--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ねえさん、事件です」 お釈迦様もみてる 学院のおもちゃ 今野緒雪

2009年04月28日 23:59

お釈迦様もみてる_2

1巻を読みなさい。
まずはそれからだ。

1巻「紅か白か」の感想はこちらから。

何故1巻を読まねばならぬのか。
それは本書が1巻ラストの裏側を覗く展開であるためだ。

というわけで、2巻から読み始める人は稀でしょうが、1巻から読まれた方がよろしいかと。
そして叶うなら2冊まとめて一気に読まれると良いでしょう。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「一言で言えばツンデレ格好良い」 お釈迦様もみてる 紅か白か 今野緒雪

2009年04月23日 22:53

お釈迦様もみてる_1

めでたくももの寂しい最終回を迎えた本編「マリア様がみてる」。
その主人公・福沢祐巳(実はタヌキ)の弟である福沢祐麒(タヌキ)が主人公のスピンオフ作品「お釈迦様もみてる」の感想です。

今月発売の新刊の方ではないです。
一冊目、「紅か白か」の方です。

「マリア様がみてる」本編にも度々登場した花寺学院を舞台とした物語である本作。
銀杏王子・柏木優を筆頭に、本編に登場経験のある者からない者まで個性的なメンバーの集った花寺生徒会の面々、ファンなら思わずニヤリの懐かしき単語、「あったあった」と思わせる本編に関係した裏話。
非の付け所の無いスピンオフ作品です。
[ 続きを読む ]

「論理思考の天然少女(腹黒風味)」 論理少女 1~2 つじ要

2009年04月19日 22:20

論理少女_1論理少女_2

論理少女倫理よし。とは言うものの結構わがまま腹黒い。
つじ要氏のシリウス連載作「論理少女」の感想です。

東京からの転校生・若野祐(さえない、目立たない、ぱっとしない)は、初日から「津隠問答」の餌食となり、不良に金を巻き上げられてしまう。
「津隠問答」とは、転校先の津隠市で流行っている禅問答から派生したゲームである。ランダムに場所を決め、その場にあるものでゲームを作り、勝敗を決める。敗者にはペナルティーがあり、そして「津隠問答」での勝負は絶対である。
ところがこの勝負、イカサマOK、騙された奴が馬鹿を見るとんでもないゲームであった。
早速カモられた若野。そこへ、悪を許さず不正を見逃さぬ論理少女・芝いつきが現れる。そして、若野を引き連れ、巻き上げられた金銭を取り返すべく「津隠問答」でのリベンジを挑むのであった。

1巻発売当初、書店で表紙を見かけて気になっていた作品です。
その時は保留にして見逃していたのですが、2巻発売を機に購入しました。感想書くのは遅れましたが。
それにしても面白い!
起承転結はハッキリしているし、悪は悪なりに悪役に徹しているし、勧善懲悪なので読了感がすっきりしています。また、同級生との知恵比べにも敗北後のどんでん返しがあり、遺恨を残さない(かはさておき)爽やかな結末が待っています。
バトルものではないけれど、実に少年漫画らしい少年漫画です。そしてネタがネタだけに月刊誌向き。雑誌のコンセプトにベストマッチした良作です。
[ 続きを読む ]

「形見の帯は付喪神。想いの強さが力の強さ」 つぐもも 1~2 浜田よしかづ

2009年04月18日 06:17

つぐもも_1つぐもも_2

思春期真っ盛り、中二男子の加賀美一也は、亡き母の形見である着物の帯を持ち歩いていた。
ある日、「あまそぎ」なる即席付喪神に襲われる一也。危機一髪の自体を救った者は、永き時を経て顕現した「つぐもも」、母の形見である帯の化身・桐葉であった。
ちょいとエロくてコミカルな作品、「つぐもも」の感想です。

1巻発売当時は作者本人によるニコニコ動画にアップされた作業過程動画が話題となりました。
2巻発売の今回も同様。他にも作業工程の動画は複数公開されています。
興味の湧いた方はニコニコ動画の浜田よしかづ氏のマイリストへどうぞ。プロの作画工程は絵の勉強にもなります。

もう1つ話題となったものは欲望の果ての行為「ぶるまくら」。
内容については語感よりお察しください。
いやぁ、阿呆だ。いくら中学生だからってそりゃ無いよ。マニアックだよ。
学生時代からブルマ・制服に価値を見出す者はそうはいないでしょう。身近には無い大人の立場だからこそ希少価値が萌えに昇華されるのです。
てかこのご時世にどっから持ってきたんや。
2巻では更にその進化系、「けつまくら」の構想が語られましたが、残念ながらお蔵入りとなりました。
内容については語感よりお察しください。

浜田よしかづ氏はマニアックプレイのパイオニアです。
[ 続きを読む ]

雑文 2009/04/13

2009年04月13日 23:59

昨日も更新できて無いのになんのですが、今日、明日、明後日となんか忙しくなりそうなので、お知らせついでに縮小更新。

アニメにもいわゆるジャパニメーションの他、パペットアニメやクレイアニメなど種類がありますが、今回ご紹介するのはコマ撮りアニメ。

コマドリスト(コマ撮りを愛して止まない人)の竹内泰人氏という方がいらっしゃいまして、この方が作ったコマ撮りアニメに魅了されてしまいました。

YouTubeでもトップ画面も飾ったらしいのですが、わたしが見たのはニコニコ動画でした。
「毒牛乳」なる名前でいくつか動画を投稿されているのですが、その中でも特に素晴らしい動画があります。
作品の名前は「オオカミはブタを食べようと思った。」。

製作は2007年で、その年の「BACA-JA」(関西テレビ放送が主催する映像コンテスト)で最優秀賞に輝き、NHKの「デジスタ」でも放送された本作。
一見の価値有りです。
[ 続きを読む ]

「血の繋がった妹なんて要るわけないじゃないか by 斑目晴信(げんしけん)」 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 1 草野紅壱

2009年04月11日 23:59

お兄好き_1 

タイトル長いなっ!

全国1000万人の漫画ファンが揃って同じ感想を抱くであろうこのタイトル。
内容はといえば、タイトルそのまま。
ツンデレ? 違いますよ。相手の見苦しさ・情けなさを見てホンホンするデレ、ホンデレなのです。
妹はホンデレ。
WEBコミックハイ!にて好評連載中の作品、「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」。待望の第1巻が発売です。

まず表紙を見て「なんじゃこのタイトルは!」。
ページを開いて「なんじゃこの兄は!」。
さらにすすんで「なんじゃこの妹は!?」。

自分の妹に対してムッツリ助平心全開の兄・高梨修輔。
しかし彼のオープンな劣情行為は妹・奈緒により管理され監視され計算ずくで作り出された幻想の世界であった。まさに釈迦の手の平の上。

「ああっ…またパンツねっ…
 お兄ちゃん もっと上手に覗かないとバレバレだってば にやにや
 でも そんな見苦しい所が素敵よっ!」

何たる計算、何たる本音!
兄の歩む道は、既に、妹によって敷かれたレールの上!?
高梨奈緒……お、恐ろしい娘……。
[ 続きを読む ]

「古き良きRPG」 セブンスドラゴン

2009年04月10日 23:59

セガから発売中の任天堂DSソフト「セブンスドラゴン」。
発売から1ヶ月が経ち、その人気を表す感想・レビューも出ています。

斯く言うわたしも2、3週間程前に手に入れはしたものの……全く進んでません。
オープニングがやっとこ終わり、竜が出てきて、さぁ、これからドラゴン退治が本番だぜ! というところまで。

さわりしかやってないわたしが言うのもなんなんですが、面白いです。
自分の好きな職業を選び、職業毎に男女二種類(プリンセスは女性ばっか4種)が選べます。最大4人の好きなキャラ(控えの2軍キャラも作れます)でパーティーを組み、町の人達からクエストを請負い解決、報酬を頂くのです。
[ 続きを読む ]

「正に突っ込みの英才教育や!」 あねとむち 春日旬

2009年04月07日 22:47

あねとむち

表紙と題名からアレな作品かなぁと思ってたら健全なギャグ漫画でした。コミックフラッパーにて連載していたギャグ漫画「あねとむち」全1巻の感想です。

ツッコミにはアメを、騙されたらムチを。
金を騙し取られ蒸発した父のようにならない様、姉の愛で双子の弟・友樹を教育する姉・九条愛。始終繰り出されるボケ(嘘・騙し)に対し、的確につっこめた場合は最高甘露の手作りアメを進呈。しかし不甲斐無く騙される様ならば容赦無きムチの嵐。
人に騙されないように、という大義名分のもと行われる奇行の数々ですが、どう見てもつっこみの英才教育を施しているようにしか思えません。

九条愛、果たして弟をどのように育てたいのか……。
[ 続きを読む ]

「卒業と進学、少女の変化」 絶対可憐チルドレン 16 椎名高志

2009年04月06日 23:28

絶対可憐チルドレン_16

小学生時代に区切りをつけ、チルドレン3人は中学校へと進学しました。物語の中、若干成長した少女達が変わらず暴れまわります。「絶対可憐チルドレン」16巻の感想です。

15巻の感想はこちらから。

1年続いたアニメも終了し、原作と同じく小学校卒業を迎えて終了しました。
「ハヤテのごとく!」が深夜アニメとして復活したように、話数が溜まればいずれ2期が始まるものと期待しております。
アニメ最終話で既に16巻の1話目(+4コマの小ネタをいくつか)まで消化しているので再開の時は遠そうですが。

それでは以下、原作16巻の感想です。
[ 続きを読む ]

「あれ絶対殴りたいだけだよ」 打撃女医サオリ 2 矢上裕

2009年04月05日 23:59

打撃女医サオリ_2

金属バットで一撃必活。悪い患部は叩いて直す。奇病難病なんでもござれ。「打撃女医サオリ」最終2巻、遅ればせながら感想です。

1巻の感想はこちらから。

全15話1年ちょっとで惜しまれながら連載終了となりました本作。数えてみれば同じコンセプトのもと描かれた同作者の「ヒッカツ」よりも少ない巻数で終了してしまいました(話数自体は多いけれど)。
掲載誌が休刊となったため終了してしまいましたが、非常に残念です。

後書き漫画「見習い打撃女医リコちゃん」改め「魔法少女リコナ」によれば、絶滅危惧種チャージラスを成り上がらせるための一発が医療ミスに繋がったためと判明。
リコちゃんシリーズ単行本化は残念ながら永遠にその機会を失いました。これで新作の後書きにしれっと現れたら面白いのですが。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。