--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さあ、馬鹿を騙しに出かけよう。頭の天窓を開くために」 宵山万華鏡 森見登美彦

2009年07月12日 23:59

宵山万華鏡

宵山とは何ぞや?
宵山とは、京都祇園祭の7月16日。山鉾巡行(7月17日)の前日。
その日、一日だけが異界に混じり、不思議な出来事を表出する。
森見登美彦が贈る「宵山万華鏡」の感想です。

「奇怪、痛快、あったかい。」

「くるくるとまわり続けるこの夜を
 抜け出すことはできるのか。」

森見登美彦節の利いた境界ファンタジーの幕開けです。

舞台は京都。時は祇園祭の宵山。
行ったことないのでいまいち規模がピンと来ませんが、凄いらしいですね。
宵山と聞いて思い出すのは、

「誰が呼んだか宵山協定」
 By「鴨川ホルモー

どこで読んだか忘れてしまい、うっかり森見作品を読み返していました。
万城目学氏じゃぁないですか。

掲載誌は小説すばる。
6つの短編からなる、宵山を舞台とした一日の物語です。

宵山の一日を中心とした6つの物語。
「宵山姉妹」
「宵山金魚」
「宵山劇場」
「宵山回廊」
「宵山迷宮」
「宵山万華鏡」

巡る巡る宵山の一日。、全ての物語はその日、その時に収束します。
心配性の妹が道に迷い、好奇心旺盛な姉が保護するまでの僅かな時間。

今回、宵山姉妹を読んだ際にはシリアル度数が高めなのかと思いましたが、全体的に見るとそうでもなかったです。
「宵山姉妹」、「宵山回廊」、「宵山迷宮」の3作は空恐ろしさを覚える展開ですが、「宵山金魚」、「宵山劇場」は詭弁論部臭がぷんぷんします。こいつはクセェぜ!
キーワードは「偏屈王」。その舞台裏、というか、ラストシーンを飾る風雲偏屈城を築いた裏方・小長井と山田川が異界への扉を開きます。
魔境を作る裏方達。
プロジェクトXのテーマソングが聞こえてきそうな一大事業です。
そしてもう1人、異界への案内役である骨董屋・乙川。頭の天窓の開いたこの男、訳の分からぬ風来坊かと思いきや、とんでもない食わせ者です。

この中で、「宵山劇場」は飛び抜けて滅茶苦茶で、面白かったです。
先に述べたように、舞台裏を作る裏方作業なのですが、ここに叙述トリックも含まれてたりして。なにやら「頭の天窓の開いた」人間が複数現れる狂乱騒ぎ。

「ありがとう。期待以上のデキだ。さっぱり訳が分からん。素晴らしい」

見事に我々読者の言葉を代弁してくれた乙川の言ですが、「お前が言うな」と全力でつっこみたいところです。


本作は祇園祭に興味の湧く内容でした。
そうだ、京都へ行こう。

これは一度京都祇園祭りを経験すると感想が変わるのかも。
とはいえ、今年はもう無理ですが。
まあ、来年も無理なんでしょうが。
うーむ、いつ行けるんだ、京都。
京都、行きたいなぁ。




関連記事リンク
・「豆穂堂」さん ☆宵山万華鏡☆
・「穏やかな春夏秋冬」さん 宵山万華鏡前夜祭
・「固ゆで卵で行こう!」さん 『宵山万華鏡』 森見登美彦
・「ナカムラのおばちゃんの読んだん」さん 宵山万華鏡  森見登美彦
・「目の中のリンゴ」さん 「宵山万華鏡」 森見登美彦


コメント

  1. kino | URL | 01r4NFe2

    宵山劇場

    はじめまして。拙い感想文にTBありがとうございました。
    私も”宵山劇場”が好きですねー。
    あのわけのわからなさ、テンションの高さ・・・
    山田川女史、ブラボー!!
    森見作品は 読み終えたくない!と思える幸福感を味あわせてくれます。
    新聞連載小説の単行本化が待ち遠しい・・・。

  2. questmys | URL | -

    Re: 宵山劇場

    > はじめまして。拙い感想文にTBありがとうございました。
    はじめまして kinoさん。
    コメントありがとうございます。

    > 山田川女史、ブラボー!!
    全く持って同感です。彼女の妄想暴走あってこその宵山劇場”。わたしもうっかり天窓が開いてしまいそうです。

    > 新聞連載小説の単行本化が待ち遠しい・・・。
    森見氏の新聞連載があったことをkinoさんの記事にて知りました。
    挿絵が見られないのは残念ですが、一つ楽しみが増えました。
    「聖なる怠け者の冒険」、読める日の来るのが楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/299-c96e6574
この記事へのトラックバック

『宵山万華鏡』 森見登美彦

宵山万華鏡 森見登美彦 集英社 2009-07-03 売り上げランキング : 92 Amazonで詳しく見る by G-Tools 京都、祇園祭前夜・宵山で起こる不思議な出来事を描いた連作短編集なんですが、面白かったのは面白かったんですが、ちょっとが物足りない部分もあ

宵山万華鏡  森見登美彦

宵山万華鏡 森見 登美彦 集英社京都 祇園祭の宵山を舞台に 現実と、その向うの世




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。