--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の彼女X 4 植芝理一

2008年11月22日 23:59

謎の彼女X_4

アフタヌーン連載、植芝理一作「謎の彼女X」4巻の発売です。

現代ではあるがいつだかよく分からない時の、ごくごく普通の高校生カップル椿明と卜部美琴による健全なお付き合いを描いた本作ですが、なんとも「けしからん」漫画です。
直接的なあれこれは(あんまり)出てこないのに、どうしてこうもけしからんのでしょうか。

キスすらまだな二人がやることといえば、
・よだれを舐めあう
・目をつぶる彼氏の前で裸になる
・夢の中で不意打ちキス
・ドキドキするために一日ノーパン
・彼女のベッドで残り香を嗅ぎながら寝る
・彼氏が帰った後、そのベッドで裸で寝る彼女
・コートの下は水着だけ
・彼女のうなじを撫でる
・彼女の腕を舐める
・太ももに彼氏の名札貼り付けてチラ見せ

ああ、そうか。マニアックだからだ。
妙に艶かしいし。

そんな彼氏彼女が、4巻でもやってくれました。


4巻で二人がやったことは以下
・胸を揉む
・押し倒す
・耳たぶ舐める
・彼女の髪をくしゃくしゃする
・一瞬だけ裸見る

少年よ、君はどんんだけ一足飛びに越えていくのだ……。
キスもまだのくせに。


彼女である卜部美琴は言動共に謎の存在。

「思春期真っ最中の少年にとって、少女とは、異質で不可思議で、いろんな意味で圧倒的な存在」

とは1巻後書きでの作者の言葉。

一方で主人公の椿明がなんとも普通の少年。
独占欲が強いと自己評価しているものの、恋する相手を束縛したいのは当然だろう。それに思ってるだけで、言うほど束縛してないし。思春期らしく妄想したり卑猥な夢を見たりもするが、男の子だし、仕方ない仕方ない。
彼は卜部一筋。そして誠実。種々の誘惑に迷うところはあるものの、彼女の顔を思い出して踏み止まる事が出来る。
ところが。
4巻末にて事件発生。1巻第2話以来ご無沙汰である、中学時代の想い人・早川愛香が再登場。ただの噛ませ犬かと思いきや、彼氏に振られた傷心で髪を短くしてのリベンジ。話してみるとなんだか変な娘。しかも中学時代3年間、椿に好かれていた事を自覚していたという。

「これからも時々会える?」

いいところで引き。
誠実な思春期少年は今度の誘惑にも打ち勝てるのか。


なお、余談ではあるのですが、今回よだれ仲間の丘歩子に「ドキドキすると眼鏡が曇る」という特殊な効果が付きました。
うーん、少女というものは不可思議ですね。

青少年の悶々と苦悩に共感しつつ、次巻に期待。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://questmys.blog64.fc2.com/tb.php/141-01039ad7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。