--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやて×ブレード 9 林家志弦

2008年12月19日 23:27

はやて×ブレード_9

諸般の事情により電撃大王よりウルトラジャンプへ移籍した本作、移籍後初の新刊刊行、「はやて×ブレード」待望の9巻が発売です。
待った。
長かった。
やっと出た。

主人公・黒鉄はやては剣技特待生として天地学園へ通うことになる。
しかし、それは入学を前に怪我をした双子の姉・黒鉄ナギの剣待生の権利を守るための、替え玉入学であった。
入学してまもなく、かつて世話になっていた孤児院「たんぽぽ園」が借金により廃園の危機に陥った事を知り、剣待生の星奪り勝負に勝ち進み800万円を稼ぐことを決意する。剣待生の相棒となる刃友を探す中、過去の事件で星奪りを諦めた少女・無道綾那に目を付けるが、綾那は星奪りに戻るつもりはなく、しつこいはやての勧誘を素気無く断る。
しかし、はやての事情を知ったことと、かつての刃友・染谷ゆかりと向き合うため、はやてが借金返済を終えるまで星奪りに付き合うことを約束、2人は刃友となる。
そしてあっさり替え玉入学がばれてしまうはやて。結成からものの数時間で綾那は再び刃友失ってしまったのだった。




いや、終わりませんけどね。


8巻で打倒・朱炎雪を心に誓った綾那。
9巻では前巻から引き続き、白服の生徒会Sランカー・神門玲に稽古を付けてもらうところから。なんとか1本取ったものの、ぼろぼろにされ己の体の鈍りを実感する。早速後輩4人組み(吉備桃香・犬神五十鈴・雉宮乙葉・猿楽未知)を焚付け稽古の相手をさせる。また、帰省から戻ったルームメイトの久我順(二刀流のエロ忍者)を相手に己を磨く。
一方で、朱炎雪との闘いを経た先輩・上条槙から直々に稽古を受けることとなったはやて。彼女もまた、ぼろぼろになりながらも沢山の人達に支えられ、成長していた。

そして新学期、Wアップデイのボーナスとして上位クラスとの星奪りが認められる日。はやて・綾那は因縁の相手、朱炎雪と氷室瞑子のペアに闘いを挑むのであった。

色々あってストーリーも大分進んだと思っていたのですが、まだ劇中時間は4ヶ月しか経っていなかったのですね。
はやての替え玉入学から4ヶ月、ようやく姉のナギが天地学園へ入学しました。そして学園内で始めて顔を合わせたはやてとナギ。
そして、炎雪との闘いの中、「祖父を殺した」記憶から湧き出る綾那の中の内なる獣が、今、眼を覚まそうとしていた。
2人の物語は着々と前進しています。まあ、はやてが馬鹿なおかげで綾那の内なる獣は引っ込んだみたいですが。

一方、お馬鹿路線も絶好調。シリアスストーリーの中にコミカルな動きやアグレッシブなボケ・ツッコミの応酬。

「あやなもはれつしそう!? じゃあもう脱ごうよふたりで!!! 脱☆少女ヌーディスト路線で行こう!!?」
「どこへ行く気だー!!!!」

集英社刊行1話目に挿入された番外編が電撃大王での「単行本作業につきページ縮小中」のお話。それもネタの一つですか? 面白すぎるだろう。
巻末のオマケ漫画と合わせて、女将さんみずちさんのこと好きになりそう。想い人から名前すら覚えて貰えぬ不遇の境遇に加え、刃友の実家でご両親から土下座で迎えられるシチュエーションや、犬好きで我を忘れてはしゃぐ姿とか。もう一流の萌キャラですね。愛されてみずち。

ようやく刊行ペースも戻ります、むしろ速くなります宣言を作者がしてくれましたので一安心。
次巻は2009年初夏発売予定。楽しみです。電撃大王の頃からそうなんですけど、ウルトラジャンプもおまけ付が多くてあんまり立ち読み出来ないですし。
買えよ、ってツッコミは無しの方向で。是非。

綾那のトラウマ払拭と逆転劇を望みつつ、次巻に期待。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/170-14319133
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。