--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もう大人なんだからしっかりしなさい」 メリーちゃんと羊 全6巻 竹田エリ

2010年04月03日 01:31

メリーちゃんと羊_1

早くに両親を亡くしたメリーは、叔父に引き取られ立派に育っていた。
料理はちょっと下手だけど、小学生らしく元気いっぱい、同級生とも恋をして、優しい叔父さんと一緒に普通の生活を送っていた。
しかし、我々の"普通"とは異なる点が一つ。
彼女を養う叔父さんは、羊だったのです。

動物と人間の親子が暮らす独特の世界「メリーちゃんと羊」全6巻の感想です。

有名なんだかマイナーなんだか良く分からない本作は、前述した通り独特の世界観で構築されており、人を惹き付けるファンタジーとなっています。
文明的には現代と変わらず、住んでいる惑星の名前も地球です。
しかし、この世界は隔世遺伝で動物と人間の遺伝子が交互に発現します。
メリーの場合、祖父母は人間、両親は羊、メリーは人間、将来メリーが子供を生めば羊の赤ちゃんが生まれる、という次第です。
また、言葉を話せず知能も動物のままという、我々の世界で言う一般的な"動物"も存在し、区別をつけるために動物系人間を"系人(言葉を話す知恵を持ち二足歩行する)"と読んで区別しています。
系人には様々な種類があり、大別すると動物系・鳥系・魚系・虫系に分かれます。これに人間系を加え、オリンピックの五輪として表現されたりもしています(メリー調べ)。

動物マンガでペットなどを擬人化し喋らせたりするアンソロジー作品とは一線を画する世界観です。
細かい所のツッコミはしたら負けです(卵で生まれた人系の子はへそがあるのか、とか)。楽しんだものが勝ち。

「叔父さんはどうして羊なの?」
「羊に生まれたから」

「メリーはどうして人間なんだ?」
「人間に生まれたから」

「何ら不思議はあるまい」
「そーかなあ…」


そうなんです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。