--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテのおもちゃ! 1~2 葉賀ユイ

2008年12月01日 23:59

ロッテのおもちゃ_1ロッテのおもちゃ_2

電撃マ王連載の漫画「ロッテのおもちゃ!」2巻が発売です。
読んでみて思い出したのですが、1巻発売時に「穿いてない」ことでやや盛り上がってましたね、そういえば。

葉賀ユイさんといえば、スクエニ系のアンソロジーコミックなんかでよく見かける方で、可愛い絵とほのぼのしたイメージを持っています。
他にあんまり知らなかったので調べてみたのですが、小説「バカとテストと召喚獣」の挿絵や青年向けPCゲームメーカーのういんどみる作品でいくらか原画担当をされているとの事。
漫画を読んで「こういう作風も描ける人なんだなぁ」と勝手に思っていたのですが、エロゲの原画や同人誌などに携わっていると聞くと、なんだか納得です。

ニュースサイトで見かけたり検索して調べると、本作の感想はちょいエロな印象を受けると思いますが、実際読んでみるとエロいです。
子供は見んなよ!


子供は見んなよとか言いながらメインヒロインが10歳児の王女様な訳ですが、主人公も20代に見えない童顔野郎なので問題ないのです。しかも12の時に頑張って今は10才の娘と二人暮らし。
人の良さそうな笑顔で周囲に溶け込みますが、時折陰のある表情もします。彼にも未だ語られない何やかやがあるのでしょうね。


フリーターの塔原直哉は、駅前でいかにも怪しい占い師に職を斡旋してもらうことになる。
公園へ呼び出され、向かった先は異世界である妖魔界。とりあえず娘は臨海学校中なので留守にするのは問題ないため、のほほんと仕事の説明を受ける直哉。
妖魔界で彼に求められた仕事は、王女の後宮へ入り彼女の男嫌いを直す事であった。夢魔の王女にとって異性からの吸精は不可欠。このことは王女にとっての生き死にを左右する重要事項であった。
一方、王女を見た直哉には、過去に体験した不思議な出来事がフラッシュバックとして蘇っていた。

突然の異世界に動じる事もなく、夏休みの間だけと娘も同伴させたものの、妖魔界に学校があると知るや否や転校手続きを済ませ、長居する気満々の直哉。若い頃に子持ちになった身の上からか、どうもあまり周囲に恵まれなかった様子。


さて、1巻の見所はキリク大佐の変態仮面っぷりに尽きますが、2巻では娘である明日葉の出生について明かされました。展開早っ!
しかしそれを差し置いて現れたのは「魔方陣グルグル」ネタ。

「我を捨てよ さすれば道は開かれん――」

答えを探して想像したのが「トカゲの尻尾」。背景はまんま「魔方陣グルグル」のニケとククリ。わー、懐かしい。こんなところでお目にかかれるとは。ガンガンONLINEにてキタキタオヤジのスピンオフ作品「武勇伝キタキタ」連載中とはいえ、全く予想外の登場でした。
そして答えとして導き出したものがセミの抜け殻――と見せかけて、

「パンツだー!!」

落ち着け娘。君はもうちょっと慎みを持った方がいい。
どんな教育受けて育ったんでしょうね、この娘。やっぱり血筋か知らん。


前情報もほとんどなく買ったので大して期待もしていませんでしたが、読んでみると面白かったです。
しかし、タイトルは「ロッテのおもちゃ!」なのに、メインヒロインである(はずの)ロッテが全く目立ってませんね。なんだか話の始めと終わりに出てくる賑やかしのポジションに落ち着いてしまいました。
メインヒロインの座、危うし。次巻では挽回してくれるのでしょうか、それとも直哉共々実の母親に持ってかれてしまうのでしょうか。
学園編に入って中心軸に戻れることを祈りましょう。


キリク大佐のかませ犬っぷりを滑稽に思いながら、次巻に期待。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/152-ca34950b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。