--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑文 2010/04/28

2010年04月28日 00:51

ネットプロバイダの都合でしばらくネット通信が止まります。
ので、更新もちょいとお休みします。

次回更新は最速で5/1(土)、最遅で5/6(木)予定です。
スポンサーサイト

雑文 2010/04/26

2010年04月26日 20:42

パソコンに関する愚痴ですので極力読み飛ばしてください。
[ 続きを読む ]

「トラウマの特効薬はより強いトラウマ」 どみなのド! 2~3 原作 雑破業/漫画 目黒三吉

2010年04月23日 22:54

どみなのド_2どみなのド_3

やってくれたのぅ ちゃんぴおんれっど。

幼馴染のドSお嬢様・怒皆ひかりに突然拉致され強制的に始まった同棲生活。
いつの間にか当たり前になりつつある日常に、更なる波乱が訪れます。
子供には絶対見せられない不健全漫画「どみなのド!」2、3巻の感想です。

えー、3巻の感想が結構どこ見ても「恐い」「怖ろしい」と評判になっているようで。
いつもは過激なエロス(裸とか直接的な行為ではなく)で話題となっている本作が病んでる恐さで騒がれているのを見ていると面白いです。
なので便乗しとこうかと。

当方は青少年のための健全なブログと謳っています。
が、ちゃんと健全な内容で書ききれるか不安なのでこの先は自己責任でご覧ください。
学校や会社からの閲覧はやめておいた方がいいかも。
[ 続きを読む ]

「この星に「人」という種の動物はいない」 どうぶつの国 1~2 雷句誠

2010年04月21日 23:30

どうぶつの国_1どうぶつの国_2

母に捨てられ川に流された赤子。
両親を食われ孤独に生きるタヌキ。
違う世界に生きる者が出会い、「命」が始まった。

いろいろあって小学館から講談社へ移籍した雷句誠氏が世に放つ奇跡のアニマルファンタジー「どうぶつの国」1~2巻の感想です。

2ヶ月連続刊行。
週刊少年マガジン掲載のエピソード0も2巻に収録されるということで喜び勇んで購入したものの、ページが足りずに3巻までお預けとなりました。1巻巻末予告に騙されました。
ただ、2巻までに収録された話で一区切りついているのできりがいいです。

ちなみに1巻扉で、タヌキのモノコが"ネコ目 イヌ科"、大山猫のクロカギが"ネコ目 ネコ科"と書かれています。
ネコもイヌも、大きく分けるとネコ目(食肉目)なのですよ。先祖が同じミアキスという動物なので(豆知識)。
[ 続きを読む ]

「舞台は宇宙だ! ぶっ飛べ乙女達」 聖モエスの方舟 1 榎本ナリコ

2010年04月20日 23:30

聖モエスの方舟_1

地球暦0080、空より流星が降り注ぎ、人類は緩やかに滅び始めた。
――という設定の同作者作品「世界制服」episode4「聖モエスの方舟学園」よりスピンオフ。
扱い的には「世界制服」の第2章になるのでしょうか?
「聖モエスの方舟」1巻の発売です。

元になった「世界制服」ですが、感想書いたと思ってたら書いてなかった。無念。
ちなみに水あさと先生の「世界制服セキララ女学館」とは別物です。(こっちも全3巻中2巻までしか感想書いてなかった……)

前述のとおり、「世界制服」episode4ではそういう設定のフィギュアシリーズでした。
で、オタク青年の部屋に飾られていたフィギュアがキャラ崩壊してメタ会話するというお話。
「聖モエスの方舟」はそんなフィギュア達が、アニメ化がおじゃんになって悲しむご主人様のために某漫画家を騙くらかしてコミカライズを成し遂げた、という裏設定の漫画です(巻末オマケ漫画より)。

元がギャグマンがであることもあり、本編もギャグ路線。
ですがたまにシリアスも入ります。本筋は生と死をかけた戦いの話であるためなかなかエグイ場面もあります。
[ 続きを読む ]

「ひ弱を極めたしたたかさ」 ひよわーるど 1 橘紫夕

2010年04月19日 00:09

ひよわーるど_1

キャッチフレーズは「4コマ史上、最弱のヒロイン」。
となりのなにげさん」で少し不思議な学園4コマを描いた橘紫夕先生の新作「ひよわーるど」1巻の発売です。

主人公は公式最弱女子高生・守屋ひより。ひ弱な彼女の守られ生活を描いたのが本作です。

作者コメント文より、本作は実話ベースで作られているとのこと。
つまり " ひより ≒ 橘先生 " です(本人否定してますが)。
はっ! こ、これが萌え? 作者萌えなのか!?

およそ生きるのに向いてない


流石は"持ち込み前日に前の出版社が倒産した"奇跡のタイミングを持つ橘先生。人生がネタです。

そんな、神も愛してやまない作者様ホームページはこちらの「DEAR MINE」。
[ 続きを読む ]

「女の子戦う。色気はない」 京洛れぎおん 1 浅野りん

2010年04月17日 00:41

京洛れぎおん_1

京都市は二条を舞台に、訳の分からん化け物退治。
戦うのは小学生の女の子。どっこい怪我しちゃ大変だ、サポート役の少年は少女のダメージを肩代わりして引き受ける。
アクション+ファンタジー+コメディーの「京洛レギオン」1巻の感想です。

発売日に平積みしてないし、どこ行っても売ってないし、危うく買い逃すところでした。
天外レトロジカル」の時も思いましたが、あんまり部数出てないんでしょうか。掲載紙もメジャーどころではないですしね。ただ、「タビと道づれ」は平積みされてましたけどねぇ。

浅野りん作品はもっと評価されるべき。

そういうわけで、発売日に全国書店で手に入りやすくなるように布教開始です。
「いいね!」と感じた方は協力お願いします。
[ 続きを読む ]

「即効性の笑い。眠気は吹っ飛び食欲は失せます」 ハルシオン・ランチ 1 沙村広明

2010年04月14日 23:28

ハルシオンランチ_1

現れたのは宇宙から来た不思議少女・ヒヨス。
拾ったのは無一文のダメ男。
巻き込まれたのは科学オタクのブラコン不良少女。

星ごとまるっと頂きます。最低グルメ漫画「ハルシオン・ランチ」1巻の感想です。

作者である沙村広明氏といえば代表作は「無限の住人」。殺伐とした切った張ったの時代劇です。
その中からギャグ成分だけ取り出して、いい感じにパロディーで装飾してあさっての方向へぶん投げたのが本作です。

タイトルのハルシオン(Halcyon)・ランチとは直訳すると平和な食卓となります。
そのわりに平和な要素はないです。波乱騒乱。人死にこそないものの、それ以上のグロさがあります。
また、綴りは違いますがハルシオン(Halcion)という催眠導入剤もあります。そんな名前のわりに、就寝前に読んでると眠気が吹っ飛ぶコメディーです。
主要人物である宇宙少女・ヒヨスの名前も薬剤から(鎮静剤の一種)。
もう一人の宇宙少女・トリアゾも同じく、ハルシオンの別名トリアゾラムから。

はじめは何の漫画かと思いましたが、1巻を通して読んで余計分からなくなりました。
少なくともグルメ漫画ではないです。
[ 続きを読む ]

「ねえ知ってる? 死んじゃったらダメなんだよ!?」 私という猫 イシデ電

2010年04月12日 01:45

私という猫

もしも私が猫だったらば
とっくに死んでいる。


著者であるイシデ電さんが自身のブログ上で公開していた、「もしも自分が猫であったなら」というIFの世界を描いた漫画「私という猫」の感想です。

I wish i were a bird.
私が鳥ならば良かったのに。

とある英会話教室がコマーシャルで流した言葉です。
変身願望というのでしょうか、自分ではない何かになりたいとき、多くは身近な動物であったり、憧れる何かであったりを想像します。
その中で、猫になりたい、と思ったことのある人は多いと思います。
日がな一日寝てすごし、飼い主の膝の上でごろごろとのどを鳴らしているだけで暖かい寝床と餓えないだけの食事が与えられる夢のような生活。

本書の著者であるイシデ電さんも、そういった空想を思い浮かべます。
ただし、ゆるりとした飼い猫生活ではありません。

ほんの数年か生きて
死んだ
足跡

踏むごとに残す間もなく消えていった
私という猫の足跡


気楽であり厳しくもある猫社会を、「私」という年高の猫の視点で描く本作。
読了後に感嘆の息を吐かずにはおけません。
[ 続きを読む ]

「今が楽しい。すごく楽しい」 けいおん! 1~3 かきふらい

2010年04月11日 01:32

けいおん!_1けいおん!_3

女子高生が集い奏でる軽い音楽。
アニメ第2期も始まり注目度上昇しっぱなしの話題作「けいおん!」1~3巻の感想です。

廃部寸前の軽音部を復活させ、後輩も一人入って良好な関係を築いている彼女達もあっという間に3年生。
ループ作品ではないのでこの先どうなるのでしょう。4巻はまだ発売していませんが連載の進行がどうなっているのか気になります。

アニメ1期の頃は登場人物の使用している楽器を購入した人が結構いたとか。流石京アニ
2期は2クールと長い期間放映するらしいので、今度はどんなことが起こるのでしょう。
ニュースサイトも大助かりの話題作です。

ちなみにわたしは原作至上主義なのですが、「けいおん!」に関してはアニメから入った口でした。放映終了後しばらくしてから原作に手を出しましたが、ここでも流石の京アニと感じました。
原作に忠実でかつ要所要所に違和感なく挿入されたオリジナル展開。
はー、こりゃええわい。

ばっちり2期にも期待しています。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。