--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鳴く飼い犬には餌をやる」 WORKING!! 6 高津カリノ

2009年03月30日 23:38

WORKING_6.jpg

初手から躓いたせいで個性的な(変な人ともいう)ばかりが集まったファミレス・ワグナリアで展開される騒動。危なっかしいけど癖になる「WORKING!!」6巻の発売です。

主人公・小鳥遊宗太は大きいものに怯え小さいものを好む変態である。最近では幼い頃より続けてきた女装趣味に加え、同僚・伊波まひるに加えられる理不尽な暴力に被虐嗜好を開花させられ、彼女無しでは物足りなくなった自分に愕然とする毎日。更には兄思いのヤンデレ妹からも密かな攻撃性を向けられ始めている。唯一の心の拠り所であった小さな先輩こと種島ぽぷらからも歪んだ好意を向けられ、着せ替え人形のように扱われ始めた昨今。
彼に安寧の日は訪れるのか。今なら小姑4人付き。

ふざけて書いたつもりが意外と事実からかけ離れていませんね。
そんな変態・小鳥遊と人間凶器・伊波の恋愛模様に新たな転機が訪れたのでした。
きっかけは表紙に写る3人目。背中を向けている彼の存在です。

のっけから小鳥遊のために何かをしたいと思う恋する乙女・伊波まひる。しかし彼女には"男に近寄ると攻撃してしまう"という特性が備わっているため、中々うまくはいきません。
しかしそこは変態小鳥遊。慣れたもので、殴られてもすぐに復活。諦めの境地で伊波を許します。

そこへ現れる第一の刺客。
種島ぽぷら&佐藤潤の2名が風邪でダウンしたため現れたお手伝い・真柴兄妹――の、兄の方、真柴陽平。白藤杏子により伊波係に任命されていた小鳥遊だが、遂にその任を解かれ、真柴兄へ引継ぎを行うことに。
謂われ無き暴力からの開放。
しかし、小鳥遊の胸に生まれたのはもやもやとした複雑な気持ち。

「いや違う
 伊波さんは犬だ!!」

流石変態。彼にとって伊波は犬です。

引継ぎ問題は伊波が小鳥遊ぶを気遣ったために起きたすれ違いである事が判明し、事無きを得た。
しかし、新たな刺客はもうすぐそこまで来ていた。
彼の名は山田桐生。偽名である。家出した妹を探して人気の無い場所で女学生を襲い妹ではないかと調べている危険人物である。
この男、中々に腕が立つもので、伊波の高速ストレートを正面から受けきる猛者である。
小鳥遊のおかげで、攻撃をしつつも男性とコミュニケーションを取る事に成功した伊波。更に笑顔を浮かべ相手を虜にする成長振り。
しかし、チカン騒ぎにより伊波を心配した小鳥遊がすぐ傍まで来ていて、その場面を見ていたなどとは露にも思わぬ伊波。小鳥遊はまたもや"しつけてた犬が別の人間になついた"ことにショックを受け、2人の仲は再び疎遠なものになってしまう。が、

「よく考えたら伊波さんは犬じゃない!!」

ようやく振り出しに戻る小鳥遊。
ではこの気持ちは何なのか。
小鳥遊宗太、年上の女性に対する始めての嫉妬であった。

未だ伊波の片道恋愛は続きますが、小鳥遊の中にも新たな気持ちが芽生えています。
後は自覚を持つだけ。今回はちょっと違うところに着地してしまいましたが。

にやにや。
伊波さんはある意味ストレートなので、本当に後は小鳥遊ぶ自覚するだけなのです。が、周りで面白がっている人もいるため、その日が訪れるのはまだまだ先のことでしょう。
相馬ではないけれど、面白すぎてたまりません。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/257-2eadbc52
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。