--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いい子にしないとモリモリが来るぞ!」 琴浦さん 2 えのきづ

2010年12月12日 20:20

琴浦さん_2

誰が呼んだか知らないけれど、なんと呼ばれたかも分からない。
奇跡の体現者、サイキック琴浦。
目下の敵はエロい彼氏だ!

幸せいっぱい腹一杯の琴浦さんに萌える漫画「琴浦さん」2巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。

前巻から割と日を置かずに2巻が発売されました。それもこれもえのきづ先生が作者ホームページ「ENOKIX」にてコツコツ更新を続けておられたおかげです。継続は力なり、ですね。素晴らしい。
あとがきより、流石にストックが尽きたそうですが、まだ4コマ100本以上未収録ですのできっと3巻もすぐ出るのではないでしょうか。「琴浦さん」以外に「陽だまりの姫」とかも描かれてますし。
それかオール書き下ろしで3巻、とか。

いやぁ、わくわくしますね。

以下、感想です。
今回の収録は2部53話~3部110話まで。描き下ろしも多数収録されています。

2部は初っぱなからESP研の部長・百合子と室戸の昔話です。
年相応に成長していた時期の室戸は百合子を守れる程度に貫禄を持ってたというのに、今では見る影もありません。しかしそれを切っ掛けに百合子との恋愛フラグがバッチリ立ち上がったのでした。
母親への糾弾と死で傷ついていた百合子を颯爽と現れ救い出す室戸。
この二人には幸せになって欲しいものです――が、室戸の方が鈍いのかなんなのか。むしろ室戸の母の方が百合子ラブで嫁に来い来いと誘っていました。

巻末書き下ろしで子供時代の百合子&室戸のエピソードも描かれており、それだけで大満足でした。
問題があるとすれば室戸の将来ですね。父親似の朴念仁である室戸ですが、性格のみならず容姿も似通っているため、大人になるとあの姿に……。その事実を百合子は知っているのでしょうか。


もちろんメインカップルの琴浦さんと真鍋は相変わらずのバカップルです。いつの間にかお仲間ポジションに収まった森谷のいじめ(?)や妨害にも負けずラブラブしてやがります。
クリスマスも一緒。正月も一緒。バレンタインデーにもラブラブです。森谷もいますが
真鍋の必殺エロ妄想も健在で、年が明けても琴浦さんを慌てふためかせるイマジネーションは衰えるところを知りません。
持ち前のポジティブさで琴浦さんの母親からも公認(?)されて、爺さまからは焚き付けられる程に順風満帆です。

真面目な話、今回も琴浦さんに巻き起こる様々なトラブルに対処していて、やる時はやる男なのですね。タフだし、めげないし、琴浦さんのナイト役をしっかり務めています。
しかしエロい。なので締まらない。そんなところが素敵です。
完璧超人のヒーローにはもげるか爆発してもらうしかなくなりますからね。その点真鍋くんは安心の2枚目半ですね。
彼の人生が面白すぎる。


なんて軽いノリでお話は展開していますが、所々に重たい話も混ぜられており、2巻巻末時点でも殺人事件に巻き込まれています。身近なところから被害者も出ています。警察からも関係者として見張られています。
果たしてその結末は!?
っていうか3巻はすぐに刊行できるのか!?

続巻を刮目して待つとしましょう。
(無料公開分では既に解決してるわけですけれども)

琴浦さん可愛い。
琴浦さんに萌えると良いよ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/427-808d8502
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。