--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カオステンションつっこみ地獄百合風味」 世界制服セキララ女学館 2 水あさと

2009年05月30日 23:59

世界制服_2

読み切りの予定が1巻完結。更に人気に乗じて2巻発売、3巻以降も続くであろう乙女のための処世術漫画「世界制服セキララ女学館」2巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。

転入当初は比較的まともだった主人公・マイも話数を重ねるごとに破天荒な校風に慣れ親しみ、今ではすっかり親子共々変態です。母親は元からかも知らんが。
というか、校風云々は置いといても、元々の素質が十分な上、天然爆弾・カナエの影響を受け完全にそちらの世界へ。パライソへようこそです。

そんなこんなで始まる延長戦の2巻。
作者コメントでは1巻の上がりすぎたテンションを反省されている水あさとさんですが、後書きを読めば"落ち着く"なんて言葉とは皆無の素敵な女性であることが窺えます。
テンション高すぎ。
是非ともそのままカオステンションで突っ走って頂きたいものです。

では、2巻の感想に入ります。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「僕は新世界の神になる」 未来日記 8 えすのサカエ

2009年05月24日 23:59

未来日記_8

12人いた神候補の未来日記所有者達も残すところ僅かに5人。
クライマックスは近付き、今巻で全員の面も割れました。
斜め上を行く展開の連続、「未来日記」8巻の発売です。

7巻の感想はこちらから。
スピンオフ作品・モザイクの感想はこちらから。

表紙を飾るのは8th・上下かまど。児童養護施設「母の里」の院長であり、人に未来日記を分け与える「増殖日記」の所有者。作者からも公共交通機関に乗れるのか心配されるビックリ体系の持ち主です。
二頭身だし。縦横にでかいし。手足は太く短いし。
どこまでも規格外。
人間的には良い人なのですが――ね、ネタキャラとしか思えない。

そんなこんなで以下、盛大にネタバレ&推測です。
[ 続きを読む ]

「色んな意味でパーフェクトだ!!」 鬼燈の島 3 三部けい

2009年05月23日 23:59

鬼燈の島_3

ヤングガンガンにて好評連載中の孤島ミステリー。
不信感と人死にを切っ掛けに大人対子供の生死をかけた戦いが始まった。果たして子供達は生きて島を出られるのか。
「鬼燈の島」3巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。

レビュータイトル「色んな意味でパーフェクトだ!!」は、巻末に収録されたヤングガンガン増刊号での読切「クワダテ中学生」より、桑館少年の決め台詞。
お前は子供の頃からそんなんなんかい。
懲りない男、桑館。いまいち愛せないお馬鹿さん。

名前の通り「くわだてる」ことが好きなようですが、それにしちゃ行き当たりばったり。短気な性格も災いしての自滅っぷりが、もう、狙ってるとしか思えません。

シリアスストーリーの後にこのどうしようもない話が置かれたものだから、本編の深刻さがすっかり喰われてしまいました。
おそるべし桑館。
恐るべし中二病。

一方で本編の深刻さはえらいこっちゃの展開です。
[ 続きを読む ]

「毒があるって事を思い知らせてやる」 ハチワンダイバー 11 柴田ヨクサル

2009年05月21日 23:54

ハチワンダイバー_11

圧倒的な迫力と野性的な破壊力を併せ持つ弩級ハイテンション将棋マンガ「ハチワンダイバー」11巻の発売です。

9巻の感想はこちらから。
10巻の感想はこちらから。

「当然"ハイタイム"だな」

空っぽの箱に血肉を戻し、岩をも砕く"High Time"。

オレこの オト 感動
 盤上に表現する!!!」

のっけから最終勝負! クライマックス! ハイタイム!
菅田健太郎、地下賭博場での生死をかけた最終勝負、VS右角が遂に始まった。

「カモン」
「君 ROCKだぜ」
 
[ 続きを読む ]

「あ、あの格好で空を飛ぶのか!?」 純真ミラクル100% 2 秋★枝

2009年05月20日 23:59

純真ミラクル100_2

おお、モクソンよ。たおれてしまうとはなさけない。
アイドルっぽい少女っぽさを集めて繋げた「純真ミラクル100%」待望の2巻発売です。

1巻の感想はこちらから。

待った。
待ちに待ちました。
雑誌の方を読んでないものですから続きが気になって気になって。
モクソン専用サディストの高杉所長が今度は何をやらかしてくれるのか(そしてどのように自滅するのか)。

と思ったら掲載誌休刊になっとるやんけ。どないなこっちゃ。

しかーし! 心配ご無用!
「純真ミラクル100%」は今後はまんがタイムきららフォワードへ移籍し、かつ毎月連載に昇進です!
コミックエールが隔月誌だったので、コミックスの刊行ペースがなんと倍速になります。
ばんざーい!

と、喜びを伝えたところで2巻の感想入ります。
[ 続きを読む ]

「お古じゃないよ、使用済みだよ」 生徒会役員共 2 氏家ト全

2009年05月17日 22:27

生徒会役員共_2

日常の何気ない会話にこっそり忍ばせる下ネタ。回りまわって普通の言葉もシモに聞こえる耳年増。
優秀だけど、内実知れば不安になる「生徒会役員共」2巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。

1巻表紙では「なんかしゃべって!!」とカンペが出てシノのイメージ映像にモザイクがかかりました。
2巻では「なんかボケて!!」とグレードアップ。アリアの発言に放送禁止音が被せられました。
こうしてカンペ役が続く限りスズの裏表紙役は安泰ですね。

2巻では新キャラも登場し、比較的抑え気味であった下ネタの質・量ともに増量した気がします。
[ 続きを読む ]

「バリモテ伝説 大八木朔」 宙のまにまに 6 柏原麻実

2009年05月13日 23:59

宙のまにまに_6

高校入学初日から年上の彼女を作り、クラスの美少女には思慕の念を寄せられ、文学少女の生徒会長とは密かに心通じ合わせる伝説の男・大八木朔が帰ってきた。
「宙のまにまに」6巻の感想です。

5巻の感想はこちらから。

太陽の下に影あり。
そして大八木の影に江戸川あり。
モテ人生に当てられより一層影を濃くする非モテ人生。

「愛すれど、 愛してくれない 妹たち」

彼の遺した、自らを端的に表す言葉である。
学年が変わり元クラスメートの仲間達からは忘れられ、妹からは謂われ無き暴力を受け、被害を受ける事あらばその対象はいつも彼。今ではすっかり大八木伝説の出歯亀要員と成果ててしまった愛すべき負け犬、江戸川正志。

にぎやかし。

江戸川のための言葉である。
もしくは「強く生きろ」。
[ 続きを読む ]

「青春は美わしの、夢に求めし青い花」 青い花 1~4 志村貴子

2009年05月10日 22:00

青い花_1青い花_4

奥平あきらはちんまりとした元気な少女。お嬢様高校に通う演劇部所属。
万城目ふみはのっぽの文学少女。女子高通いの同性愛者。
10年越しに出会った2人は幼馴染。

「私の初恋はあーちゃんなの」

持て余すかもしれない、傍にあっても気付かないあまりにも小さな、そんな花。
志村貴子さんが贈る少女達の恋物語、「青い花」の感想です。

ノヴァーリスの小説『青い花』をタイトルに用いた本作、7月からアニメ化も決まって注目度ナンバー1(自分ランキング)の良作です。
掲載誌であるマンガ・エロティクス[エフ]がマイナーなので知らない人もいるかと思います。というか、掲載誌を書店で見かけたことがありません。なので他の連載作もさっぱり。誌名から「それっぽい」本かなぁ、と思うのですが。
同誌にて連載されていた志村貴子さんの作品「どうにかなる日々」とは大分打って変わって少女少女した内容であり、「それっぽい」表現はあまりありません。
なのでお子様にも安心してお勧め……安心か? ちょっといけない方向に走るのを覚悟してお勧めできる作品です。
[ 続きを読む ]

「矢部っちはからかわれてなんぼ」 みつどもえ 7 桜井のりお

2009年05月09日 23:59

みつどもえ_7

日本一似てない三つ子の成長(?)を描いたギャグ漫画「みつどもえ」7巻の発売です。

6巻の感想はこちらから。

副題に様々な題材を選んでパロディー化する本作。7巻でも相変わらず多岐に渡り、桜井のりおさんの多趣味さ表しています。
6巻感想ではその元ネタの1つ1つを書きましたが、流石に疲れました。
しかし、元ネタは気になる。そんな方のために最適なサイトがこちらの「みつどもえポータルサイト」。メニューより まとめ色々 の サブタイトル&アオリ一覧 をクリック。1話から雑誌掲載分最新話までのタイトル元ネタが丸分かり。
その他にも「みつどもえ」に関するデータが目白押し。ファン必見のサイトです。

では、7巻でお気に入りの話の感想をば。
[ 続きを読む ]

「王者への敬意を示す一撃」 トリコ 4 島袋光年

2009年05月06日 20:57

トリコ_4

グルメを唸らせる格闘美食漫画「トリコ」。その4巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

美食漫画ではあるものの、今巻ではグルメは控えめ。代わりにバトル要素がメインとなっています。
物語としては3巻から引き続き、古代の食宝「リーガルマンモス」の確保が目的。――ですが、まずは闘技場でのGTロボ戦に決着です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。