--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「姫の和服をもぎもぎする」 ぬらりひょんの孫 4 椎橋寛

2009年04月03日 23:59

ぬらりひょんの孫_4

牛鬼の命をかけた忠心を受け、3代目襲名の決意を固めたリクオ。だが、衰退の一途を辿る奴良組の前に、四国からの妖怪が現れ襲い来る。
昼は人間、夜は妖怪、ダブルスタンスの二面性ヒーロー物語「ぬらりひょんの孫」4巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

3巻の感想時に「次辺り毛倡妓、黒田坊、河童の3人でしょうか。」と書いてたらニアピン、黒田坊、河童の2名は正解でした。が、ここでまさかの新キャラ登場。黒田坊の陰に隠れるようにお洒落土地神・苔姫さま。何気に右上に土地神・千羽様もいらっしゃいます。
これは予想外。
4巻にしか登場しないキャラなのでここで使わなきゃ日の目を見ることはあるまい、という気持ちは分かりますけどね。
背表紙を獲得したのは黒田坊。3巻が青田坊だったので、対抗して出張って来るのは納得です。
が、カバー裏背表紙でここでもまさかの袖モギ様。
――敵じゃん!
してやられました。まさか敵方のキャラも参加可能だったとは。
納豆小僧、一つ目小僧、3の口に続く者としてキャラの造詣的には十分納得の範疇ですが、意外すぎでした。

ここまで読んで聡明な方ならお気づきでしょう。
そう、4巻は袖モギ様と苔姫さまのための巻だったんだよ!!


3巻巻末にて妖怪の総大将・ぬらりひょんに打ち破られた四国妖怪の尖兵・ムチ。しかし彼の敗北と入れ替わるように四国八十八鬼夜行の幹部がリクオの前に現れる。
隠神刑部玉章を筆頭とした七人同行・夜雀、岸涯小僧、犬鳳凰、犬神、手洗い鬼、針女、袖モギ様。
ムチの功績により姿を消したぬらりひょん。
これを好機と七人同行らは暴れ周り、奴良組のシマで「畏れ」を集め始める。

と、いう本編はちょっと置いておいて、重要キャラ、出ましたね。
まさかのカバー裏背表紙を飾った奇跡の妖怪・袖モギ様です。
袖モギ様に袖をとられ振り向くと、洩れなく命に関わる呪いがかかるという素敵な神様です。
袖を掴んで一言、

俺の名を言ってみろ

と名を呼ぶことを強要。そしてもいだ袖をもぎもぎ食べます。
なんというマニアック嗜好。

清十字怪奇探偵団の鳥居に手を出した事で黒田坊の怒りを買い追い詰められるも、逃走。その後ももぎもぎし続け、最後に選んだのが、そう、表紙を飾ったあの人。
苔姫さまです!!

この苔姫さま、なんとカバー裏にも登場。早朝からウキウキ気分でめかしこみ、ぺカッと輝く満面の笑顔。
――の、背後に佇むキモい地蔵、袖モギ様。
嫌がる苔姫さまの袖をもぎ、「美味い美味い」と叫びながらビリビリに破いていきます。もう袖かどうかも関係なし。泣き叫ぶ女性の衣服を力任せに引き千切る。

変態だー

人の家に勝手に上がりこんで女の子の服を引き千切り貪り食らう。どう見ても立派な変態です。言い訳不可能。
こんなのが神様なんて世も末だ。

そして始まる魅惑の新連載
「空想科学漫画 私立ソデモギ学園」。
先生:苔姫さま(ジャージ)
生徒:袖モギ様(複数出演)

これは流行らない……。

袖モギ様には今後とも是非とも自重して頂きたいところです。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/259-2bba6433
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。