--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リューシカ リューシカ じぶんにしかわからないセカイ」 リューシカ・リューシカ 1~2 安倍吉俊

2011年05月29日 15:01

リューシカ・リューシカ_1リューシカ・リューシカ_2

空想少女・リューシカの世界は謎や陰謀や事件で溢れた奇想天外・危機一髪な毎日。
なんてことのない日常も彼女にとっては大冒険。

広がる想像、果てしない空想「リューシカ・リューシカ」1~2巻の感想です。

なんと本作はフルカラーです! こいつはスゲェや。
もともとは同人誌として発表されていた作品(四冊くらい?)ですが、今ではガンガンONLINEで無料配信されている商業作品です。ゴイスー!

作者の安倍吉俊先生と言えば、「NieA_7(アンテナの生えた宇宙人の話)」や「灰羽連盟(死後の世界の話)」などの作品で有名なイラストレーターさんです。

わたしが初めて触れたのはWOWOWにて放送されていた「NieA_7」のアニメでしたが、その後漫画化され単行本として刊行された同作を読んだ時は"糞先生"なるウンコと安倍先生との対談が収録されており、「あーいたたたた」とデコを叩いたものでした。
その糞先生、本作でも巻末に出てきて安倍先生と対談しています。なんでも彼は「安倍先生がクソ野郎だと思う人物の集合体」だそうで、今後も度々私達の前に姿を現すこととなるでしょう。

以下、感想です。
主人公の名前はリューシカ。本名は栢橋龍鹿(かやはし きみか)で、龍と鹿なのでリューシカ。
名前がマトリョーシカに似ているのと日本人離れした外見とが相まって、最初はロシア人とのハーフの子かと勘違いしていました(名前もリョーシカだと思ってた)。

基本は自宅の敷地内で活動するためか登場人物は少なく、今のところ主人公を入れて5人です。
○リューシカ:主人公。
○あーねーちゃん:年の離れた姉。本名は有季子(ユキコ)。
○アニー:兄。本名は賢(マサル)。「アニーではない 兄だ」
○ぱー:父。本名不明、職業不明。
○まー:母。未登場。本名不明、職業不明。
○猫矢隅子:おとなりさんの学生。目付きが悪い。

長女と長男はまともな名前なのに末の子にだけ龍鹿(きみか)と名付けた親のセンスには脱帽ですね。父でしょうか、母でしょうか。


ストーリーといったものはなく、謎があったり物語が進んだりということはありません。あくまでリューシカの日常を描いただけの作品です。

子供視点の日常を描いた漫画ということで「よつばと!」を連想しやすいのですが、本作の作風はそれとは少々異なります。

子供という奴は兎角奇抜で不思議な発想をしがちなものですが、リューシカの場合は人並み外れて想像力が豊かです。また、時折哲学っぽいリューシカの思考が垣間見えたりもします。

そういった哲学的雰囲気を助長するものが、冒頭に挿入されるリューシカの一言。
小説なんかでもそうなのですが、話の冒頭にその物語の内容を集約した一言が入っているだけでグッと読み手の心を惹き付けます。上手く言えないのですが、「ここからが物語の始まり」という合図をもらった気がして意識が話の中に入り込めるのです。

「リューシカ リューシカ
 よるをたべてそだつ」


「リューシカ・リューシカ
 よるはなにかをかっている」


「リューシカ リューシカ
 はこのなかはふめい」


割と適当な一言も多いのですが、なんだか気になる・心に残るフレーズも多いのです。


フルカラーで且つイラストレーターさんの漫画と言うことで絵が奇麗なのはもちろんなのですが、大抵のフルカラー漫画と異なるのはキャラクターがちゃんと動いているところです。

白黒原稿を書き慣れている漫画家さんがフルカラーで描くと動きのない絵、もしくは躍動感のない絵になることが多いです。
また、イラストレーターさんが描く漫画は一コマ一コマは奇麗なのですが動きのないコマになることが多いです。

しかし安倍先生の描くフルカラー漫画は絵が奇麗で且つ躍動感を持っています。更に多彩な角度から登場人物が描かれており、セリフが無くともキャラの動きだけで楽しむことができます。安倍先生パネェっス!


フルカラーのためか1話のページ数は少ないですが、今のところ年一冊ペースで刊行されている本作。
是非とも長く続いて欲しいものです、などと考えながら続巻に期待。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/445-4f93ede0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。