--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私なんてフナムシのような存在ですよ」 あずまんが大王 1年生 あずまきよひこ

2009年06月14日 23:59

あずまんが大王_1年生

10年前、4コマ漫画業界に一石を投じた名作が装いも新たに帰ってきました。
出版社もメディアワークスから小学館へ移籍。学年別に全3巻構成での再販。
「あずまんが大王」1年生の発売です。

4コマは「あずまんが大王」以前と、以後とに分けられる。
そんな言葉があります。
そんな言葉があるくらいに影響力を持つ傑作です。

表紙は大阪。
1年生編なので、1人。
表紙をめくれば笑顔の大阪。
裏表紙にはちよ父との2ショット。


「Q あずまんが大王の「大王」ってなんやの?」
「A むかし、そんな雑誌があったのよ」

昔懐かし名作をもう一度、という気持ちで購入しました。
小学館より新創刊した月刊誌「ゲッサン」にて掲載された補習編を巻末に加えつつ、前評判通り加筆修正もあり新しく生まれ変わった「あずまんが大王」。
既刊全4巻と見比べた訳ではありませんが、それでも結構修正点がありました。

しかし、やはり10年は長い。
加筆修正された絵と補習編のお話は見て分かるほど絵柄が異なります。
「あずまんが大王」でありながら、その中にちらほらと「よつばと!」を見つけました。
「よつばと!」のキャラが出ているわけではなく、「よつばと!」の絵柄が生きているのです。

10年なんて、過ぎてみればあっという間。
それでも変わらず面白いのはすごいなぁ、と妙に感慨深く感じてしまいました。
ん~、わたしも歳取ったなぁ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/289-50764c1c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。