FC2ブログ

「濃尾の虎、駿河へ参り鬼と死合う」 シグルイ 12 原作 南條範夫/漫画 山口貴由

2009年03月20日 23:19

シグルイ_12

「淫獣め やってくれた喃」
濃尾無双・岩本虎眼は娘・三重に乗移りて刃を抜く。
胸に秘めしは"復讐"。
「シグルイ」12巻の発売です。

魔神・岩本虎眼、怪物・牛股権左衛門の両名を斬り伏せた伊良子清玄は駿河大納言・徳川忠長の客人として将来を約束されていた。護衛を2人もつけ、いくを傍らに置いて堕ちた虎の現勢を哀れみ哂う。

正直護衛など不要であろう清玄ですが、この2人は女性でしたか。最後のページを見るまで分かりませんでした。
重ね重ね不憫なのは竜虎に人生を弄ばれるいく。虎眼はもとより、清玄に寄り添っても報われるとは思えず、むしろ酷くなっているのでは。戸田流印可・月岡の預かりとなっている身を見れば、共に暮らしている訳でもなく。
魔物清玄、真外道也。

一方、地に落ちた虎は調印のため駿府へ。前夜、打鮑のない四方膳を食し、戦に備える。

「虎は復活しつつあった」

藤木源之助、出陣の時来る。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト