--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百目の騎士 全2巻 原作 小池倫太郎/作画 村崎久都

2008年12月02日 23:59

百目の騎士_1百目の騎士_2

今は無き電撃コミックガオ!に連載していたSF漫画「百目の騎士」を紹介。
1巻表紙を飾るのは主人公であるクルハ・チヅル。片眉を上げ、厭世的な目で真っ直ぐ睨めつけてきます。
それが続く2巻目ではすっかり弟のエイクス・ロッカに手を焼いて困り顔。対照的にロッカは挑発的な笑顔です。

和と洋とSFが織り交ざった世界観。
若い男女が理不尽な軍規に縛られる騎士の世界。
父親の仇を探すため王の親衛隊に入ったチヅルであったが、祖父の名のもと憧れていた騎士の世界とのギャップに失望し、意欲をなくしていた。昇格試験もわざと落ち、次に失格すれば除隊となる時期、彼女はとある問題児の教導役を押し付けられる。
問題児の名はエイクス・ロッカ。なにかと暴力的で面倒臭がり、酒癖と女癖は最悪。ところが顔を合わせてみれば、見た目は幼く、行動にも幼稚なところがある、ただの子供であった。
クルハ・チヅルとエイクス・ロッカ。騎士のコンビは戦闘序列の最小単位、姉弟である。
一心同体であれ。

「ロッカ お前は独りじゃないぞ
 この私がお前を頼みにしている
 私は次の昇格試験をちゃんと受けて親衛隊に残る どこにも行かない お前とのコンビも続ける
 だから安心しろ」

二人はこうして家族となった。

出来の悪い弟の面倒を見て、時折にこりと笑うチヅルが素敵なのです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

エルフを狩るモノたちリターンズ 矢上裕

2008年11月18日 23:47

エルフを狩るモノたちリターンズ

突然異世界に償還された日本人3人が、元の世界へ戻るためエルフの素肌に記された呪文のかけらを集めるため旅をするファンタジーアクション漫画。
その続巻が5年の時を経て復活(発売は2008年3月)。

セルシア・マリクレール:コモンエルフの長。実力はあるがまぬけ。いつもなにかしら変な動物に姿を変える(変えられる)。今回もリーゼントの豚として登場。
龍造寺淳平:カレー好きの空手馬鹿。かつて呪文のかけらを探すためエルフを脱がしまくっていたせいで、「耳が長い=エルフは脱がす」という癖が付いてしまっている。今回も終始脱がしている。
井上律子:ミリタリーマニア。淳平のことが好きだがなかなか思いを伝えられず、また、伝わらない。以前は女子高生だったが、卒業したのだろうか。作中、律子だけ近況報告がなかった……。
小宮山愛理:オスカー女優。淳平も彼女の熱烈なファンである。迫真の演技により、相手に「斬られた」と錯覚させて倒す。

以上の主要人物は5年のブランクを経ても全く失われていないキャラクター性を持ち、今回も異世界で大暴れ。
ただし、召喚されたのは3人だけでなく、カレーの町神保町ごと異世界に招かれたのであった。


電撃コミックガオ! 記念すべき創刊15周年の記念に、単行本1冊分だけ復活を果たした本作。
今回も相変わらずの面白さでした。

そして休刊する掲載誌。
う、うあぁぁぁ……。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。