--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日は……風が騒がしいな…」 男子高校生の日常 1~3 山内泰延

2010年11月04日 21:47

男子高校生の日常_1男子高校生の日常_3

かわいいは正義だの萌えだのぬかす世の中に一石を投じる問題作。
登場する女子のほとんどが顔が出ない!

おバカな男子達の虜になる「男子高校生の日常」1~3巻の感想です。

男同士の馬鹿騒ぎがメインで最初は女子なんて主人公の妹くらいしかいなかったのに、3巻ともなると随分その数を増やしました。コミックスの巻末では特別読み切りとして「女子高生は異常」も描かれており、時折本編にも出張してくるので女性陣は確実にその数を増やし続けています。
今のところほとんどは男子視点で物語が進んでいますが、このまま女子の数が増え続ければ巻末のみならず本編も女子視点で話が進むようになってしまうのかも……。というか、むしろりんごちゃんには既に負けきってる感があります。

女の子は強いなぁ。
頑張れ男子高校生。

以下、感想です。
かつて、アークデーモンと呼ばれる少女がいた。
彼女はまるで暴力の化身で、数多の人間が彼女に襲われ、嬲られ、ひれ伏した。
しかし彼女の横暴に抗う者達はいた。各地より集められた精鋭十名は一丸となり、恐怖の象徴と果敢に戦ったのである。

結果は――相討ち。

今でもアークデーモンの名は恐怖の象徴として知れ渡り、その名を聞くだけで震え上がる者、未だトラウマに悩まされ続ける者も多い。

そんな彼女も今ではすっかりただのバカ。

そんなサイドストーリーもあるでよ。


別にストーリーとかはないので、「女子高生は異常」のサイドストーリーをあらすじで書いてみました。メイン側には大したバックボーンもないのに特別編の方には面白みのある挿話があります。それくらい本編はゆるいです。

どれくらいゆるいかといえば、主人公が誰なんだかよく分かりません。多分タダクニ(1巻表紙の黒髪)が主人公なのですが、真の主人公は2巻第26話に一度だけ登場した好青年だそうです。更にタダクニは要所要所で出てきますが、逆に数回にわたって全く出てこない時もあります。
逆にピンで度々メインをはるのがヒデノリ(1巻表紙のメガネ)。彼は一流の風の能力使いであり、シリアス風になんかヤっちゃう男です。そういう話がちょこちょこ差し込まれることもあり、話の切っ掛けやオチになることも多いので、むしろ彼が主役でも微塵も違和感がわきません。
キャラクターが増えた今となっては、同じ時間帯に各チームが何をしていたか、といった話で数話が構成されていたりと、さながら群像劇のようにもなってきました。

何が何だか分からない。

 一部のマニアックな読者から絶大な支持――…。


なんて売り文句で世に広まった本作です。マニアックな自分にはぴったりでした。
実を言うと連載初期の頃は微妙に思って読み飛ばしていたのですが、単行本でまとめ読みするとなんだかじわじわと浸食してくるモノがあります。珍味の如く癖になる。

世間様では河原の少女との話が人気のようですが、わたしのイチオシは真田東女子校の生徒会長・りんごちゃん(2巻第19話初出)のシリーズです。何かにつけて暴走する彼女の一挙手一投足には注目せざるを得ません。更に空気が読めない上に負けん気が強いのでやることなすことしっちゃかめっちゃか。人間味があっていとをかし。褒められてなお相手を殴る、そんな彼女が愛おしい。
彼女の傍若無人な様は最新3巻でも健在でした。ただし出番少なめでしたので、続く4巻が早く出ないか待ち遠しいです。

たまに訳の分からんコント(ド○クエごっことか)もあれば、古今東西卓球ゲームやピザ屋の奈古さんのような秀逸な回もあり、1冊に玉石混淆で色んな話が詰まっています。

そう言えば、ピザ屋の奈古さん、3巻の「女子高生は異常」第7話で再登場した時は凄く痩せていたので驚いたのですが、ちゃんと読み返すと別人でした(名護さんて人だった)。制服は同じだし頭に三角巾は巻いているし、同一人物だと思ったのに。

 当たり前のことだけど、
 好きな人には好きなマンガ。
 嫌いな人には嫌いなマンガ。
 でも食わず嫌いは損をする!


興味がわいたら読んでみてください。
実になるモノはなくとも笑いのツボにははまるかも。




コメント

  1. 謎の訪問者 | URL | -

    マニアックな自分にはぴったりでした

  2. questmys | URL | -

    Re: タイトルなし

    > マニアックな自分にはぴったりでした

    マニアックばんざい!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/413-2b69dc61
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。