--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あ 起きてもたー しっぱいやー」 あずまんが大王 3年生 あずまきよひこ

2009年08月23日 21:05

あずまんが大王_3年生

高校三年間の終結。それは一人の殺人鬼により締められる。
早朝、手に刃物を握り、まずは担任教師を亡き者に――
誰もが「ぎょっ」とする犯人の名は――大阪!

そんなわけで大阪には要注意。放っておくとちよちゃんの国に逃げられますよ。

1年生編の感想はこちらから。
2年生編の感想はこちらから。

表紙はとも、よみ、神楽の3人。よみが大阪だったらボンクラーズだったのですが彼女は1巻表紙を飾ったのでお預け。

3ヶ月連続刊行の新装版「あずまんが大王」も今巻の3年生編を以って終了。
これが2度目の卒業式です。


恒例の補習編。今回は巻末ではなく、夏休みの勉強合宿に2話分追加。

「白馬に乗った王子がホントに現れたら どうする?」
「ブッ殺す」

補習編の見所はちよちゃんの格好好いポーズ。一瞬よつばが乗り移ったかと思いました。

さて、3巻です。最終巻です。
そして最終巻に来て新キャラ登場。その名はマヤー。沖縄に住む西表山猫。現地の言葉でヤママヤー。
やたらとネコに噛みつかれる女・榊さんに唯一懐く猫科の生物。

「あのなんとなくトラっぽい顔!
 短めの足と太いしっぽ!
 体のまだらもよう!!
 そして先の丸い耳!!
 ヤマピカリャー!!

ちよちゃんも思わず叫ぶ希少生物の登場に猫界も騒然。涙を流しての撤退を余儀なくされました。
いやー、しかし、マヤー可愛い。獲物を捕らえてボリボリ食ってても可愛い。
それを抱きかかえてもだえる榊さんも可愛い。

コタツと、榊さんと、マヤーと忠吉さん。
最強。このシチュエーション最強。
なにげにマヤー登場後の忠吉さんは良い意味でタガが外れて可愛いです。顔で語る無言のおねだりがたまりません。
可愛いなー。

「……卒業して大学受かったら
 一人暮らしを始めて……
 ネコを飼おうと思う」

そう思っていた時期がわたしにもありました。

猫飼いたい。
大型犬飼いたい。
そんな衝動に駆られる3年生編でありました。

「ならばその舌ひっこ抜いてくれる!!」
「ええっ!? なんで!?」


蛇足:
にゃも先生はすけべです。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/314-8b791078
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。