--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とても人に読ませられるようなものではないのです」 小説家の作り方 野崎まど

2011年05月02日 22:12

小説家の作り方

「私は、この世で一番面白い小説のアイデアを閃いてしまったのです。」


そう語る女性、紫依代は、しかしながら一度も小説を書いたことがないという。
お世辞にも売れているとは言えない小説家・物実はアルバイトとして彼女に小説の書き方を指南していくのだが――。

結末は冒頭で物実自身が述べている。
事実は小説より奇なり。

野崎まど先生の四作目「小説家の作り方」の感想です。

そのタイトルから、かつて大江健三郎先生が記された自伝「私という小説家の作り方」を思い起こす方もいらっしゃるでしょうが、全くの別物です。
小説を書くための指南書ではなく、小説家となった作者の自伝でもなく、本作はあくまでミステリー小説です。


この作品を読んで思い出したのは、野崎先生の一作目「[映]アムリタ」でした。
そちらは天才ありきの話。
舞台は映画サークル『キネマ・マグラ』。サークルの目的は「素晴らしい映画を作る」こと。
そしてそのサークルの一員である天才・最原最早は恣意的にすばらしい映画を作る事が出来、更にその映画を使って「なんでも出来る」のでありました。

本作はその「[映]アムリタ」と似通った部分が多々見受けられました。舞台も登場人物も全く異なるのですが、それでも「対」となった作品であるかのように感じられるのです。


以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「ベッシーはどうして死んじゃったんでしょうか~……」 死なない生徒殺人事件 識別組子とさまよえる不死 野崎まど

2010年10月26日 21:21

死なない生徒殺人事件 識別組子とさまよえる不死

とある女子校で噂される「永遠の命を持った生徒」。そしてあっさりと出会ってしまった死なない生徒。
しかし、不死のはずなのに彼女は殺害されてしまった。

野崎まど先生の三作目「死なない生徒殺人事件 識別組子とさまよえる不死」の感想です。

前々から西尾維新作品に似ていると評される先生の作風ですが、そういう風に言われるとつい「戯れ言シリーズ」の六冊目「ヒトクイマジカル」を思い出してしまいます。あれも不老不死の少女があっさり殺されてしまう話でした。
ついでに言うと登場人物の一人・行成海の性格が「人類は衰退しました」の妖精さんっぽく感じました。すぐ鬱っぽくなるところとか。

こういう感想を持っているあたり、知らず知らずのうちに色眼鏡をかけて読んでいるようです。こらいけませんな。純粋に楽しめてないかも。早く意識をニュートラルへ戻さなくてはなりません。

や、しかし本作も面白かったです。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「…ぼ、僕は、僕はあの人に勝ちたい」 学校の階段 9~10 櫂末高彰

2010年09月25日 00:46

学校の階段_s10

 ああ、そうか。
 その声が聞こえたとき、一番に思ったことはそれだけだった。


疲労困憊、ぶっ倒れるまで走り抜く「学校の階段」原作小説9~10巻の感想です。

漫画版1巻の感想はこちらから。
原作小説1~5巻の感想はこちらから。
原作小説6~8巻の感想はこちらから。

いよいよ小説「学校の階段」の感想も大詰めのラスト。
勝一との階段レース中に覚醒してしまった幸宏が、同じく覚醒済みの階段部副部長・刈谷健吾に正面から挑みます。

なお、短編集「学校の階段の踊り場」につきましては、来月(2010年10月)末に発売予定の2巻を読んでから感想を書くか判断する予定です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「筋肉をバカにするなっ!!」 学校の階段 6~8 櫂末高彰

2010年09月22日 23:15

学校の階段_s6

どうして廊下を走るのだろう。

行動原理を自己に問う「学校の階段」原作小説6~8巻の感想です。

漫画版1巻の感想はこちらから。
原作小説1~5巻の感想はこちらから。

前回に引き続き「学校の階段」に関する感想なのですが、6・7巻はそれまでと少し毛色の違う話になっています。
主人公・神庭幸宏が、それまで熱意を持って接してきた階段に突然魅力を感じなくなってしまうのです。そうした冷めた気持ちは他の部員にも伝わり、ならばいっそと部活を休むことに。
代わりに何をしていたかと言えば、帰国子女の編入生(悪女)にどっぷり嵌って犬扱いされる日々。

 早めに彼を落としてしまいましょう。こんなに面白そうな手駒は初めてだわ。入念に私の犬に仕立て上げて、色々遊んであげましょう。素晴らしいわね。


えらいこっちゃ。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「俺たちは走り回るハムスター」 学校の階段 1~5 櫂末高彰

2010年09月21日 01:53

学校の階段_s1

再三繰り返しますが廊下を走ってはいけません。
そのことを理解した上で本書をお読みください。

学生時代の青春を突っ走る「学校の階段」原作小説1~5巻の感想です。

漫画版1巻の感想はこちらから。

全10巻中なぜ5巻までの感想なのかというと、ストーリーが大きく3つに分けられるためです。

・1~ 5巻 階段部メンバー編
 階段部への導入から、各人の階段部入部への背景を書く
・6~ 8巻 VS波佐間勝一編
 山上桔梗院学園高校との交流を経て、天馬グループの確執とそれに抗う少年の姿を書く
・9~10巻 VS刈谷健吾編
 3年生の卒業を控える中、覚醒した神庭幸宏が同類である刈谷健吾と最後の対決を行う

作者自身により明確に区切られているわけではありませんが、読んだ感じでは上記のようになります。
というわけで3回に渡って原作小説の感想を書いていくことにします。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「あなたたちに伝えられることは全て伝えました」 The MANZAI 全6巻 あさのあつこ

2010年08月29日 23:37

The_MANZAI_1The_MANZAI_6

都会から転校してきた少年が、無理矢理付き合わされた漫才を続ける内に成長していく物語。

漫才を題材にした珍しい作品「The MANZAI」全6巻の感想です。

漫才を題材にした作品と言えば、漫画では少年マガジンで連載していた「シチサンメガネ」(知ってる人は知っている。2巻打ち切り)や、ヤングジャンプで連載中の「べしゃり暮らし」が有名です。
あと昔少女漫画で何か読んだのですが、記憶が曖昧で思い出せませんでした。

上記のように珍しい題材を選んだ作品であり、1巻発売時からどのように話を展開させていくのか興味を持って読み進めていましたが、案の定漫才らしい漫才はせず。
まあ、面白おかしい掛け合いが読みたければ西尾維新作品を読めばよいのです。あさのあつこ作品では人の成長を描いています。

以下、感想です。
(この先大変ネタバレしております)
[ 続きを読む ]

「そんな真実は知りたくなかった」 [映]アムリタ 野崎まど

2010年07月27日 21:00

〈映〉アムリタ

感動する映画は人の生き方を変える。それは名作と呼ばれる。
だが強制的に人の生き方を変えてしまうものは名作ではない。毒薬だ。
野崎まど先生のデビュー作「[映]アムリタ」の感想です。

先に2作目の「舞面真面とお面の女」を読了済みであったこともあり、期待して読み始めた作品でした。「舞面真面とお面の女」の感想を書かれているサイトでは「面白かったけど、「[映]アムリタ」の方がより面白かった」との意見が多く、弥が上にも期待は高まるというものです。

ただ、前情報を集めすぎたせいで先入観を持って読み進めてしまったことが残念でした。
と、言うわけで、ここから先の感想は本人の責任の下読み進めてください。
未読の方に関しましては読了後に感想を読まれることをお勧めします。
感想を読んでから買いたい、と言う方は先に買って読んじゃった方がいいです。作品の面白さは保証します。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「この出会いはきっと運命だった」 魔界ヨメ! 5 阿智太郎

2010年07月03日 00:00

魔界ヨメ_5

ヨメ三人と愛人一人に囲まれて、冴えない栄えないパッとしない人間・比宇間良夫(通称ヒョロ夫)は今日も受難に見舞われる。
普通の人間と思われたヒョロ夫の隠された秘密が明かされるスプラッタコメディー「魔界ヨメ!」5巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。

なんと、今巻で「魔界ヨメ!」は完結となります。
長かったような短かったような……もうちょっと長いシリーズになるかと思っていたので意外でした。
現在は同じくMF文庫で「もっと! 陰からマモル!」を執筆中のため、本格的にそちらをメインに書き進めるためなのかもしれませんね。

今巻は誤字・誤植が多かったようですが、そこはご愛敬と言うことで。

余談ですが、今回も表紙の肌色率が多いです。
購入時に竹井10日先生の「10歳の保健体育」と同時購入したので書店のお姉さんにどのように思われていたのかが最重要問題です。
夜道で職務質問されたら言い訳できないラインナップ。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「君のお父上がいけないのだよ」 魔界ヨメ! 4 阿智太郎

2010年07月02日 21:31

魔界ヨメ_4

絶賛重婚中の非合法ハーレムを満喫する少年・比宇間良夫(通称ヒョロ夫)の愛憎に満ちた生涯を描くスプラッタコメディー「魔界ヨメ!」4巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

5巻まで発売されましたが、4巻の感想を書いていなかったので。
5巻感想は(多分)明日までには書きます。

いつもは短編約3話を1冊にまとめていますが、今回は表紙の魔界犬耳メイドをメインに据えた中編1話+短編1話の2話構成となっています。
犬耳・しっぽ+メガネ+メイド服+鎖+変心属性というマニアック要素満載の彼女に、今回なんとウサギ耳+バニースーツまで付属します。どんだけマニアックなんだ。ファンの心も鷲掴みですね。あざとい。

そしてもちろん我らが真のヒロイン・園山花海の活躍も健在です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「中身は無印(1巻目)と一緒です。ご注意」 マリア様がみてる 映画原作 今野緒雪

2010年06月29日 20:00

マリア様がみてる_映画原作

「ごきげんよう」と爽やかな挨拶で始まる、乙女の園の物語「マリア様がみてる 映画原作」の感想です。

2010年秋公開を予定している実写版映画「マリア様がみてる」。
その原作小説がこの度装いも新たに再版されました。

実写映画の公式サイトへはこちらをクリック。

と言っても、中身は「マリア様がみてる」1巻と同じものです。
ご購入の際には十分ご注意ください。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。