--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大丈夫やでー 猫の死体なんかあらへんで」 あずまんが大王 2年生 あずまきよひこ

2009年07月21日 22:45

あずまんが大王_2年生

あ! と面白い「あずまんが」。
ちよちゃんと榊さんが目印の、2年生編の感想です。

1年生編の感想はこちらから。

1年生編より心持ち厚くなった気がしますが、実際30ページほど増し増しです。
今巻は修正箇所は少な目かなー、と思っていましたが、良く見ればぼちぼち変わってます(特にタイトル部の立ち絵)。違和感がなくなってきてるだけでした。
補習編も一見目はともかく、読み返すとやはり違和感がありません。


なんと言いますか、木村先生とお父さん、出番少ないのに目立ちます。
悪目立ち。
彼ら、濃過ぎるのですよ、キャラが。

純粋に変態である木村先生。

「あ――!!
 着替え見たいなぁ!!
 もう!!」

絶句です。
旧版発売当初、木村先生に共感してる輩が回りにたくさんおりました。彼らは今どんな変態に成果てているでしょうか。

そして不条理な存在であるお父さん。榊さんをも笑わせる超絶次元に生きています。

「ちよー メリークリスマース」
「わ―――
 おとうさんはサンタさんだ」
「そうだよー
 お金は国が出してくれる」
「すごーい」
「マッハ100で空を飛ぶし」
「すごい
 すごーい」

弾丸だって跳ね返す素敵で無敵なイカしたあいつ。
あんた本当に猫なのか。

それにしてもちよちゃん良く死ぬな。
2年生の内に2回も殺されました。
大阪には銃で撃たれ、
ともちゃんからは業務上過失致死。
ドラゴンボールならもう生き返られません。

強く……生きろ……っ!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/303-1998d464
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。