--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハネカワ先生トばしすぎ」 傷物語 西尾維新

2009年06月28日 23:59

傷物語

青春は、いたみなしでは過ごせない

「背中からだと箱に入れやすいあれね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の3冊目、前日譚である「傷物語」の感想です。

「化物語」上巻の感想はこちらから。
「化物語」下巻の感想はこちらから。

今回収録された話は一つだけ。

第零話 こよみヴァンプ (吸血鬼)

時系列的に化物語シリーズの始まりの始まり、初めの初め。
我らが語り部たる阿良々木暦の物語。

前日譚だけあってアニメのストーリーに加わるか微妙な位置の第零話です。
そういえばアニメ化の話が出てきたのはこの辺からでした。もう一年経ちましたか。
「傷物語」は、多分やるならOVAか映画版でしょう。

阿良々木のための物語でありながら、"怪異殺し"の異名を持つ吸血鬼のための物語であり、"自らに課した善行の塊"羽川翼がその魅力の片鱗を見せた物語です。

既刊の中で最も戦闘的であり、暴力的であり、傷跡の残る壊滅的な物語。
怪異中の怪異、不死身の存在、"吸血鬼"の初御披露目です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「妄執のアイデンティティー」 一年生になっちゃったら 4 大井昌和

2009年06月25日 23:11

一年生になっちゃったら_4

「ジョニーの元気が無いんだ!」
彼は叫んだ。その子は小学一年生の女の子であった。
心は高校2年生。身体は小学1年生。ジョニーは熱り立つアレな部分。
どんな面白い生き方したらそんなことになるんだか。
「一年生になっちゃったら」4巻の感想です。

1~3巻の感想はこちらから。

前巻にて、生後6年の小学一年生には無用な刺激的一冊を手に入れつつも、相棒ジョニーが立ち上がらず、心の狼も萎えたまま。
失意に沈む高遠いおり。
そこへ現れたのは自称宇宙人の電波女。

「私が宇宙人と思いこんでるだけだと言われたら
 証明のしようがないからな」

その一言で揺らぐ自意識。

「オレも同じ… 電波小学一年生!?」


初っ端から物語の根幹を否定するシリアス展開ですが、中身はやっぱりいつも通り。
以下、4巻の感想です。
[ 続きを読む ]

「久しぶりに……キレちまったよ……(理性が)」 化物語 下 西尾維新

2009年06月21日 23:49

化物語_下

青春を、おかしくするのはつきものだ!

「箱に入れるときひっかかるあれね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の2冊目、「化物語」下巻の感想です。

「化物語」上巻の感想はこちらから。

趣味を仕事に書き記したため世に出す事を迷ったと語られる本作。
世に出て良かったと心から感謝します。

下巻に収録された話は2話。

第四話 なでこスネイク (蛇)
第五話 つばさキャット (猫)

特に第五話は「化物語」の真ヒロイン・羽川翼のための、幕引きに相応しい物語(引かなかったけど)。カバーボックスの表紙も、上巻の戦場ヶ原ひたぎに対するかのように三つ編みメガネの委員長。かと思えば、五話表紙ではキャミソール姿で猫化した扇情的な肢体も披露してくれます。

流石は真ヒロイン。期待を裏切らない少女です。
[ 続きを読む ]

「度を越えたバカの刀(メガネ的な意味で)」 はやて×ブレード 10 林家志弦

2009年06月20日 23:59

はやて×ブレード_10

林家志弦さん初の巻数2桁に突入した、バカのバカによるバカのためのわっしょいバカ祭り「はやて×ブレード」10巻の発売です。

9巻の感想はこちらから。

なんだかんだで連載も60話、5年を超えましたか。
長期連載おめでとうございます。
カバー裏を飛び越えて会長も大喜びの祝賀茶会が開かれております。

「ウヒョオオオオオオ
 ユニバァーーース!!」

お茶会のはずなのにすっかり出来上がった生徒会の面々。
アールグレイ(大吟醸)とか、ねぇよ。一升瓶だし。

そしてここでもハブられる帯刀。
背中に哀愁を感じます……。
[ 続きを読む ]

「言葉遊びと掛け合い漫才」 化物語 上 西尾維新

2009年06月19日 22:24

化物語_上

「青春に、おかしなことはつきものだ」

「ああ、あの赤いやつね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の1冊目、「化物語」上巻の感想です。

作者本人が「趣味200%」と豪語する本作。
タイトルに反して主軸は「怪異」ではなく「掛け合い」だと後書きでも語られており、楽しげな小説を書きたかったと述べる著者の思惑が100%形になった作品です。

上巻に収録された話は3話。

第一話 ひたぎクラブ (蟹)
第二話 まよいマイマイ (蝸牛)
第三話 するがモンキー (猿)

初出はメフィスト。2005年9月号に掲載という事はおよそ4年前。意外と年月が経っていました。
以下、ネタバレ感想です。
[ 続きを読む ]

「私なんてフナムシのような存在ですよ」 あずまんが大王 1年生 あずまきよひこ

2009年06月14日 23:59

あずまんが大王_1年生

10年前、4コマ漫画業界に一石を投じた名作が装いも新たに帰ってきました。
出版社もメディアワークスから小学館へ移籍。学年別に全3巻構成での再販。
「あずまんが大王」1年生の発売です。

4コマは「あずまんが大王」以前と、以後とに分けられる。
そんな言葉があります。
そんな言葉があるくらいに影響力を持つ傑作です。

表紙は大阪。
1年生編なので、1人。
表紙をめくれば笑顔の大阪。
裏表紙にはちよ父との2ショット。
[ 続きを読む ]

「青春に、おかしなことはつきものだ!」 化物語シリーズ 西尾維新

2009年06月13日 22:46

化物語_上化物語_下

傷物語

偽物語_上偽物語_下

西尾維新氏が趣味200%で書き連ねた怪作「化物語シリーズ」も遂に最終巻。
待ちに待たされようやく発売されました「偽物語」下巻。
2009年2月頃発売だったのが、大人の事情か何なのか、アニメ放映前まで引っ張って引っ張って引っ張っての刊行です。

読みました。
面白かった。

潔く幕を引き完結したからには、やはり1話目から感想を書かねばなりますまい。
と、決意表明したところで、最近忙しくて更新頻度も落ちております。
5冊全ての感想を書き終えるのはいつになることやら。
ぼちぼち書き連ねますので、気長にお待ちくださいませ。
[ 続きを読む ]

「たくさんの父と母と孤独なわたし」 ビスケット・フランケンシュタイン 日日日

2009年06月12日 23:21

ビスケット

日日日と書いて「あきら」と読むこの作家の筆の速さときたらどうでしょう。
また出版社をいくつも叉に掛け作品を生み出し続けるこのアグレッシブさ。
そのうちあらゆる出版社の索引に載るんじゃなかろうかと期待してしまう筆者が訪れた次なるフロンティアは、学研より新たに出版され始めたばかりのメガミ文庫。

創刊したばかりのメガミ文庫の知名度を上げるため日日日氏の抜擢は必然であると言えましょう。
彼の人のネームは戦術的に使える販促兵器です。
(真実は知りません。適当言ってます)

その名も素敵「ビスケット・フランケンシュタイン」。
ビスケットは主人公である少女の名前。ちぢめてビスケ。
フランケンシュタインは彼女の性質を表す言葉。

1999年以降、緩やかに始まった病理の進行。その中で、患者の患部を寄せて集めて繋げて生まれた人ならぬ人、人工生物。
少女の姿をしたそれは、市立総合教育センターの一室、『小宮山研究室』にて生まれた。

好奇心を試した花水日景。
接いで繋いだ小宮山楽園。
集め名付けた南雷多。
人道を外れた小宮山風香。
初めての人古月蝶。
そして『病』を宿した世界中の人間達。

その全てが彼女の父であり母である。

「お母さん。お父さん。家族。それは、この身体を構成する少女たちが、幸福と呼んでいた希望の言葉だった。」

日日日氏が贈る、緩やかに狂い崩壊していく世界の物語。
[ 続きを読む ]

「君は魅力的な天然の天才」 バクマン。 3 原作 大場つぐみ/漫画 小畑健

2009年06月07日 23:59

バクマン_3

邪道ではダメだ。1位を取るため王道を目指す。
自分達のスタイルを一旦は捨て去り、頂点を目指すと宣言した2人。
「バクマン。」3巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

表紙を飾る男の名は新妻エイジ。
幼少より漫画を描き続け、亜城木夢叶コンビよりわずか歳一つ上というだけだが、週刊少年ジャンプにて連載を勝ち取った天才。

「もし僕がジャンプで一番の人気作家になったら
 僕が嫌いなマンガをひとつ終わらせる権限を下さい」

と、編集長を前に言い放つ彼の度胸と独特さは魅力的の一言。
1巻の頃から名前を聞き、2巻登場時には「なんだこいつは!?」と思わせる容姿と性格のインパクトを我々読者に見せつけた彼。
当初こそ、亜城木夢叶のライバルという位置づけゆえに反感めいたものを持っていましたが、彼のキャラクター性が浮き彫りになるうち、その魅力に好意的な感情を持ち始めていました。

そして3巻。
遂に亜城木夢叶と新妻エイジが、ジャンプ編集部にて始めて顔を合わせます。
[ 続きを読む ]

「さーてね ふふふ(棒読み)」 ぬらりひょんの孫 5 椎橋寛

2009年06月06日 23:59

ぬらりひょんの孫_5

四国八十八鬼夜行を率いる隠神刑部玉章との戦い。その中の幹部・犬神を打ち倒し戦いは激化の様相を見せる。
人の世を守る人間、闇に紛れて闘う妖怪、ダブルスタンスの二面性ヒーロー物語「ぬらりひょんの孫」5巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。

なんと今回の表紙は玉章&犬神という、四国八十八鬼夜行の幹部2名。
まさかまさかの敵方登場。君ら、百鬼夜行の後ろに並んで良い存在なのか。
舞い踊る木の葉枯葉と共に黒い羽も見えます。と、言う事は次回は夜雀か。
背表紙に見えるは首なし。ここに並ぶキャラはやはりリクオの側近達。

さて、毎回読者を愉しませてくれるカバー裏表紙ですが、今回はここも四国八十八鬼夜行。ピックアップされたのは犬鳳凰+夜雀。自称四国一のキレ者である彼は夜雀により虐めにあうという、なんとも損な役回り。
また、カバー裏背表紙には子鬼を抜擢。んん、そこは四国八十八鬼夜行じゃないんだ。4巻での袖モギ様の抜擢もあり、岸涯小僧なんてビジュアル的にはありなのに。

ともかく、前巻は袖モギ様と苔姫さまのための巻でしたが、今回は四国八十八鬼夜行、とりわけ隠神刑部玉章のための巻と相成っております。

「久万山の古岩屋
 封じられし神通力
 八百八狸の眷族引きいし
 その力欲しくばとなえよ
「人外の身の性来を
 引くからは
 心に心心して見よ」と」

隠神刑部玉章、なんと恐ろしき妖怪。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。