--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「使わない大金って腐るよね」 ビリオネアガール 1 原作 支倉凍砂/漫画 桂明日香

2010年11月14日 22:59

ビリオネアガール_1

叔父から紹介された家庭教師のバイト。なんと時給が一万円。
何か裏があるのでは、と訝しがるが、その実やることは普通の少女に数学を教えるだけ。
ただ一つ普通でないのは、少女は総資産170億を持つデイトレーダーだったのです。

お金と幸福を題材にしたプレミア青春ストーリー「ビリオネアガール」1巻の感想です。

原作は「狼と香辛料」でお馴染みの支倉凍砂先生。ライトノベルに経済という異色分野を開拓した作家です。
そしてそのストーリーを絵にしたのが桂明日香先生。ギャグもシリアスもラブコメもファンタジーだってこなせるオールマイティーな漫画家です。

何という最強コンビ。帯を見ただけで期待に胸が熱くなったのは言うまでもありません。

以下、感想です。
冴えない大学生・高遠恵は大学の教授である大叔父から家庭教師のバイトを紹介してもらう。
ところが話を聞けば時給一万円だという。上手い話に裏はつきものと訝しがるが、いざ教え子となる少女を目にすれば何のことはない普通の少女。

少女の名前は藤岡縁。デイトレーダーで170億という個人資産を持つ超お金持ち。
が、お金が元で家族とは不仲であり、内気で引きこもりがちな生活からか一緒に出かけるような友達もおらず、なにかとコンプレックスを持ってもいる気難しい少女でもあった。

恵は人と感覚がずれているようで、金持ちと普通の感覚の違いを深刻に捉えてはいない。
しかし、彼女と一緒にいれば脳天気な恵でも格差の違いを徐々に知ることとなる。
が、それでも彼女の些細な手助けになれば、と傍に居続けるのであった。

そういう話。


縁は儲けすぎたせいで家庭を壊したことがコンプレックスになっており、お金や株の売買に話が移ると卑屈な態度を取ってしまいます。ネガティブ精神全開で負のオーラもだだ洩らし。

ですがどうも雲の上過ぎる話でピンと来ません。わたしには100億なんて資産もないし、家庭崩壊した記憶もありません。縁の心情については推し量るばかりで実感が伴いません。
どちらかと言えば恵の側に感情移入が出来ます。話しについていけずにキョトンとする感じ。それとは別に、困っている女の子を助けてあげたいなと思う気持ち。

そんな恵ですが、実際にギャップを目の当たりにすればあまりに世界が違うので愕然としてしまいます。

一度目は実際に株取引する様子を目の当たりにした時。
ものの数分で億単位の金が動くことに衝撃を覚え、イスからずり落ちました。

二度目は一緒に食事に出かけた時。
一皿で云千円、一食が万単位という身近な危機に脂汗が流れました。

特に二度目は重傷です。
年下の女性に奢られることの恥ずかしさを恵は痛感していました。男女差別と怒られそうですが、やはり年若い女性に支払をお願いするのはプライドが邪魔をします。年を経て地位を持つ者ならば殊更でしょう。
人によっては平気かも知れませんが、自分だったらどうだろうと考えた時、「ラッキー、一食浮いた。肉ウメ―!」とはなりません。ちんけなプライドに邪魔されてしまいます。
それを考えると、打ちのめされてなお「上手な負け方」で奢ってもらうことにした恵は大した男です。自分のプライドよりも相手の心情を立てる辺り、優先順位というか、道理の分かる男です。また、進んで負けることが出来ると言うことは相手の実力を認める事が出来るということです。これも若い内からは中々素直に出来ることではありません。

これからも恵と縁の付き合いは続き、何度も経済的な格差を目の当たりにすることでしょう。
そうする内に読者である我々は縁という成功者の心情を知り、株式売買という経済活動を知り、そして恵が「上手な負け方」を通して雲の上の出来事を身近な位置まで降ろしてくれることで、縁という成功者のことを良く識る事が出来るのではないでしょうか。

さて、今後恵はどうやって縁と接していくのか。
続巻が楽しみです。


蛇足:
作中で縁から「100億円あったらどうする?」と何気なく聞かれていました。
皆さんなら100億円あったらどうするでしょうか。

自分なら商売を始めると思います。
手始めに飲食店を。といっても、わたしは料理なんぞ大して出来ませんので、料理の上手い誰か、を探すところから始めなくてはいけないのですが。飲食店のノウハウを知る人なら尚のこと良しですよ。

チェーン店のトップとか、料理してないしね。
……駄目かしらん?




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/417-61cac278
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。