--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハネカワ先生トばしすぎ」 傷物語 西尾維新

2009年06月28日 23:59

傷物語

青春は、いたみなしでは過ごせない

「背中からだと箱に入れやすいあれね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の3冊目、前日譚である「傷物語」の感想です。

「化物語」上巻の感想はこちらから。
「化物語」下巻の感想はこちらから。

今回収録された話は一つだけ。

第零話 こよみヴァンプ (吸血鬼)

時系列的に化物語シリーズの始まりの始まり、初めの初め。
我らが語り部たる阿良々木暦の物語。

前日譚だけあってアニメのストーリーに加わるか微妙な位置の第零話です。
そういえばアニメ化の話が出てきたのはこの辺からでした。もう一年経ちましたか。
「傷物語」は、多分やるならOVAか映画版でしょう。

阿良々木のための物語でありながら、"怪異殺し"の異名を持つ吸血鬼のための物語であり、"自らに課した善行の塊"羽川翼がその魅力の片鱗を見せた物語です。

既刊の中で最も戦闘的であり、暴力的であり、傷跡の残る壊滅的な物語。
怪異中の怪異、不死身の存在、"吸血鬼"の初御披露目です。
今回の主要キャラは阿良々木暦です。
では彼についてのあれこれが赤裸々に語られるか、といえば微妙なライン。
なぜなら、本作「傷物語」のヒロインは阿良々木では無いからです。

◆ 第零話 こよみヴァンプ ◆

タイトルに「こよみ」とつくものの。本作のヒロインは怪異である吸血鬼そのもの。
「化物語」本編ではチャラけたおっさん忍野メメの庇護下にあった吸血鬼の残りカスこと、忍野忍。
その前身である吸血鬼。
刃の下に心あり、怪異殺し、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードこそが本作のヒロインです。
そういうわけで、表紙も阿良々木ではなくキスショット。

夜道を闊歩する阿良々木の前に現れた金髪の美しい吸血鬼。
彼女は四肢を切断され、虫の息であった。
傲慢にも「自分を助けさせてやる」と言い、阿良々木に血を差し出すよう命令する吸血鬼。しかし、恐怖に怯え逃げ出そうとする餌を前に、死に瀕した吸血鬼は泣き叫んで懇願する。
ムカつくほどに人の良い阿良々木がその懇願に抗えるはずもなく。
一滴残らず血を吸われて。
主人公が死んだ。
―完―。

ブラックアウト。
そして目が覚めたとき、目の前には8歳くらいの金髪少女。
自分は八重歯の生えた吸血鬼になっていた。


そんなわけで「こよみヴァンプ」の始まり始まり。
目的は人間に戻る事。
手段はキスショットを完全体に戻し、彼女の力で眷属から外してもらう事。そして、そのために彼女を倒した吸血鬼退治の専門家を撃破し、奪われた四肢を取り戻すこと。

戦うべき相手は3人。
吸血鬼でありながら吸血鬼を狩る、ドラマツルギー。
世界が気に食わないヴァンパイアハーフ、エピソード。
神こそ全て、ギロチンカッター。

果たして阿良々木暦は彼ら3人を打ち倒し、無事人間に戻る事が出来るのか。
結果は既に出ていますが。
結果をお楽しみに。

王道を地でいくバトル物です。
3人倒すと裏面のボスもいますぜ。


つい粗筋なんぞを紹介してしまいましたが、ここからはヒロインの紹介です。
今回は前日譚であるため、戦場ヶ原も八九寺も神原も千石も出てきません。
出てくるのはヒロインであるキスショット。
――と思わせといて、真・ヒロインである羽川翼です。
物語の本筋も、バトルを除けば基本彼女との掛け合いです。

飄々とした男、忍野メメをして「気持ち悪い」と評される、自らに善を強いる少女。
今回、やってくれました。
神原どころの話ではないです。消極的だがウェルカム状態の彼女に抗える男がいるでしょうか。なんかもう、路線が違う。
羽川翼、受け入れ態勢は万全でした。
主人公がヘタレなお陰で一線もその手前も超える事は出来ませんでしたが、これで戦場ヶ原さえいなければ彼女の天下は間違いなしの展開が待っているはずでした。
いても彼女の天下であることに違いは無いですが。
はー、底知れない少女だー。

阿良々木が彼女を繰返し「恩人」と呼ぶことに合点がいきます。
でも恋人にしてないことが納得できない。

吸血鬼とかヴァンパイアハンターとか忍野メメとかどうでもいいくらいに羽川翼の1人勝ち。
「化物語」というシリーズが羽川翼のための物語であることを再認識させられました。
彼女、最強です。

そして更に彼女の最強振りを加速させる、後日譚「偽物語」へと続きます。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/294-27934e5d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。