人人
< ウ >   /~~T~~\  <ウ .>
< オ >  / / ̄\ \ <オ .>
< .ォ > | /|(゚) (゚) |\|< ッ >
< オ > //|. ∩ |\\ YYY
< オ >. \\\∪/// 
< ォ >  |\\  //|
< オ >  | (iii) (iii) |
 YYY    ||    || 
      ..(__)    (__)
(環境によってはズレてるかも。そしたらごめんなさい)

あまりの再現度の高さに全米が驚愕したAA。その元ネタこそが、本作なのである。

参考:「なんだかおもしろい」さん 探してる漫画があるんだが画像もない

作者の名前は青稀シン先生。
作者様サイト「青稀GALLERY」にて、本作の未来の話(美奈子が一人暮らしはじめてネコを飼う話)が無料公開されているので、まずはそちらをご覧ください。話はそれからだ。

マジキチ!
マジキチ!

以下、感想です。
ストーリーの説明は放棄します。
っていうかそれ以外のところが斬新すぎてそれどころじゃない。

「うわああ すごい♪
 すごいよ おねえちゃん!

 なんだか全てがどうでも良くなってきたよ♪
 アホらしすぎて鬱が吹き飛んじゃった!」


エロスだけがZ指定(18才未満への販売・頒布禁止)の範疇でないことを我々に教えてくれる作品です。(指定されてないけど。そもそもTVゲームの区分だし)

常軌を逸したギャグマンガなのですが、この読了感をどのように表現すればよいでしょうか。

斬新さだけでいえばちょぼらうにょぽみ先生(「人志松本のすきなものの話」にて、芸人の 天津・向清太朗すらついて行けないと評した漫画家)に匹敵します。

しかもなんだ、その、随所にちりばめられたアヘ顔(良い子はクリックしちゃダメ)っていうんですか? 違う?
青年向けにも指定されていない作品で、こういう、なんつーか、みさくらなんこつ(良い子はクリックしちゃダメ)的な乱れ姿を描きまくってるっていう。どうなの? みたいな。

いえ、エロさは微塵もありはしないんですけどね。
しかし狂気の扉を開いてしまった感はあります。ある意味親にエロ本見られるよりも本作を見られる方がショックが大きいと思います。

常人にはついて行けない世界。萌え漫画の面を被っておきながら、コマが変わるとさながらホラー漫画のような様相を見せる登場人物。というかある意味本当にサイコホラーな漫画です。

笑える人には笑えるけれど、笑えない人はちょっと引く、そんな読み手を選ぶギャグ漫画。


友達や家族に勧める際は、ギャグマンガでありネタとして購入したことをしつこいくらい念押ししておきましょう。でないとあらぬ疑い(マジキチ嫌疑)をかけられる恐れがあります。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/448-2f726bf9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。