--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「体の内に音楽が鳴り響くんだ」 天にひびき 1~2 やまむらはじめ

2010年07月22日 23:13

天にひびき_1天にひびき_2

子供の頃に見た。同い年の女の子がプロのオーケストラに指揮するところを。
少年時代に聴いた。少女の奏でる奇跡のような音楽を。
それから、それだけを求めてヴァイオリンを弾いている。

カムナガラ」「神様ドォルズ」でお馴染みの漫画家・やまむらはじめ先生の新境地「天にひびき」1~2巻の感想です。

戦争物、ファンタジー作品、超常バトルなどの作品を描いてきたやまむらはじめ先生が選んだ新しい題材は音楽でした。
アワーズで連載が始まった時、当初はこれまでの作風との違いからどうなるものかと静観していましたが、これがまぁ、面白い。
漫画ですから、音というものが聞こえません。効果音程度に擬音を用いることはありますが、背景に楽譜を描かれたって脳内再生できるほど一般人は器用ではありません。
しかし、この作品からはコマから音の波が伝わってくるようです。もちろん音楽自体が聞こえるわけではなく、しかしその音によって衝撃を受けている人々の感動がこちらに伝播してくるのです。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「お見合いしてたら小姑出てきて横恋慕」 神様ドォルズ 5 やまむらはじめ

2009年07月20日 22:22

神様ドォルズ_5

木材に樹液を塗って作る神様に人の心を入れて操る。どっこい、見た目はコケシ。
「神様ドォルズ」5巻の感想です。

3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。

東京へ集結する空守村の関係者達。
遂に器師の靄子まで上京し、匡平と詩緒が厄介になる喫茶店「メトネル」こと史場家を訪問。
そこで4巻の伏線である"アレ"が登場します。
あの、あれ。オマケマンガ「由良子の妄執」にて作成された、添い寝用携帯サイズの由良子人形。

「うわあ…
 何かいろいろ嫌な念とかこもってそう……
 ちょっとかわいくデフォルメしてるトコとかスゲー痛い…」

とまで姉に言わせる渾身の一作。手紙と一緒に使用する事で詩緒を呪い殺す効果があります。

さて、今巻はドキドキイベントに2度目のお見合いと、詩緒のためのラブゲームに突入かと思いきや、たらしの匡平に持ってかれました。
何もしてないのに年下にもてるなぁ、匡平。

以下、5巻の感想です。
[ 続きを読む ]

神様ドォルズ 4 やまむらはじめ

2009年01月19日 23:30

神様ドォルズ_4

コケシのお化けにしか見えない神様・玖吼理。操る詩緒ですらもコケシに見え始めた「神様ドォルズ」4巻の発売です。
コケシじゃなくて案山子ですがね。

前巻では壊れたククリの右腕を直してもらうため、匡平や詩緒達の故郷・空守村へ帰省。そこで日々乃は、匡平と阿幾の過去、そして村で起こった事件を聞きます。
過去が過去なだけに、シリアスでダークな物語が進んだ3巻。

一転して、今巻では明るいノリです。1,2巻の頃のコメディータッチな部分を押し出し、更に日々乃が期間限定でお色気担当に。流石ヒロインB。ヒロインAである妹・詩緒を大きく引き離しました。
作者曰く、流行りの[サザエさん]風味とのこと。
ただし、「こんな雰囲気もこれっきりかも」となにやら不穏な言葉も。

凡庸な主人公である枸雅匡平が、遂に特別視され始める傾向が出てきました。
[ 続きを読む ]

神様ドォルズ ③ やまむらはじめ

2008年09月19日 23:00

ツンデレ妹が兄萌えフラグを立てる話。

嘘や。

よく分からん木製人形使ってドンパチかます話(主に頭突き)。

待望の3巻です。
なんですけど、今回話が重いです。

前巻で詩緒の案山子・玖吼理(くくり)が兄弟ケンカの末壊れちゃったもんで、兄・匡平と共に故郷の空守村に里帰り。
里の職人に修理を頼みます。

で、一緒についてきた居候先の娘:日々乃さんに尋ねられ、阿幾との過去に何があったかを教えるわけですが……


閉鎖した地域って恐ろしいな。余所者に居場所がないものな。

権力者の馬鹿息子(阿幾曰く、クズ)に悪評を流布され追い詰められる先生。
どうでもいいような素振でも先生と触れ合う阿幾。
先生に触れたいが近寄れない匡平。

最後まで部外者だった匡平。
部外者で何もできなかったから、取り残されたように傷跡が残っている。


重。
次巻から現代に戻って日々乃フラグ乱立パートに復帰するわけですが、今巻一冊は通しで重いよ。

カバー裏がはっちゃけてるけどな!

注目はヤンドラ(病んでてデレない)阿幾の笑顔な。
70ページな。
要付箋紙。


あと、キャラ紹介でちょっとびっくり。
ヒロインAって詩緒なんだ!?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。