--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妄執のアイデンティティー」 一年生になっちゃったら 4 大井昌和

2009年06月25日 23:11

一年生になっちゃったら_4

「ジョニーの元気が無いんだ!」
彼は叫んだ。その子は小学一年生の女の子であった。
心は高校2年生。身体は小学1年生。ジョニーは熱り立つアレな部分。
どんな面白い生き方したらそんなことになるんだか。
「一年生になっちゃったら」4巻の感想です。

1~3巻の感想はこちらから。

前巻にて、生後6年の小学一年生には無用な刺激的一冊を手に入れつつも、相棒ジョニーが立ち上がらず、心の狼も萎えたまま。
失意に沈む高遠いおり。
そこへ現れたのは自称宇宙人の電波女。

「私が宇宙人と思いこんでるだけだと言われたら
 証明のしようがないからな」

その一言で揺らぐ自意識。

「オレも同じ… 電波小学一年生!?」


初っ端から物語の根幹を否定するシリアス展開ですが、中身はやっぱりいつも通り。
以下、4巻の感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

一年生になっちゃったら 1~3 大井昌和

2008年12月15日 21:57

一年生になっちゃったら_3

世の中には子供の頃に戻ってやり直したいと思う者もいれば、子供の頃に戻るなんて冗談ではないと今を謳歌する者もいます。
ですが、交通事故に遭い、目覚めとき自分が子供に戻っていたとしたらどうでしょう。
変態科学者に小学生女子にされてしまった高校男子のお話、「一年生になっちゃったら」3巻の発売です。

憧れの人、草薙みくるに告白すると心に誓い、意気揚々と登校する高校男子・高遠伊織。
しかしその通学途中、車道に飛び出した小学生を助けようとし、身代わりにトラックに撥ねられてしまう。
次に目覚めたとき彼は、科学者である草薙結女の手により、小学一年生の女の子として生まれ変わっていた。
やむなく高遠いおりとして結女の家で暮らすこととなるが、それは彼の意中の人物であり結女の妹である草薙みくるとも一つ屋根の下で暮らすことを意味していた。
男らしくみくるに告白するため、高校男子に戻るための闘いが今始まる。

2巻の幕引きで「高校生に戻っちゃったら」マシーンなるものが完成し、どうなるものかと思いきや、どうにもなりませんでした。たっぷり3話も使って「高校生に戻っちゃったら」マシーンを巡る争いが描かれていましたが、最終的にお蔵入りとなったこの発明、いつか日の目を見る時がくるのでしょうか。
カバー裏でその性能が紹介されましたが、その高すぎる性能から、今後は扱いやすさ重視でダウングレードされる旨が書かれています。
いずれはコナン君ばりに大人と子供を使い分けるようになるのかも。

そういえば、結女って1巻初版の1話では草薙芽衣という名前を名乗っているのですが、2版以降は直っているのでしょうか。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。