--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼切様の箱入娘 1~2 有楽彰展

2009年01月29日 22:49

鬼切様の箱入娘_1鬼切様の箱入娘_2

倉の中で見つけた箱には、半人半鬼の混ざり者が入っていた。三百年の時を経て封を解かれた娘が人の世で大いに騒ぐ「鬼切様の箱入娘」2巻の発売です。

倉の宝を報酬に荷物整理を請け負った伏緒綾史。ガラクタだらけの倉庫で見つけたものは札で厳重に封をされた物々しい箱。これぞ宝と喜び勇んで開けると、そこには1人の少女が。
少女の名は千沙耶。人と鬼の間に生まれた混血児である。彼女は三百年前に自分を封印した鬼切・耶櫃とその先祖・綾史を混同し、襲い掛かってくる。
耶櫃は千沙耶が大好きであった事、人の世で暮らせるよう後の時代に千沙耶を託した事を伝え、なんとか打ち解けた綾史と千沙耶。
半人半鬼である千沙耶は人の世で生きるため、綾史の家族として暮らすこととなる。

読み切りである1話目と続く前後編である2話は比較的シリアスながら、3話以降はギャグまっしぐらである本作。綾史はすっかりただのエロガキに、千沙耶は食い気だけのバカガキに成り果てました。
ツンデレ幼馴染の委員長もいるよ。

最初こそ耶櫃と勘違いして襲い掛かってきた千沙耶ですが、今では綾史にも伏緒家の両親にもすっかり慣れ、近所の子供らとも駆けずり回って遊んでいます。耶櫃が保護した当初の餓鬼のような怯えた姿からは想像も出来ない天真爛漫っぷり。2巻5話で少しだけその笑顔に触れた耶櫃も満足でしょう。

多少無茶なところはあるものの楽しそうに今を生きる千沙耶。
それとは別に楽しそうな綾史。
耶櫃の意識が宿った真剣・鬼伏を抜いた事で鬼に狙われる事となったものの、3話以降戦闘はさっぱり。ツンデレ幼馴染の委員長・園部とキャッキャウフフしたり、同じく幼馴染でお姉さん系な一庫由梨絵とキャッキャウフフしたり、2人に想いをはべらせてイヤンバカンと青春真っ盛り。2巻ではライバルかと思いきや綾史の変なスイッチ(変態スイッチとも言う)をON/OFF繰り返させる魔性の女・摩耶透まで現れ、綾史は小学生でありながらエリート(変態とも言う)街道を突き進んでいます。特に摩耶との出会いは彼を知らず知らずの内にマニアックの深遠へ引きずり込んでくれました。

「どう見たってあの水着姿…
 気の強い幼馴染にしか見えないじゃないか……!!」
「今度の試合 絶対に見にこいよなっ」
←妄想

こいつ、阿呆や。


小学生らしい馬鹿げた方向に暴走する綾史が楽しくて仕方がありません。
動きが多い上に表情がコロコロ変わり、感情表現も豊か。時にバカ、時にエロス、時にうろたえ、時に真剣。この少年の引き出しの多さには感服します。歳相応に頭が悪いところも好感が持てます。
特に摩耶と絡んだ際の「変態か否か」を命題とした葛藤には拍手を送りたい。君のお馬鹿な必死さは賞賛に値する。摩耶の取巻き後輩2人組みと相まって安っぽさに磨きがかかるようだ。
でも、正直小学生を本気で蹴る女子高生は嫌だ。

ええ、もちろんいい意味で。


不定期連載であるため刊行間隔が長い本作、1巻発売から2年を経て2巻が発売。続く3巻も同じペースでしょうか。
絵は上手いしギャグシーンもシリアスシーンも面白いだけに次巻が待ち遠しいです。





関連リンク
・「黒猫コミック館」さん 鬼切様の箱入娘 2巻 感想 有楽彰展
・「おれせん。」さん [単行本] 有楽彰展 ≫ 鬼切様の箱入娘
・「何かよくわからん気まぐれBlog」さん 鬼を捕らえ収集する悪趣味な一族登場!? 漫画「鬼切様の箱入娘 2巻」を読む!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/209-b4e89149
    この記事へのトラックバック

    鬼を捕らえ収集する悪趣味な一族登場!? 漫画「鬼切様の箱入娘 2巻」を読む!!

     「巫女さん」に「眼鏡っ娘」・・・この表紙に釣られた訳ではないけど、かと言ってまったく釣られていないか?と問われると・・・正直微妙。w <作者>  有楽彰展 <内容>  鬼の子「千沙耶」を狙う鬼切「摩耶 透」の出現が、また「綾史」の苦労...

    鬼切様の箱入娘 2巻 感想 有楽彰展

    鬼切様の箱入娘 2 (ガンガンコミックス)有楽 彰展 伝奇漫画からロリコン漫画へと華麗な転身を果たした「鬼切様の箱入り娘」2巻です。 1巻当時に比べると急激に頭身が縮み、(小学生らしくはなったが)ギャグやサービスシーンが増量。 おかげさまで非常に読んでいて楽しい?...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。