--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合星人ナオコサン 2 kashmir

2008年12月13日 23:49

百合星人ナオコサン_2

TVアニメ化の可能性が遂に"-45%"まで到達しました。
不謹慎すぎてお茶の間に流せない、ツッコミどころの多すぎるギャグ漫画「百合星人ナオコサン」2巻の発売です。

今回も目玉は付属のCD。
アニメ化なんて絶対ありえないのに主題歌第2弾。
歌詞を耳にするとナオコサンが主役なんだか幼女か主要なんだかよく分からないです。意外なことにテクノ系の曲でした。
更に今回はWindows及びMac端末で使えるデスクトップアクセサリーも入っています。
その名も素敵「LOLICLOCK」。プロの幼女5人による時計アクセサリー。ショートヘアー、ロングヘアー、ポニーテール、ツインテール、金髪ツインテールの幼女達が踊って時間を知らせてくれます。オマケとしてナオコサンの気まぐれメッセージ付き。

特に「LOLICLOCK」の方は、製作がhirahira.netプレゼンツ。
知ってる人は知っている、同人ソフト「おまもりんごさん」の製作者さんです。
Windows Media Playerで曲を再生すると、音楽に合わせてのりのりで楽器を掻き鳴らす半分動物なりんごさん。茶太さんの歌う主題歌「ワスレナゴハン」に合わせて踊る姿がコミカルで可愛い。
ニコニコ動画かYou Tubeなんかでも動画アップされてますので、気になる方は検索してみてください。

初版分にしか特典は付かないので、興味を持たれた方はお早めに。


1巻に引き続き、2巻でも相変わらずナオコサンが酷い。
よく分からん超科学力で人工的に幼女を創造したり、みすずロボット(落語とアメリカンジョーク担当)を作ってみたり、市民プールを触手だらけにしてみたり、弟君を虐めたり。
そこに悪気が無いからなお酷い。
あと、何故か今回もラー油ネタが(STAGE-28 P60)。ラー油に何か秘密が……?

また、1巻ではそこそこ出ていたメガネこと柊ちゃん。登場人物が増えたせいか登場回数が減ってきたが、出てきた時はここぞとばかりに暴走してくれる。
初登場時からナオコサンよりも格段に百合星人な彼女、今回は学園祭にてみすずと共に劇の主役を務めることに。劇の題材はシェイクスピア作「ロム夫とジュリー悦子」。当然の如くメガネ大興奮。
劇の練習用にナオコサンが用意した精巧なみすずロボ相手に劇の練習をするものの、興奮しすぎて台詞を噛んでしまい、観客のリサイクル幼女達からブーイングレーザーを受ける始末。
更に、一発ネタかと思われたみすずロボはその後も続投。みすずの留守中にロボと2人きりになった際、あらかじめ「柊ちゃん来たらよろしくね」と仰せ付かっていたロボは暖めていたお茶を股間から取り出す(直じゃなくてペットボトル入り)。そこへ丁度帰宅するみすず、流れる微妙な空気。
なんかもう、阿呆すぎる。

そんなこんなしているうちにすっかり周囲では「みすずちゃんと柊ちゃんは付き合っている」と噂され、百合な相談を受けるまでに。
やはり、名実共に真の百合星人はメガネこと柊ちゃんで間違いない。
ナオコサンってどうしてもロリ星人にしか見えないし。


今回も分かるような分からないようなネタ満載でしたが、その中で気になったのはSTAGE-39で現れた宇宙幼女海賊船の名前、「ZCLB←RL」。
何かと思ったらセガサターン版「ダライアス外伝」の裏技コマンドですかい。
Xを押しながらZCLB←RLで、「VERY EASY」と「ABNORMAL」の2つの難易度が追加。
ナオコサンのレベルが高すぎるのでVERY EASYが選択できるようになるのは賛成ですが、ABNORMALなんて選んじゃった日には成年指定コミックスになってしまいますよ。

それにしても、何気に重要な展開と思ってよいのでしょうか、最終ページにてみすずの姉・本物の奈緒子が登場。
これは3巻で感動の再会か?

とはいうもののしばらく放置されそうな奈緒子フラグに期待しつつ、次巻に期待。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/164-671cc1f7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。