--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真鍋は変態じゃないよ。仮に変態だとしても変態という名の紳士だよ」 琴浦さん 1 えのきづ

2010年08月05日 21:22

琴浦さん_1

心の読める超能力少女・琴浦春香、現る。
おっと、能力のことは秘密だぜ。いつ何時敵対組織に狙われるか分からないからな。
誰も知らない知られちゃいけない、それが秘密の超能力。

とか言いつつバレバレな琴浦さんに萌える漫画「琴浦さん」1巻の感想です。

面白いWebComicと言うことで以前にも一度書きましたが、この度待望の単行本化となりました。
やっほーい。

と、言うわけでまずは作者ホームページ「ENOKIX」へ行き、「Comic」ページから無料公開中の「琴浦さん漫画」を読むと良いです。
話の内容はほぼ同じですが、単行本では大幅な加筆修正やカラーページ・オマケ漫画が載っています。
だから読んでも大丈夫。その上で、面白いと感じたら単行本を買えば良いのです。

以下、感想です。
ここからは作者ホームページで「琴浦さん漫画」を読了済み、という前提で進めます。


主人公は真鍋義久。エロスの貴公子エロ紳士。そして憎むべきリア充。
彼のクラスに一人の少女が転校してくるところから物語は始まる。
少女の名は琴浦春香。まるで人の心を見透かしたように話す彼女はあっという間に孤立してしまう。

だが、そんな彼女に物怖じせず近づく人物がいた。
そう、それこそが真鍋義久。世界が誇るエロスの貴公子。彼にはエッチな妄想で敵を恐怖に陥れる(琴浦さん限定)という特殊な能力、ザ・エロスを備えていたのだった。
やったぜ真鍋。凄いぜ真鍋。
そして真鍋の、琴浦さんと仲良くなってムフフなことをするための戦いが始まる(そしてあっさり成功する)。

おのれリア充。
お前は暴漢に腹を刺されて死ね。


そんな漫画。

1巻収録分は、無料公開中の2部52話まで。
単行本化の際に初期の話はまとめられ、絵は現在の絵柄に描き直されているため新鮮な気持ちで読めました。
更に描き下ろし番外編の他、特別付録として琴浦さんのおっぱいマウスパッド用イラスト付き。ちなみに胸の部分に盛り上がりはありません。
――あ、ちっぱいか。ちっぱいマウスパッド用か!?
新しいですね。地球に優しいエコ仕様です。エロ仕様ではありません。マウスの滑りも快適そうです。

話の流れとしては、
○人見知りの琴浦さん、孤立
→真鍋のエロスに引く
→真鍋に懐く
→真鍋のエロスをネタにする
→なんか付き合うことに
→真鍋死亡
→琴浦さん逃走
→ドラゴンボールで復活した真鍋が琴浦さんを捕獲
→怒りにまかせておしりペンペン
→なんか色々あって解決
→第一部 完

あと第2部ではエロ紳士と超能力少女のデートです。
本当、真鍋はエロスです。
でも琴浦さんはそんな彼が好きなのです。

「なっ なんであいつの味方ばっかするのよ!」
「うるせぇな 好きだからだよ 文句あるか!」


琴浦さんに知られないよう動き、彼女を守る真鍋。そしてその場面にばっちり立ち会っていた琴浦さん。
真鍋はエロスの化身ですが、変態という名の紳士でもあります。
その男らしさに惹かれるところがあったのでしょう。ニヤニヤもんですわ。

こうして、1巻の時点で真鍋と琴浦さんのカップリングが出来上がりました。そこに森谷(腹黒・宗教家の娘)が加わり微妙な三角関係を構成する、と言うのが基本スタイルです。
エロスだのリア充死ねだのと書きましたが、真鍋という男、中々のものですよ。
孤立する少女を助け、殺されかけた事実をなんだかんだで許し、恋人の祖父にそれとなく認められています。
それに、芯がしっかりしていてぶれません。

・エロス
・琴浦さん大好き

この2本柱がある限り、真鍋は今後も一本筋の通った男気を貫くでしょう。
彼が付いている限り、もろく傷つきやすい琴浦さんも生きていけます。


さて、二人の恋路はこの後順調なので特に言うこともないですが、気になるのは1巻時点で掘り下げられなかったESP研の部長・百合子(腹黒)&副部長・室戸(駄目コナン)の関係ですね。
超能力者である母親が世間からバッシングを受け自殺してしまったという重い過去を持つ百合子。その彼女の幼なじみで、ずっと付き添ってきた室戸。
二人の関係性が明らかになるのは2巻でのことです。
もちろん無料公開分では既に語られていることですが、単行本化の際にどの程度加筆修正が入るか。
つらい過去を持つだけに、百合子には報われて欲しいところです。


逆に扱いが酷くなるのが森谷。
琴浦さんの敵役として登場した彼女ですが、1部ラストにて和解し、2部ではESP研にも入部しました。
そこで準レギュラーとして、「堀さんと宮村くん」でいうところの仙石かレミのポジションに落ち着くかと思いきや、まさかの三角関係継続。

当初より真鍋のことが好きな森谷ですが、後ろめたいこともあり素直になれず、真鍋にきつくあたってしまいます。そのため二人の恋路に介入し、真鍋から邪魔者扱いされることもしばしば。
かといって、友達となった琴浦さんにはもう強くあたれません。
その上、家が宗教やってるもので、親が口うるさく祈祷しろ、教祖の娘らしくしろと叱りつけてきます。何より母親が丑の刻参りしてそうで怖い。
だけに留まらず、何かにつけて血生臭い事件に縁のある彼女です。

あー、因果応報とは良く言ったものです。
そんな彼女が報われる日は来ない気がします。
様を見ろとは言わないけれど、不思議と同情も出来ないんですよねぇ。前科が前科なだけに。

 頑張れ森谷さん!
 あとこっち見んな


カバー裏でしぶとく生き残れ、森谷ヒヨリ。
作中ではあれだが、クラスでの君は一番の人気者だ!

と言ったところで本日の感想はここまで。
続く2巻にも期待です。

琴浦さん可愛い。
琴浦さんに萌えると良いよ。




関連記事リンク
・「たまごまご」さん 人の心を読めてしまう少女の苦悩は、必ず救われる。必ずだ!「琴浦さん」
・「正直どうでもいい」さん [本]心が読めるから恋をした。さみしがり屋な女の子が取り戻した笑顔に乾杯 『琴浦さん』1巻
・「謎鳥」さん 心が読めると言うことは・・・ 『琴浦さん』 1巻
・「棘叢庵漫録」さん 心を読める女の子と、普通の男子の青春。『琴浦さん』1巻
・「今までに購入した漫画、ゲームのメモ」さん 琴浦さん 1巻
・「マンガ一巻読破」さん えのきづ/琴浦さん
・「オタロードBlog」さん 他人の心が読める少女「琴浦さん」1巻発売


コメント

  1. gaker | URL | qKuIJ8qA

    今さらのコメントですが、琴浦さんいいですよね。
    可愛いです。

    web漫画や小説は色々ありますが玉石混合で、また玉より石の割合が圧倒的に多いから面白いものを発見できたときの喜びは大きいです。もちろん「琴浦さん漫画」が玉であることは言うまでもありません。

    書籍版、買っちゃおうかな~、と迷ってます。

  2. questmys | URL | -

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます。

    琴浦さんかわいいですよね~。
    初期の絵も最近の絵柄に修正してあり、話も少しまとめられているので、webcomicで読むよりも読みやすくなっていますよ。

    ただ、内容的には大体一緒ですし、無理して買わなくても「古本屋で見かけたから」「2巻が出たから一緒に」みたいなタイミングでの購入でも良いかと思います(作者のえのきづ先生には聞かせられませんが)。

    漫画にせよ小説にせよ、読むのも買うのも巡り会いですしね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/384-1131f75f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。