--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オレたちの夏は! 終わらない!」 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 3 原作 谷川流/漫画 ぷよ

2009年07月19日 22:24

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱_3

YouTubeでのアニメ配信も26話を持って完結。DVDも好評リリース中の「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」。
その人気は衰えることなく今日も健在です。
そして発売されました、待望の3巻。一足お先に"超限定版"の発売です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

特典内容は、ウサ耳ヘッドホンの長門ねんどろいど(キミドリさん付き)。
そして古泉一樹が組織の一員となった際の真面目な過去話を描いた書下ろし小冊子「古泉一樹の過去」(ただし、原作の過去話とは内容が異なる場合があります)。
そして限定版仕様のカバー&カバー下表紙。あちゃくらさんは無限ライオンに組み敷かれ、朝比奈(大)は出番の無い鬱憤を晴らすかのように暴走中。

「私が主役なら少年誌くらいのエロスは必要よね!!
 まいっちんぐ!!」

これ、著者近影欄のネタも通常版では変わってくるのでしょうか?
因みに限定版では「トロ・ステーション」のオマージュ「長門ステーション」にて、長門のフェイバリット・コミックスである「スケットダンス」が紹介されています。
流石にここは通常版も同じですかね。

では、ここから本編の感想です。

のっけのキャラ紹介から朝比奈(大)がやっぱり暴走中。
腹黒いです。陰湿な気に満ちています。

それと一転して控えめで可愛らしい消失版長門。
そう、今回のお話は「消失」です。最初の一話だけだけど。
特典のねんどろいどといい、消失の話といい、長門さん優遇されてます。主役であるハルヒを差置いての大活躍。

「本日は全く緊張感のない消失をお楽しみください」

ということで、タイトルこそ「涼宮ハルヒちゃんの消失」ですが、内容は長門メインです。
どこかでなんか間違っちゃってゲーマーになってしまった長門さんの設定はここでも健在。しかし、文芸部の長門的な体裁もあるらしく、消失では隠れゲーマー。本棚の裏にはTVゲーム一式が押し込まれています。そしてバレバレ。
ちょっと抜けててよく照れる長門。このギャップがたまらんと好評です(自分の脳内で)。

「オレの知ってる長門と比べたら可愛い物さ」

とはキョンの殺し文句。額面通りに受け取る内容ではありませんが、そのまま「可愛い」だけピックアップしてもあながち間違いではありません。
いつも完璧な対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースも、消失仕様ではちょっぴりお茶目な行動派。男女問わず親しみの持てる人気者・朝倉涼子に対抗すべく「長門有希脳内サミット2008冬」を開催。

「おおなんというラブコメ展開…
 ここで何もしないのはラブコメに失礼…」

文学長門。
メガネ長門。
ゲーオタ長門。
女3人寄れば姦しい。長門が3人もそろうと情報爆発ものの騒ぎです。
そんなわけで消失長門、暴走。

小説版よりも保護者度が増した"通い妻"朝倉涼子も流石のやり手。
そりゃ長門もうっかり「お母さん」と呼んでしまいますわ。

いやー、消失って、本当に面白いですね!


その他の見所としては、再び迎えた正月での初夢に新春SOS団再登場。ハルヒ犬とミクル羊のブラックな関係は1年を経ても健在でした。そして変わらぬ面々の中、ただ1人進化してしまったナストラップ・長門。

「私はまだ2つ進化の過程を残している」

フリーザ様も真っ青です。


ぷよテイストの効いたギャグ漫画「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」。相変わらずの面白さでした。
タイトルはハルヒちゃんですがもはやメイン張ってるのは長門ファミリーのような気がします。人気あるし、なんか目立つし。
本家では決して見られない長門ファミリーのとぼけたお笑いを今後も期待しております。

蛇足:
アニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」2期。
エンドレス・サマーが終わらない……。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/301-24ff16d8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。