FC2ブログ

プシュケの涙 柴村仁

2009年01月13日 21:50

プシュケの涙

「導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい」
少女は何故自殺したのか。
一人はそれを否定するため、一人はそれを真実にするため共に自殺の謎を追う。
「我が家のお稲荷さま。」でお馴染み柴村仁さんが送る悲恋の物語、「プシュケの涙」の発売です。

「我が家のお稲荷さま。」はもう出ないのか。
新シリーズ「ぜふぁがるど」の続編はどうした。
などと野暮な事も考えはしましたが、柴村仁さんの約1年ぶりの新刊です。まず買ってみて一読し、内容を吟味し、然る後に評価しましょう。

まずは表紙をご覧ください。
手を繋ぐ2人の人物。背中から落ちていく少女と、頭から落ちていく少年。彼らは暖色系の色に瞬くような光で塗られています。ほんのりと暖かみのある、希望、もしくは恋心のような想いが見て取れます。
その背景には、白地に淡い配色で重ねられた寒色系の蝶達。表紙右にはこれも寒色系で書かれたタイトル、その中の「涙」の字も手伝い、全体的に寂しい・切ない感じが現れています。

これだけでも悲劇の結末が予測されます。しかし、人物中に見る暖かみから、悲劇の内の幸福も見ることが出来ます。

心して読みましょう。
じわじわきます。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト