--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さ、みなさん。血湧き肉踊る試合ですよ」 大正野球娘。 2 神楽坂淳

2009年07月11日 23:33

大正野球娘_n2

淑女は淑やかさを携えたまま、知恵を凝らして修練に努めた。
全ては男に野球で勝つため。厭う気持ちを伝えるため。
そして試合が始まります。
「大正野球娘。」原作小説2巻の感想です。

あくまで淑女は淑女たれ。
そして、試合を楽しみましょう。

小説1巻の感想はこちらから。
漫画版の感想はこちらから。

アニメも2話目が放送されまして、原作とは別の展開で進むことが確定しました。
少々お転婆なきらいのある少女たちが若干大人しめの性格に修正されています。
双子人形の片割れ、巴は軟派なキャラに。妹の静は文学少女に。そして二人とも新聞部に所属との事。巴は新聞記者になるのが夢なので、そこを強調したかったのかもしれません。
原作だと新聞部は3巻で塚原須磨子なる新キャラが立ち上げる予定なので、この時点でやはりアニメは原作2巻までのストーリーなんだろうと予測できます。
しかし、新聞記者というものに良い感情を持たないお嬢や雪が新聞部員をすんなり受け入れるのにちょっと違和感がありました。
また、後輩の鏡子はミーハーな巴のシンパに変更されています。元々そんな感じでしたが、ミーハーな部分が強調されているようです。そしてもう1人の後輩、蝶子は消えました。替わりに入ったのがアニメオリキャラ・新聞部部長の記子。

色々と違いはあるのですが、キャラの性格や背景が変わるのはともかく、蝶子がいなくなっちゃったのがショックです。芸者の子なのがダメなのでしょうか。残念無念。彼女は小梅を慕う一人だったのに。

では、ここから原作2巻の感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「おジャンってなんやのん?」 大正野球娘。 1 神楽坂淳

2009年07月06日 23:59

大正野球娘_n1

小梅もてもて。

大正時代、男尊女卑の思想はびこる世情を背景に、乙女達が男相手に「野球をしましょう」と集まり訓練し作戦を立てるスポコン小説。
ただし、淑女の態度は乱さないこと。
「大正野球娘。」原作小説1巻の感想です。

アニメ化きっかけで読み始めた本作。
触れた順番は漫画版、アニメ版、原作小説版の順。

漫画版の感想はこちらから。この面白さはゆるぎなく本物です。

続いてアニメ版。絵柄が原作に近かったので話も原作準拠かな、と勝手に想像しておりました。原作も2巻でお嬢の許婚と決着をつけているので、キリも良いし。
しかしながら、1話を見た感じではどうもオリジナルの流れになりそうですね。
小梅が和装で学校に通っていたり、登場人物の性格が原作よりも柔らかく、大人しくかかれていました。また、男尊女卑の背景が比較的強く表に出ています。
わたしは原作至上主義ですので、映像化の際に演出が変わることを好まないのですが、まだ序盤。この先どのように転じるかは分かりません。

なんにせよ、アニメ1話目は面白かったです。特に冒頭で小梅の歌う「東京節(パイノパイノパイ)」が可愛らしくて大好きです。
実際に大正時代に流行ったコミックソングだそうで、当時の歌詞とは少々アレンジされているようですが、コミカルな動きにあわせて楽しく時代背景を説明するという90秒の素敵演出。
素晴らしいの一言です。
もう、これがオープニングで良いじゃないかと思わずにいられません。小梅しか出ないけど。

小梅可愛いよ、小梅。

では、ここからが原作小説の感想です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。