--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボこみ 全4巻 やぎさわ景一

2008年12月17日 21:44

ロボこみ

ロボットは男の夢、少年達の憧れ。直線で描かれたボディ、ネジ止めされたパーツ、力強いその動き。しかも二足歩行だなんて。
転校先で隣席になった少女はロボだった。学園コメディ「ロボこみ」をご紹介。
初登場時の効果音が「どみゅん(足音)」って、どんなヒロインだ。


転校して数ヶ月。石上勇介はすっかり新しい学校にも慣れた。
が、それでも慣れないものが一つだけ。
それは隣席の女生徒。名を鈴木ロボ子という。その体からは駆動音を発し、水に濡れれば漏電、眼からビーム、指から銃弾。それにも増していかにもロボな見た目。
しかし、周囲の誰からも彼女の姿は"美少女"に見えるらしい。成績優秀、容姿端麗、スポーツ万能なロボ子から心憎からず想われている石上は時に羨望の眼差しを受ける事もあるが、当の本人はロボ的な騒動に巻き込まれ四苦八苦。
更に兄スキーな妹・邑子やクラスの副委員長・神崎佳澄、猫の恩返し・黒井ねこなどからも好意を持たれ、石上の学園生活は波乱万丈を極める。


石上にしかロボに見えないため、本当は石上の方がおかしいんじゃないか、と考えた事がわたしにもあります。
しかし、名前ロボ子だし、爆発してるのは事実だし、頭部から小型偵察ヘリ出して「石上君を守るのよォ」とか命令してるし、これでロボじゃなかったら何者なんだよとツッコミたくなります。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。