--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝つまで負けない。それが芝いつき」  論理少女 3~4 つじ要

2010年07月18日 01:05

論理少女_3論理少女_4

「意味がわからない!
 論理的に話しなさい!」


論理を剣に、知識を盾に、知恵を兜に、心に正義。
弱きを助け強きを挫く、生徒会会長・芝いつきとの謎解き合戦「論理少女」3~4巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。

あらゆることをゲームの勝敗にゆだねる「津隠問答」のシステムは健在です。
意見が分かれればその場にあるものでゲームを作り相手に解かせる。そして勝った方の意見に従う。

我らが論理少女・芝いつきも津隠問答を仕掛けたり仕掛けられたり。普段より「生まれて14年一度も負けたことがない」と豪語する彼女は並み居る凡百の問題を華麗に解き捨てていきます。
ところが、やはり生まれてたったの14年、全知でない彼女にも解けない問題というのは存在するのでした。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「論理思考の天然少女(腹黒風味)」 論理少女 1~2 つじ要

2009年04月19日 22:20

論理少女_1論理少女_2

論理少女倫理よし。とは言うものの結構わがまま腹黒い。
つじ要氏のシリウス連載作「論理少女」の感想です。

東京からの転校生・若野祐(さえない、目立たない、ぱっとしない)は、初日から「津隠問答」の餌食となり、不良に金を巻き上げられてしまう。
「津隠問答」とは、転校先の津隠市で流行っている禅問答から派生したゲームである。ランダムに場所を決め、その場にあるものでゲームを作り、勝敗を決める。敗者にはペナルティーがあり、そして「津隠問答」での勝負は絶対である。
ところがこの勝負、イカサマOK、騙された奴が馬鹿を見るとんでもないゲームであった。
早速カモられた若野。そこへ、悪を許さず不正を見逃さぬ論理少女・芝いつきが現れる。そして、若野を引き連れ、巻き上げられた金銭を取り返すべく「津隠問答」でのリベンジを挑むのであった。

1巻発売当初、書店で表紙を見かけて気になっていた作品です。
その時は保留にして見逃していたのですが、2巻発売を機に購入しました。感想書くのは遅れましたが。
それにしても面白い!
起承転結はハッキリしているし、悪は悪なりに悪役に徹しているし、勧善懲悪なので読了感がすっきりしています。また、同級生との知恵比べにも敗北後のどんでん返しがあり、遺恨を残さない(かはさておき)爽やかな結末が待っています。
バトルものではないけれど、実に少年漫画らしい少年漫画です。そしてネタがネタだけに月刊誌向き。雑誌のコンセプトにベストマッチした良作です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。