--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「論理思考の天然少女(腹黒風味)」 論理少女 1~2 つじ要

2009年04月19日 22:20

論理少女_1論理少女_2

論理少女倫理よし。とは言うものの結構わがまま腹黒い。
つじ要氏のシリウス連載作「論理少女」の感想です。

東京からの転校生・若野祐(さえない、目立たない、ぱっとしない)は、初日から「津隠問答」の餌食となり、不良に金を巻き上げられてしまう。
「津隠問答」とは、転校先の津隠市で流行っている禅問答から派生したゲームである。ランダムに場所を決め、その場にあるものでゲームを作り、勝敗を決める。敗者にはペナルティーがあり、そして「津隠問答」での勝負は絶対である。
ところがこの勝負、イカサマOK、騙された奴が馬鹿を見るとんでもないゲームであった。
早速カモられた若野。そこへ、悪を許さず不正を見逃さぬ論理少女・芝いつきが現れる。そして、若野を引き連れ、巻き上げられた金銭を取り返すべく「津隠問答」でのリベンジを挑むのであった。

1巻発売当初、書店で表紙を見かけて気になっていた作品です。
その時は保留にして見逃していたのですが、2巻発売を機に購入しました。感想書くのは遅れましたが。
それにしても面白い!
起承転結はハッキリしているし、悪は悪なりに悪役に徹しているし、勧善懲悪なので読了感がすっきりしています。また、同級生との知恵比べにも敗北後のどんでん返しがあり、遺恨を残さない(かはさておき)爽やかな結末が待っています。
バトルものではないけれど、実に少年漫画らしい少年漫画です。そしてネタがネタだけに月刊誌向き。雑誌のコンセプトにベストマッチした良作です。

論理をウリにしているだけあって、そのゲームは論理思考を反映したものが多いです。
みそはイカサマOKな点。
一見運分天分に任せたゲームの様でも、イカサマOK、騙された奴の負け(逆手に取って逆転もあり)という暗黙のルールのおかげで全てが論理勝負となっています。

そしてヒロインの芝いつき。
悪と不正を許さない少女のはずが、目には目をの精神で

「論理はこの世の何よりも正しいのよ」

と強引グマイウェイ、天上天下な発言を口にし、

「出題者の揚げ足を取りなさい」

とイカしたアドバイスを若野へ与えます。
でもって有言実行。自分が負けそうになったら都合よく数字を誤魔化す強かさを備えています(しかしばれたときは潔かった)。

また、主人公とヒロインが非常に良いコンビ。
探偵役と、進行上質問しまくる一人称用のキャラといった立ち位置なのですが、いまいち頼りない主人公・若野に対し芝いつきはフォローを忘れず、また、彼の持ち味であるここぞのひらめき、「無意識のうちに本質を探り当てる能力」(いわゆる"カン")に期待しているところがあります。
実際、若野1人でもなんだかんだでやっていける上、意外なところでモテフラグを立てる能力もあり、ちゃんと主人公しています。
そして芝いつきも、論理では無敵のヒーローかと思わせて、ちゃんとヒロインしています。
言う通りにならない若野仁むくれたり、ちょっとモテる若野にやきもきしたり、「津隠問答」の勝敗に一喜一憂したり、抜けた行動でドジッ娘属性を発揮してみたり。
……ちょっとマニアックな人には、ヒロインらしからぬ腹黒い行動もあるということを明文化しておきましょう。

ゲームにもストーリーにもツッコミどころ(一年前の指定かくれんぼとか)はあるものの、気にせず読めば面白い。
登場キャラ達は芝いつきを筆頭にした頭の言いキャラと、若野を筆頭にしたお馬鹿軍団のやられ役とに分かれているのですが、頭の良いはずの彼ら/彼女らも結構抜けたところのあるお馬鹿さん達であり、コミカルな軽いノリでも読み進められます。というか、コミカルな雰囲気の方が多いです。

クイズ番組が好きな、自分ちょっと頭良いです、と思っている人にはお勧め(粗探し的な意味でも)。
また、少年誌らしい明快な展開が好きな人、コメディータッチの軽いノリが好きな人にもお勧め。
表紙を見て「なんか良い!」と思った人には断然お勧めです。

結構癖になりますので、購入の際にはご注意を。




関連記事リンク
・「今までに購入した漫画、ゲームのメモ」さん 論理少女 2巻
・「ねるかよむか」さん きゃぴーん「論理少女 (2)」
・「いえろー☆まじっく」さん つじ要「論理少女」2巻
・「360度の方針転換」さん 論理少女2巻 津隠レース


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/269-c66865a9
    この記事へのトラックバック

    論理少女2巻 津隠レース

     津隠レースよりも目隠し鬼ごっこを天才少女八人衆とやりたいのだが……芝いつきはメガネを取り上げれば、すぐにできるから素晴らしい!ただし、目は「3」になるっ!!  直前に読んだのが将国のアルタイルだったので画力のあまりにも強烈な落差に目から「3」が落ちそう...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。