--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人類の英痴極まる」 レキオス 池上永一

2009年08月20日 23:56

レキオス

現在アニメが絶好調放映中の「シャングリ・ラ」。少々過激な内容ではありますが、これが非常に面白かった。原作もアニメ版も「流石」と唸る秀逸の出来です。
と、いうことで手を出してみました、同作者による「レキオス」。アニメ化はまだですが、こちらも現在ヤングガンガンにて漫画版が連載中。つい先日1巻も発売しました。が、そちらは未読。

漫画版はどうなっているものかと心配でしたが、ウワサのあの人・オルレンショー博士は健在のご様子で一安心。彼女が1人いるだけでどんな物語も破綻します。あれだけ非道い登場人物見たことねー。
レキオスという物語は彼女のために用意された舞台と言っても過言ではありません。
主人公もラスボスも食っちゃった。

「シャングリ・ラ」がなまじっか面白かった分、衝撃の内容でした。
書店で見かけたときは「シャングリ・ラの元となったプロトタイプ」的な売り文句だったで期待していたのですが、そして宣伝文句通り似通った箇所は確かにあったのですが。
非道い。非道すぎる。
ページ的には薄いのですが内容的には濃過ぎです。ドロドロしてる。
面白いのは面白いのですがね。
人にはお勧めいたしません。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。