--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こんにちは。ジョニー・デップです。ははははは、違うか」 たまりば 1 しおやてるこ

2010年06月28日 23:02

たまりば

多摩川の橋の下で子供と遊ぶいい歳をした大人。
メガネをかけてひょろっとしてて、服のセンスは悪く性格もいい加減。どうひいき目に見ても浮浪者にしか見えないのに……。
恋する乙女には理屈じゃない。あばたもえくぼで格好良く見えてしまう。

橋の下で出会ったおっさんと女子高生の恋物語「たまりば」1巻の感想です。


書店で見かけた際、作者であるしおやてるこ先生を「どっかで見覚えのある名前だなぁ」と思い手にとってみましたが、まんがタイム系の雑誌で「チョコレート」を描かれていた方でしたね。



これ

絵柄が大分変わっていたので最初は分かりませんでしたが、本をとってすぐに思い出しました。
そんなしおやてるこ先生が気になる人は、作者ブログである「しおちん」をどうぞ。


正直「チョコレート」以降の作品を見かけたことがなかったのですが、なんだか懐かしくなり購入決定。

ところが、読んでみるとこれが大ヒット。
作中の九割を占めるゆるさ・適当さ(主に主人公のハルオのせい)と、一割の重く沈んだシリアスさが琴線に触れました。

以下、感想です。
一言で言って面白いですな。
二言だとチョー面白い。
思わず抜き出したくなる迷言が満載です。


最近、弟の拓也が多摩川の橋の下で見知らぬおっさんと遊んでいる。
弟は、ひょんなことからその男性に自分を紹介する約束をしてしまったのだと言う。
弟の友人関係が心配になり、自分の友人・あやちゃんを誘ってその自称ジョニー・デップに会いに行く。
そして、一目で恋に落ちた。

おっさんの名はハルオ。
恋に落ちたのは美和。

多摩川の橋の下で、二人は出会った。


軽―いノリで始まる本作。
口を開けばその発言のことごとくが適当であるハルオと、素直で純真でちょっと気の弱いおっぱい大きなお姉ちゃん美和の二人をメインに物語は語られます。

一見してルンペン(浮浪者)のダメ男が、何故か気になってしまう美和。
淡い片思いが芽生えて、次第にその顔が忘れられなくなり、もうハルさんのことしか考えられない!
そしてわずかながらも、友人のあやちゃんに付き添ってもらいつつ、ハルさんへのアタックを始めます。

その美和の様子が初々しいこと。

ちょっと天然入っている彼女ですが、恋する乙女には違いありません。
雨の日、下校中の電車からハルさんの姿を見かけて、わざわざ一駅戻って会いに行ったりするのです。
顔も見られない日が続くと、さけられてるのかもと考えて落ち込みます。
ハルさんの一挙手一投足に感心し、彼のプロフィールを知る度に喜びます。

ハルさんに彼女がいたって平気です。だって、頑張れるから。
あやちゃんはハルさんをダメな大人と言うけれど、美和はそうは思いません。

「あたしは…
 ハルさんのこと好きになっちゃったから
 ハルさんを信じたいんだっ」


ズキューーーンッ!
ええ娘やっ……あんた、ホンマええ娘や!!


一方のハルオはと言えば、終始冗談漬け。美和の気持ちには気付きつつも、のらりくらりとかわします。
こんな適当な大人、高田純次以来です。
ところが、読み進めると案外真っ当な大人であることが分かります。
きちんとサラリーマンしているし、彼女とは同棲しているし、年の離れた高校生に手を出すようなたわけでもない。
幼子と遊ぶ面白いおじさん」を演じているきらいが見て取れます(半分以上素なんでしょうけど)。

ただ、彼女とは上手くいっておらず、破局の危機到来中。
更に、美和パイを狙うイケメン高校生・小杉君にも宣戦布告されてちょっと参ってます。

「……
 カッコイイなぁ小杉君 パネェ

 小杉君になら
 抱かれてもいいと思ったね(ハート)」


何を言ってるんだお前は……。


美和パイの純情可憐にニヤニヤするも良し。
ハルさんの適当トークに笑うも良し。
笑いながらさらっと読める良作です。


でも、クラスの男子に「乳神様」と慕われる美和パイも良いのですが、お気に入りはやっぱり番外編に登場した友人・カナちゃん。
真面目そうな顔をして立派に脳みそが沸いてます

「メガネ+スーツだぞ!!
 最強のコラボじゃないかっ
 神が与えた芸術品だぞ」


出来ておる……。

「あいつはヘビのような目をして人のことを見下すんだぞっ
 サイテーなヤロウだぞ」
「それはご褒美だろうが!!
 バカヤロウ!!」


出来ておる喃……。

彼女の再登場を強く望む次第であります。




関連記事リンク
・「今までに購入した漫画、ゲームのメモ」さん たまりば 1巻


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/370-b9703cd3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。