--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハネカワ先生トばしすぎ」 傷物語 西尾維新

2009年06月28日 23:59

傷物語

青春は、いたみなしでは過ごせない

「背中からだと箱に入れやすいあれね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の3冊目、前日譚である「傷物語」の感想です。

「化物語」上巻の感想はこちらから。
「化物語」下巻の感想はこちらから。

今回収録された話は一つだけ。

第零話 こよみヴァンプ (吸血鬼)

時系列的に化物語シリーズの始まりの始まり、初めの初め。
我らが語り部たる阿良々木暦の物語。

前日譚だけあってアニメのストーリーに加わるか微妙な位置の第零話です。
そういえばアニメ化の話が出てきたのはこの辺からでした。もう一年経ちましたか。
「傷物語」は、多分やるならOVAか映画版でしょう。

阿良々木のための物語でありながら、"怪異殺し"の異名を持つ吸血鬼のための物語であり、"自らに課した善行の塊"羽川翼がその魅力の片鱗を見せた物語です。

既刊の中で最も戦闘的であり、暴力的であり、傷跡の残る壊滅的な物語。
怪異中の怪異、不死身の存在、"吸血鬼"の初御披露目です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「久しぶりに……キレちまったよ……(理性が)」 化物語 下 西尾維新

2009年06月21日 23:49

化物語_下

青春を、おかしくするのはつきものだ!

「箱に入れるときひっかかるあれね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の2冊目、「化物語」下巻の感想です。

「化物語」上巻の感想はこちらから。

趣味を仕事に書き記したため世に出す事を迷ったと語られる本作。
世に出て良かったと心から感謝します。

下巻に収録された話は2話。

第四話 なでこスネイク (蛇)
第五話 つばさキャット (猫)

特に第五話は「化物語」の真ヒロイン・羽川翼のための、幕引きに相応しい物語(引かなかったけど)。カバーボックスの表紙も、上巻の戦場ヶ原ひたぎに対するかのように三つ編みメガネの委員長。かと思えば、五話表紙ではキャミソール姿で猫化した扇情的な肢体も披露してくれます。

流石は真ヒロイン。期待を裏切らない少女です。
[ 続きを読む ]

「言葉遊びと掛け合い漫才」 化物語 上 西尾維新

2009年06月19日 22:24

化物語_上

「青春に、おかしなことはつきものだ」

「ああ、あの赤いやつね」
で有名なKODANSHA BOXの初期から刊行されている「化物語シリーズ」の1冊目、「化物語」上巻の感想です。

作者本人が「趣味200%」と豪語する本作。
タイトルに反して主軸は「怪異」ではなく「掛け合い」だと後書きでも語られており、楽しげな小説を書きたかったと述べる著者の思惑が100%形になった作品です。

上巻に収録された話は3話。

第一話 ひたぎクラブ (蟹)
第二話 まよいマイマイ (蝸牛)
第三話 するがモンキー (猿)

初出はメフィスト。2005年9月号に掲載という事はおよそ4年前。意外と年月が経っていました。
以下、ネタバレ感想です。
[ 続きを読む ]

「青春に、おかしなことはつきものだ!」 化物語シリーズ 西尾維新

2009年06月13日 22:46

化物語_上化物語_下

傷物語

偽物語_上偽物語_下

西尾維新氏が趣味200%で書き連ねた怪作「化物語シリーズ」も遂に最終巻。
待ちに待たされようやく発売されました「偽物語」下巻。
2009年2月頃発売だったのが、大人の事情か何なのか、アニメ放映前まで引っ張って引っ張って引っ張っての刊行です。

読みました。
面白かった。

潔く幕を引き完結したからには、やはり1話目から感想を書かねばなりますまい。
と、決意表明したところで、最近忙しくて更新頻度も落ちております。
5冊全ての感想を書き終えるのはいつになることやら。
ぼちぼち書き連ねますので、気長にお待ちくださいませ。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。