--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桐葉さんを守ると決意したから」 つぐもも 5 浜田よしかづ

2010年11月16日 20:31

つぐもも_5

一方的に突っかかってきたイノシシ娘・皇すなおとの直接対決。
己のつくも神「虎鉄」を道具と言い張るすなおに、一也は負けられない。

すそはらい同士の意地がぶつかり合う「つぐもも」5巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。
3~4巻の感想はこちらから。

3巻の終わりから姿を見せた好敵手・皇すなおとの直接対決が遂に始まります。幼い頃より修行を積んできたまっとうなすそはらいであるすなおに一也はどのように立ち向かうのか。緊迫感のある戦いが4話に渡って繰り広げられます。
シリアス全開。コメディー分お断りの真剣対決。

かと思いきや、シリアス成分の加増に勝るエロコメ度の大増量。流石はwebcomic。流石はコミックハイ!。
ちょいエロってレベルじゃねぇぞ。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「一也のオカンは格好良い」 つぐもも 3~4 浜田よしかづ

2010年05月16日 23:58

つぐもも_3つぐもも_4

母から譲り受けた形見の帯は付喪神。叱咤激励を受けながら一也は成長していく。

若きすそはらいの成長物語「つぐもも」3~4巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。

相変わらずギャグとアクションとシリアスとエロスがバランス良く混ざっております。その上3巻では本格ホラーのような展開まで。

浜田よしかづ先生は絵がうまく、キャラが良く動き、話作りも文句なしと三拍子揃った素敵漫画家です。
そしてマニアックプレイのパイオニアでもあります。
3巻時点ではページの関係で収録先送りとなった第15話「金山さん」も4巻冒頭にてバッチリ収録。先駆者の名に恥じない数々のプレイ。これが考えた挙句のラインナップか、スラスラ出てきた本能の叫びかで作者のイメージも変わってきます。

「金山たぐりは
 筋金入りのロリコンや


まさに神。
[ 続きを読む ]

「形見の帯は付喪神。想いの強さが力の強さ」 つぐもも 1~2 浜田よしかづ

2009年04月18日 06:17

つぐもも_1つぐもも_2

思春期真っ盛り、中二男子の加賀美一也は、亡き母の形見である着物の帯を持ち歩いていた。
ある日、「あまそぎ」なる即席付喪神に襲われる一也。危機一髪の自体を救った者は、永き時を経て顕現した「つぐもも」、母の形見である帯の化身・桐葉であった。
ちょいとエロくてコミカルな作品、「つぐもも」の感想です。

1巻発売当時は作者本人によるニコニコ動画にアップされた作業過程動画が話題となりました。
2巻発売の今回も同様。他にも作業工程の動画は複数公開されています。
興味の湧いた方はニコニコ動画の浜田よしかづ氏のマイリストへどうぞ。プロの作画工程は絵の勉強にもなります。

もう1つ話題となったものは欲望の果ての行為「ぶるまくら」。
内容については語感よりお察しください。
いやぁ、阿呆だ。いくら中学生だからってそりゃ無いよ。マニアックだよ。
学生時代からブルマ・制服に価値を見出す者はそうはいないでしょう。身近には無い大人の立場だからこそ希少価値が萌えに昇華されるのです。
てかこのご時世にどっから持ってきたんや。
2巻では更にその進化系、「けつまくら」の構想が語られましたが、残念ながらお蔵入りとなりました。
内容については語感よりお察しください。

浜田よしかづ氏はマニアックプレイのパイオニアです。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。