--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強くて優しい人。君はぼくの恩人」 3月のライオン 5 羽海野チカ

2010年11月28日 22:13

3月のライオン_5

島田八段の敗戦報告。
新しい年度の始まり、そして進級。
始まる新人戦。
そして――

零が人のために真剣に考え始める「3月のライオン」5巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。
3~4巻の感想はこちらから。

表紙は幼い頃の零。ナワシログミの葉の陰に座り将棋の本を読んでいた彼が顔を上げた理由は、巻末辺りの話を読めば分かります。
そして裏表紙とピンナップに描かれているのは、春の日、桜の下で日を浴びる気持ちの良さそうなひなた。5巻を読み終えた後この笑顔を見ると切なくなります。

心をグッと鷲掴み。
零の中で誰かのために戦う覚悟が芽生えた5巻です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「桐山のアタマをかち割り氷(将棋味)」 3月のライオン 3~4 羽海野チカ

2010年11月27日 21:00

3月のライオン_33月のライオン_4

高校生にして将棋のプロである桐山零が苦悩しながらも色んな人達に助けられて生きていく物語。

将棋に生きる者達を描く「3月のライオン」3~4巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。

5巻の感想を書こうと思ったらその前の感想を書いていませんでした。なんてこった。
おかげで3巻のほんわかした表紙と4巻の渋さ漂う島田八段の絵が並んでしまいました。おお、何という違和感。

しかしこの島田八段の登場は零にとって一つの救いでもあります。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「このホテルはまるで魔女を弔う墓標のようだ」 ヴォイニッチホテル 1 道満晴明

2010年11月24日 20:21

ヴォイニッチホテル_1

南国のホテルで素敵なバカンス。
ところが宿泊先のホテル・ヴォイニッチには変な人ばかりがいて……。

アッパーテンションな人間模様の群像劇「ヴォイニッチホテル」1巻の感想です。

作者の道満晴明先生といえば、アンソロジーや青年向けの漫画で活躍されている方です。シュールというか、エキセントリックというか、載ってる雑誌の傾向かも知れませんがシモネタも多めの作風です。かと思えばSF(すこしふしぎ)みたいな良質な短編も多く、良い意味で掴み所のない漫画家さんであります。
そんな作者公式ブログ「道満晴明の寓居」へはリンク先をクリック。

題名の「ヴォイニッチホテル」については、独特の文字(暗号らしい)で書かれた「ヴォイニッチ手稿」から取られたのでしょう。
連載開始が2006年なので4年越しでの単行本化です。そら絵柄も変わりますわな。
せめて掲載誌のヤングチャンピオン烈がもっと早いサイクルで刊行してくれれば……。


以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「失うことで得るものがある」 ムダヅモ無き改革 5  大和田秀樹

2010年11月22日 21:53

ムダヅモ無き改革_5

反乱を収めるため月へ帰ったナチス・ドイツ軍。地球連合軍から喪われたローマ教皇。
絶望的な麻雀力を持つスーパーアーリア人に対抗すべく、日本の首相・小泉ジュンイチローは恐山で修行を行う。

地球の命を背負った男の戦い「ムダヅモ無き改革」5巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3~4巻の感想はこちらから。

最終巻の一歩手前らしいです。
裏表紙を見るとのっけからスーパーアーリア人のヒトラーが正面にいて、その存在感を強烈にアピールしています。
地球連合軍VS月の第四帝国軍というスケールの大きな構図はもはや格闘漫画。
……でもこれ、麻雀漫画なんですよね。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「はくしきの傾向があるいでんこ」 ふうらい姉妹 1 長崎ライチ

2010年11月20日 20:59

ふうらい姉妹_1

美人だけど阿呆な残念美人の姉。
しっかり者に見えて阿呆な勿体ない妹。
二人あわせてふうらい姉妹。誰が呼んだかふうらい姉妹。

独特の読了感を持つ禁断の果実「ふうらい姉妹」1巻の感想です。

この感じ……なんとお伝えしたらよいものか。
皆様は味わったことがおありでしょうか。

しりあがり寿というか、吉田戦車というか、一條裕子というか、相原コージというか、田中圭一というか……(敬称略)。
後半ちょっと違うかも知れませんが、伝わるでしょうか、この不条理な感覚。

久々に人にお勧めできない良作(?)を読みました。
面白いは面白いんですけど……。思わず吹き出すところもあるんですけど……。

一見さんは大注意。
玄人向けのギャグ4コマです。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「桐葉さんを守ると決意したから」 つぐもも 5 浜田よしかづ

2010年11月16日 20:31

つぐもも_5

一方的に突っかかってきたイノシシ娘・皇すなおとの直接対決。
己のつくも神「虎鉄」を道具と言い張るすなおに、一也は負けられない。

すそはらい同士の意地がぶつかり合う「つぐもも」5巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。
3~4巻の感想はこちらから。

3巻の終わりから姿を見せた好敵手・皇すなおとの直接対決が遂に始まります。幼い頃より修行を積んできたまっとうなすそはらいであるすなおに一也はどのように立ち向かうのか。緊迫感のある戦いが4話に渡って繰り広げられます。
シリアス全開。コメディー分お断りの真剣対決。

かと思いきや、シリアス成分の加増に勝るエロコメ度の大増量。流石はwebcomic。流石はコミックハイ!。
ちょいエロってレベルじゃねぇぞ。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「使わない大金って腐るよね」 ビリオネアガール 1 原作 支倉凍砂/漫画 桂明日香

2010年11月14日 22:59

ビリオネアガール_1

叔父から紹介された家庭教師のバイト。なんと時給が一万円。
何か裏があるのでは、と訝しがるが、その実やることは普通の少女に数学を教えるだけ。
ただ一つ普通でないのは、少女は総資産170億を持つデイトレーダーだったのです。

お金と幸福を題材にしたプレミア青春ストーリー「ビリオネアガール」1巻の感想です。

原作は「狼と香辛料」でお馴染みの支倉凍砂先生。ライトノベルに経済という異色分野を開拓した作家です。
そしてそのストーリーを絵にしたのが桂明日香先生。ギャグもシリアスもラブコメもファンタジーだってこなせるオールマイティーな漫画家です。

何という最強コンビ。帯を見ただけで期待に胸が熱くなったのは言うまでもありません。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

雑文 2010/11/12

2010年11月12日 00:00

この度ようやくiPadを購入しました。

欲しい欲しいと思いながらも行ける範囲に取扱店が無いため買えなかったのですが、痺れを切らして通販で購入。
SoftBankと契約して外出先でもネットに繋がる3G対応版も在庫はありましたが、年間の通信料を払うのはコスト的に無理なのでwifi接続のみ。それでも自宅で使う分には十分です。ただ、容量は増設が利かないので思い切って64Gを購入しました。

参考:iPad価格表一覧

これでおいらも文明人の仲間入りでさぁ。
たくさん面白アプリを買って楽しむんだ。
[ 続きを読む ]

「書くんじゃなくて、書きたいんだ」 ばらかもん 3 ヨシノサツキ

2010年11月11日 22:13

ばらかもん_3

東京から友人が訪ねてきた。
ついてきたのは自分を差し置いて大賞を取った若き書道家。
だけど前より楽なのは、島で暮らす皆のおかげ。

離島でのスローライフ書道漫画「ばらかもん」3巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

都会より男子が二人もやってきて半田先生とからむのです。
さぞかしタマ先生もご満悦でしょう。

 戦闘要員増えちょる――――


と悦び(?)の声を上げ、月まで昇っていきました。
さすがヨシノタマ先生。出番は少ないのにインパクトは最高です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「スズキ目アジ科の海水魚。高級魚ですよ」 かんぱち 1 原作 武梨えり/漫画 結城心一 

2010年11月07日 23:32

かんぱち_1

御神木に降臨し現世へ顕現した土の神、ナギ。
を、ぱちってカンパチの切り身から顕現したパチ。なんだそりゃ。

本物に限りなく近くて遠いパロ漫画「かんぱち」1巻の感想です。

本家「かんなぎ」の作者である武梨えり先生が体調不良で休載中に、実の兄である結城心一先生により描かれた本作。
元々ゲームのアンソロジー漫画を多数世に送り出してきた結城先生だけあって、様々なパロディーを盛り込みつつ本編も読み込んで細かい設定を踏襲しています。さすが結城先生、身内の作品をパロっても手加減は一切ありません。
わぁい!

以下、感想です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。