--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JoJoより奇妙な世界。(うさくん・オブ・)ザ・ワールド」 うさくんの脳みそやわらかい うさくん

2010年05月28日 23:51

うさくんの脳みそやわらかい

日本のそこかしこで中毒者を大量生産している、今最も注目(すべき)な漫画家・うさくんの新刊が出ました。

脳天直撃、震度8の衝撃「うさくんの脳みそやわらかい」の感想です。

うさくんはエロ漫画家!」という情報が脳の深いところに刻まれているので、書店で見かけた時も「これはちょっと買えないかなぁ」と思っていましたが、家に帰ると既に買ってました。何の魔法だこれは。

表紙にも書いてありますが、耳の短い白い生物がうさくんです。東京タワーに焼肉のたれをかけています。微笑ましいですね。
表紙(中表紙や折り返しを含む)とおまけページを見る限り、この世の全ての世界遺産にタレやドレッシングをかけるのが生きがいのようですね(かけるだけ。食べない)。

古い革袋に新しい毒を盛る笑顔のテロリスト。
おかしなおかしな(頭が)、ショート(頭が)コミック!!


とは単行本帯のウリ文句。
脳みそコネコネとか言ってる場合じゃないですよ。やわらかいっていうか、溶けちゃいそう。

巻末の表紙折り返しは必見です。うさくんの描く「ちくしょう」な顔ってすごい魅力的なんです。
悔しさが全面に出ていて、それでいて可愛い。

分かる人だけ分かってくれればいい。
以下感想です。
と言ったものの、何書いたらいいかな。

えーと、うさくんという作家の魅力について。

1.絵が可愛い
表紙で分かると思いますが、すごく絵が可愛いです。デフォルメされた頭身や手足。まるでぬいぐるみのよう。
かと思えば、人物画も可愛い。ぬいぐるみ的な可愛さではなく、女の子的な可愛さと言うか、ちっちゃかわいい感じ。
そして表情が豊か。なんというか、キャラの性格が欲望に忠実なのが多く、面白いくらい顔貌が変わるのです。そしてそのキャラが画面いっぱい元気いっぱいに動きまわります。
その絵の可愛さは本作でも健在です。

2.下ネタ満載
エロ漫画家さんなので当然っちゃあ当然なんですが、下ネタが多いです。裸とか、マニアックなポーズとか、絵的な下ネタも然ることながら、キャラの言動がエロイ。この辺、キャラが欲望に忠実な点ですね。

「じゃあ舐めときゃ治りますね!!
 舐めましょう!! 足出してください」


とか、

「うるせえな
 オレァ ロリコン なんだよっ!!」


とか。
マニアックすぎるかもしれませんが、そこは義務教育と違うので頑張って着いて来てください。
エロくないのにエロくって、全年齢対象なのにマニアック。それがうさくん。
なんせ出てくるキャラが皆エロイの大好きだから。ちっちゃい子からご年配までオールエロい。そして誰恥じることもなく堂々と「エロが好きだ」と公言しています。隠す気なんて端から無い。
本作でも大体そう。

3.登場人物みんなアホ
下ネタの時点で分かってたと思いますが、キャラクターが全員アホです。
アホにも種々様々、いろんな方面へのベクトルがありますが、うさくんワールドの場合はマニアック路線。ニッチ(隙間)な欲望に全力で突っ走ります。
シモな路線にも突っ走りますが、札束ビンタにこだわってみたり、足にタレをかけることに追究してみたり。
表紙の行為もそうですね。世界遺産にタレをかけるということから既に常識を超越しています。現実にも風景や建築物を布で包むというとんでもねー芸術家がいるのでうかつなことは言えませんが、このキャラクター達のストイックなまでに何かを極めようとする姿勢は読者の脳みそをコネコネしてくれるのです。
それを一言でいうとアホ。
本作もそんな魅力的アホキャラ達の宝庫であります。

そんな作者の魅力にわたし達は惹かれてしまうのでしょうね。
なんて良いこと言った風に書いてみましたが、実のところ中毒になっていて離れられないだけなのですね。

とりあえず気にはなるけど踏ん切りがつかない、という方は作者ホームページである「内緒のうさぎ小屋」を御覧下さい。漫画あり、日記ありです。絶対3回以上吹き出します。嘘だと思うなら牛乳口に含みながら見てごらんよ!

そういえばもうすぐ「マコちゃん絵日記」の発売日か。
……買わなくちゃ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/362-951901da
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。