FC2ブログ

バクマン。 1 原作 大場つぐみ/漫画 小畑健

2009年01月06日 23:19

バクマン_1

ロマンチックな馬鹿が加速して漫画を描き始める漫画、「バクマン。」1巻の発売です。
大ヒット作「DEATH NOTE」の大場・小畑コンビが送る最新作。期待せずにはいられません。
原作者・大場つぐみ氏曰く「比較的地味な内容になると思う」とのたまう題材ですが、その内容たるや、熱い魂を感じさせます。「吼えろペン」とは別ベクトルで。

ギャグ漫画家・川口たろうを叔父に持つ真城最高(サイコー)は、売れない漫画家だった叔父を自殺したものと思い込んでいた。絵が得意で漫画家の叔父を尊敬していたサイコーはそれ以来、周囲に流される良い子として生きてきた。
しかし、ある日想い人である亜豆美保を写生したノートを教室に忘れてしまい、あろうことかクラスの秀才・高木秋人(シュージン)にノートを奪われてしまう。
ノートを返す条件としてシュージンが提示したものは、「自分と組んで漫画家になること」。
岸辺露伴

叔父の件もあり、即決速攻のサイコー。

しかし、執拗なシュージンの勧誘と持ち前のロマンチスト回路が暴走し、亜豆の目の前で「漫画家になる」と宣言、更に「アニメ化した暁には結婚」の約束も取り付ける。
而して、サイコーの漫画家になるための道が始まったのであった。


結婚を請うた後の間抜け面はなんだろ、これ。
その後の「中3にして……」の下りは、もう顔がウサビッチのプーチンにしか見えない。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト