FC2ブログ

ドスペラード 大和田秀樹

2009年01月10日 23:46

ドスペラード

表紙を見るだけでヤバい臭いがぷんぷんしやがる……。
日本にファンタジーを混ぜ込んだ世界観で、魔法使い達が血で血を洗う抗争を繰り広げる任侠漫画「デスペラード」をご紹介。

大和田秀樹氏といえば、「大魔法峠」で関節技を極めた魔法少女、「警死庁24時」で脱ぐほどに強くなる変態鉄拳刑事、「ムダヅモ無き改革」で点数破壊の麻雀を行う日本国首相などを描いた、常識を軽く飛び越える漫画家です。
その大和田氏が描く任侠漫画が任侠物であるわけが無い。

デスペラードとは、ならず者・無法者・命知らずを意味する英単語。そこから任侠物エッセンス(懐に忍ばせた刃物的なアレ)を加え、タイトル名「ドスペラード」。
物語は国境の街ブックロウの聖竜会会頭が敵対組織に暗殺された事から始まる。抗争直前、一触即発のその街へふらりと現れたのは、2年前、何も言わずに消えた男・エイジであった。
その魔力は絶大、並みの魔法使いが何百集まろうと敵わない。しかし、彼の魔法には人前で使えないという制約があった。
会頭を守れなかった負い目もあり、聖竜会会頭の娘・マリエルの護衛に着いたエイジ。彼女を狙う刺客との戦いで魔法の使用を余儀なくされた彼は、マリエルに人払いを頼み、その強力な魔法で刺客を撃退する。
その魔法とは、「萌え」。胸元と背に大きなリボンを結わえたメイドの衣装を身に纏い、魔法のステッキ・パピコンを振る。

「ロンリー ラブリー シンメトリー
 プックンジップでロリポップ!!」

相手は吹き飛ばされながらもこう思う。

「キレイ…だ…」



この発想はなかった……。
篠房六郎氏の「男一発六尺魂」「オトナ篇」とは異なる任侠・魔女っ娘を題材とした、新たな萌えの側面を追求した作品です。
ぴくりとも萌えませんが。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト