--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第2の百合星人登場? それにしても彩ちゃんはロリ可愛い」 百合星人ナオコサン 3 kashmir

2010年12月22日 21:16

百合星人ナオコサン_3

百合星人と言いつつも幼女ばかりがピックアップされる本作。
今巻でも至る所で理不尽に幼女が活躍します。

不条理ギャグとマニアックネタの交差点「百合星人ナオコサン」3巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

なんと今回の初回限定版は約6分間のアニメを収録したOAD付です。
TVでアニメ化の可能性はマイナススコアを記録したのでアニメ版「ナオコサン」は一生お目にかかれる事はないだろうと確信していただけに驚きの特典です。

YuriTube Broadcast Herself という公式なんだか個人配布なんだか分からないブランドマークが付いていますが、これが下手なアニメよりもよっぽどクオリティーの高い作品になっていました。正直なところ「這いよる! ニャルアニ」みたいなお茶を濁したFLASHアニメだろうと高をくくっていたのですが全くもって嬉しい誤算でした。
流石は一流アニメーター竹内哲也の作品です。てか脚本、コンテ、監督その他多くの仕事を一人でこなしています。すげぇ! ぱねぇ!

そしてナオコサンの声優が新井里美さんときたもんだ。初めこそ違和感を覚えましたが視聴1分を待たずして馴染む馴染む。いやぁ、本当新井さんと変態キャラは相性が良いなぁ(褒め言葉)。

内容に関しては1巻STAGE-08「触手エクスプレス」を忠実に再現しています。むしろ演出面でパワーアップしていると言っても良い作りです。

至れり尽くせり、ありがたし。
なんかもう、御馳走様です!

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「職業は夢で食べると書いてムショクです」 ○本の住人 3 kashmir

2009年08月05日 22:56

○本の住人_3

まるほんのじゅうにん
えとおはなし かしみーる

こどものころ おとうさんと おかあさんが なくなりました。
いもうとはかなしんで あにのそばをはなれようとしません。
あには いもうとのために いえにいながらできるしごとをさがしました。

いまでは すっかり にーとです。
おしまい。

そんなお話。

1,2巻の感想はこちらから。

実際はニートじゃなくて絵本作家ですが、似たようなものですね。
実は絵本作家ではなく奇本作家との噂もあります。
近所では立派なニートと評判。
最近では住んでるアパートの管理人も始めました。アパートは祖父の持ち家ですから、自宅のようなものです。つまりは自宅警備員ですね。

なんて素敵なダメ人間。早く人間になりたい。
[ 続きを読む ]

デイドリームネイション 1 kashmir

2008年12月26日 21:39

デイドリームネイション_1

主人公である小岩井知春が自慢の乳で困難を乗り切ったり、自慢の乳で発電したりするハートフルコメディ「デイドリームネイション」1巻をご紹介。
(自慢の乳云々はカバー裏より抜粋)

主人公は漫研に所属する小岩井知春。
既に卒業したOG・久遠寺刹那によりBLとエロスの道へ引きずり込まれた彼女だが、今では幼馴染の荻野夏穂と共に漫研でだらだらとした日々を過ごしていた。
ある夏の日、特に盛り上がりも無い日常の中いつも通り漫研へ向かうと、そこには全裸で漫画を読む異国風の男性が1人。
その男性とは実は学校の裏にある白景山の守り神であり、10年前知春と夏穂に助けられた恩を返すため、当時約束した願いを叶えるため下山してきたのであった。
こうして守り神の力により、知春は粘液系魔法少女に、夏穂は短パンショタ風味な男の子になってしまったのだった。

「少年誌じゃ見せられないレベルの百合見せつけてやろうぜ」
「かっちり少年誌だ! そして百合じゃねえ!! つーか黙ってろ!!!」

その場は何とか神さまの力でリセットしてもらったものの、その後も神さまは漫画を読むために満研に入り浸るのであった。

以上、1話あらすじ。
このように、kashmir氏の作品の中でも比較的大人しめな作品となっております。
むしろ大人しめでこれなんだから恐ろしい……。
[ 続きを読む ]

百合星人ナオコサン 2 kashmir

2008年12月13日 23:49

百合星人ナオコサン_2

TVアニメ化の可能性が遂に"-45%"まで到達しました。
不謹慎すぎてお茶の間に流せない、ツッコミどころの多すぎるギャグ漫画「百合星人ナオコサン」2巻の発売です。

今回も目玉は付属のCD。
アニメ化なんて絶対ありえないのに主題歌第2弾。
歌詞を耳にするとナオコサンが主役なんだか幼女か主要なんだかよく分からないです。意外なことにテクノ系の曲でした。
更に今回はWindows及びMac端末で使えるデスクトップアクセサリーも入っています。
その名も素敵「LOLICLOCK」。プロの幼女5人による時計アクセサリー。ショートヘアー、ロングヘアー、ポニーテール、ツインテール、金髪ツインテールの幼女達が踊って時間を知らせてくれます。オマケとしてナオコサンの気まぐれメッセージ付き。

特に「LOLICLOCK」の方は、製作がhirahira.netプレゼンツ。
知ってる人は知っている、同人ソフト「おまもりんごさん」の製作者さんです。
Windows Media Playerで曲を再生すると、音楽に合わせてのりのりで楽器を掻き鳴らす半分動物なりんごさん。茶太さんの歌う主題歌「ワスレナゴハン」に合わせて踊る姿がコミカルで可愛い。
ニコニコ動画かYou Tubeなんかでも動画アップされてますので、気になる方は検索してみてください。

初版分にしか特典は付かないので、興味を持たれた方はお早めに。
[ 続きを読む ]

百合星人ナオコサン 1 kashmir

2008年11月12日 23:56

百合星人ナオコサン

前から欲しかったのですが、ようやく手に入りました。
よ、予想以上の衝撃だ……。
「百合星人ナオコサン」、百合と付いていますが、ナオコサンの嗜好は幼女方面に特化しています。

戸隠みすずには家を出て行ったまま帰らない、奈緒子という年の離れた姉がいた。
その姉が数年ぶりに帰ってくると聞き、喜び勇んで帰宅するみすず。
しかし、姉の部屋に居座っていたのは「ナオコ」と名乗り姉を自称する見知らぬ人物(金髪で耳とがってて明らかに姉ではない誰か)であった。

と、いう説明が4話になるまで出てこないため、始めは間違って2巻を買ってしまったかと思った(2008年11月12日現在1巻までしか出てないのに)。

そんな、前知識が無いと「どういうこと?」なナオコサンは、地球総百合化による征服を目論む宇宙人なのだ。太古の昔より地球の生命の進化を(百合方向に)調整してきた種族らしいが、本当だろうか。
言われてみれば、本作の世界観は大分ナオコサンの思考に毒されている気もするし……。

相変わらずとんでもねーお話です。
[ 続きを読む ]

○本の住人 1~2 kashmir

2008年10月01日 23:06

まるほんのじゅうにん
えとおはなし かしみーる

あるところに あたまのネジがはずれた えほんをかいてくらす あにがいました。
いもうとは そんなあにを だいじょうぶかとしんぱいしますが まわりもだいじょうぶではないので あんがいなんとかなるのでした。
おしまい。

そんな話。


両親を早くに亡くし、兄と二人で暮らす小学生の女の子・蓼科のり子が主人公。作品が7ヶ国で発禁になるほどの違う方向にセンス溢れる兄や、不条理モンスター・ちーちゃん(クラスメート)、一見まともで内心えげつないみかちゃん、春になると周囲に特殊なほのぼの時空を作り出すさなえちゃん(担任)などの癖のある人間たちに囲まれた苦労人である。
みんなちょいちょいおかしな会話をしているのに、読み進めるうちにあんまり気にならなくなってくる独特の空気を持つ4コマ漫画。

どんな空気かってのは以下を見てもらえれば分かると思う。
kashmirさんのホームページ
「lowlife」の「300万ヒット記念」

コバルト文庫「マリア様がみてる」を題材にした漫画だが、300コマ延々カニを食い続ける凄いシュールな1本。消えちゃう前に"名前を付けて保存"推奨。

特筆すべきは兄と妹の関係。
のりこは変な話しか描かない兄に対して半ば諦め完全に呆れているのだが、元を辿れば普通の感性を持つ兄が昔妹に言われた

「お兄ちゃんは才能あるんだからもっと人のやらないことにチャレンジすべきだと思うんだ――」

という言葉を受けて作風を変えたこと。今じゃ完璧自分で道を踏み外してるが。
絵本を描き始めたきっかけも、両親を亡くして呆然とする妹を元気付けるため。

今は完璧変態だけども!


kashmirさんの作品は1つでも面白いと思えたら全部面白く感じるはず。他ではなかなか味わえない空気。地球じゃなくて良く似た架空の別世界ですよ、と言われてもなんかしっくりきてしまう。
リンク先の記念漫画見て食指が動いた方は是非とも他も味わって頂きたい。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。