--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そうは佐世保バーガー」 いたちごっこ ひぐらしのなく頃に作品集 にくばなれ

2010年06月04日 21:56

いたちごっこ

07th Expansionが世に送り出した竜騎士07氏の作品「ひぐらしのなく頃に」を題材に、主に宙出版から発行されたアンソロジー本でにくばなれ氏が発表した作品を集めたのが本作「いたちごっこ」です。

「いたちごっこ」とは、江戸時代からある、互いの手の甲を順につねる終わりのない子供の二人遊びのこと。転じて、現在では「双方が同じことを繰り返す無益なこと」という意味になりました。
つまり原作(というか本作)でのカケラ遊びを「無益なこと」と皮肉っているわけです。たぶん。圭一が「滑稽な話」と酷しているので間違いありません。たぶん。そしてそんな滑稽な話ばかり作るオヤシロ様をクワガタ扱いです。

そんな滑稽な(と自虐する)話を作った作者・にくばなれ氏のホームページはこちらの「しましまおぱんちゅ」です。
サークル名からも作者の人格が見て取れるようですね。
東方Projectがお好きな方は同人誌や「忙しい人のための紅魔郷」なんかの原画担当ということでご存じかと思います。


以下、感想です。
最初に言っておきますが、玄人向けです。シュールなネタがわからない、という人には厳しいかもですね。
例を挙げると最近の「苺ましまろ」よりシュール。正に「同人」って感じの感想を受けます。

「…えっと ここからは俺の独り言
 どうでも良い話だから聞き流してくれ

 夢の中で用を足してさ
 目が覚めた時ハッと飛び起きるがオイタは致していない
 大人になるってこういう」
「本当にどうでも良い話ですね」


そんなシュールさ。

ネタとしては悟史が突然帰ってきてやらかしてくれるものが多いです。それと圭一いじり、梨花ちゃまいじり。
あと「らめぇ」とか「ひぎぃ」とか多いです。

ちなみにネタがシュールすぎるので区別がつきにくいですが、作中1話まるまる使ってネタにしているアイロニングについては「エクストリーム・アイロニング(Extreme Ironing)」という歴とした競技が実在します。オリンピックの正式な競技にも推されるくらいの真面目な競技です。

「何故、アイロンをかけるんですか?」
そこにシワがあるからさ

キャー、すてきっ!
興味を持たれた方は今すぐ「EIJ (Extreme Ironing Japan)」のホームページへレッツゴー!
掃除機の方は知りませんが。


ええ、はい。ぶっちゃけアイロニングについて書きたかっただけです。
そして「にくばなれ氏の同人読んでるよ!」っていうアピール。誰得って訳でもないですが、好きなので。
特に自身を東方Projectのキャラクター・霧雨魔理沙に置き換えて描く日記漫画「まりさのにっき」がおもしろくて好きです。「満員電車ってのは引き込もりからするとちょっとした風俗だな」には目から鱗でした。
ぺたぺただん。」さんの「コレットさん」のような、「美月亭」さんの「がんばれ美月さん」のような日記漫画がおもしろくって大好きなのです。


もともとひぐらしのアンソロジー本を読んでいて面白いと思っていた人にはお勧め。
同人誌やその他のアンソロ本(Fate、うみねこ、おまもりひもり辺り)を読んでいてにくばなれ氏の作風が好きだ! という人は買い。
エクストリーム・アイロニングや「忙しい人のための紅魔郷」が気になる人はとりあえずググってから。
その他の人は自己責任での購入をお願いします。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/364-7276f911
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。