--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼切様の箱入娘 1~2 有楽彰展

2009年01月29日 22:49

鬼切様の箱入娘_1鬼切様の箱入娘_2

倉の中で見つけた箱には、半人半鬼の混ざり者が入っていた。三百年の時を経て封を解かれた娘が人の世で大いに騒ぐ「鬼切様の箱入娘」2巻の発売です。

倉の宝を報酬に荷物整理を請け負った伏緒綾史。ガラクタだらけの倉庫で見つけたものは札で厳重に封をされた物々しい箱。これぞ宝と喜び勇んで開けると、そこには1人の少女が。
少女の名は千沙耶。人と鬼の間に生まれた混血児である。彼女は三百年前に自分を封印した鬼切・耶櫃とその先祖・綾史を混同し、襲い掛かってくる。
耶櫃は千沙耶が大好きであった事、人の世で暮らせるよう後の時代に千沙耶を託した事を伝え、なんとか打ち解けた綾史と千沙耶。
半人半鬼である千沙耶は人の世で生きるため、綾史の家族として暮らすこととなる。

読み切りである1話目と続く前後編である2話は比較的シリアスながら、3話以降はギャグまっしぐらである本作。綾史はすっかりただのエロガキに、千沙耶は食い気だけのバカガキに成り果てました。
ツンデレ幼馴染の委員長もいるよ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。