--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「羽衣狐も金曜日はカレー」 ぬらりひょんの孫 キャラクター公式データブック 妖秘録 椎橋寛

2010年07月07日 22:49

ぬらりひょんの孫_妖秘録

7月5日より順次TVアニメの放映が始まりました「ぬらりひょんの孫」。その放映と時を同じくして、キャラクター公式データブックが発売されました。
その名も素敵「妖秘録」。なんと、単行本未収録の読み切り版「ぬらりひょんの孫」が収録されています。その他、「実録! ある日の○○」という形の書き下ろしなども多数収録されています。

アニメの方はBS11での放映が7月10日(土)からなのでまだ未視聴なのですが、今期イチオシの期待作。早く見たいですね。

ところで本編の11巻も同時発売でしたが、しばらくサボっている間に4冊分も感想が溜まっちゃってどうしたもんだか。
そちらの感想もいずれぼちぼち消化していきたいと思います。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「良い子は真似しちゃいけません」 ぬらりひょんの孫 7 椎橋寛

2009年10月04日 23:58

ぬらりひょんの孫_7

妖怪の天敵・陰陽師現る。魑魅魍魎の跋扈する浮世絵町にゆらの兄を名乗る2人組が現れた。
妖怪は悪。モノトーンなら黒に属する。絶対悪は滅するのみ。
ダブルスタンスの二面性ヒーロー物語「ぬらりひょんの孫」7巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。
5巻の感想はこちらから。
6巻の感想はこちらから。

表紙の絵柄を繋げると百鬼夜行となるこのシリーズ。今まで敵側の妖怪も登場してきましたが、今巻の表紙は陰陽師である花開院三兄妹。
最早妖怪ですらない。便乗して式神までいます。
ゆらなんか陰陽師の服が修行でぼろぼろになりセクシー……でもないか。体操服と制服のスカートも着てるし。第一彼女はうっかりおとぼけの食いしん坊キャラなのでお色気路線はお門違い。

一方でお色気担当(?)正ヒロインの家長カナはカバー裏表紙で読者モデルに大抜擢。
「えーと、友達が勝手に申しこんじゃってぇ~」なノリ。
カワイく続くそうですが、これって伏線?

「私もうつっとるのに」

とはとぼけた面した京女・花開院ゆら。そう、君はそっち路線じゃない。お色気展開からはハブられてなんぼなんだ!

そして背表紙はようやく毒鳥の妖怪・鴆の出番。リクオと杯を交わしたのは彼が最初ですが、戦闘要員では無いので結構後回しにされました。
そしてカバー裏背表紙は目玉喰らいの夫婦の、嫁の方。前巻の夫と合わせ、夫婦揃ってカバー裏背表紙を飾りました。
しかしこの三つ目、お決まりのポーズをとるものの、右足の向きが違うな。と思いきや、2巻表紙のつららも同じく右足の向きが異なる。ああ、なるほど、着物だと足の曲げ具合が分かりにくいので少しポーズを変えているのか。
それにしても、カバー裏背表紙はもっと、こう、デフォルメ系の妖怪が出張るところだと思っていたので、三つ目の人妻がチョイスされたのは意外でした。
本編の方にもチラッと出てるし、たいした出世だ。
[ 続きを読む ]

「つらら… それは違うよ それは違う」 ぬらりひょんの孫 6 椎橋寛

2009年08月08日 23:59

ぬらりひょんの孫_6

四国より来る魔王・隠神刑部玉章との戦いが遂に終結する。闇に生きる妖怪・リクオ。光に生きる人間・リクオ。ダブルスタンスの二面性ヒーロー物語「ぬらりひょんの孫」6巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。
5巻の感想はこちらから。

5巻に見えた黒い羽から、すわ、今回は夜雀か!? と思いきや、ここでまさかの三馬鹿鴉。間違えた、三羽鴉の登場です(保護者付き)。何でこのタイミングで。君ら今巻で活躍するわけでも無いのに。
予想が外れました。残念無念。
そして背表紙は順当に河童の出番。

そしてカバー裏背表紙は……えーと、どなた?
見覚えはある。見覚えはあるが名前は出てこない。
今回、レベル高いなー。つい1巻から全部読み返しました。
そしたら、6巻巻末の番外編に出てるキャラでした。
目玉を喰らう夫婦妖怪の夫の方。やっぱり名前は不明です。

そしてお馴染みカバー裏のオマケ漫画。今回は三羽鴉の誕生と命名。
美形の黒髪は黒羽丸。
トサカの彼はトサカ丸。
知的なメガネはささ美ちゃん――お、女の子だったんですね!
三兄弟かと思ってたら三兄妹でした。
妙なところでしてやられた。
[ 続きを読む ]

「君は魅力的な天然の天才」 バクマン。 3 原作 大場つぐみ/漫画 小畑健

2009年06月07日 23:59

バクマン_3

邪道ではダメだ。1位を取るため王道を目指す。
自分達のスタイルを一旦は捨て去り、頂点を目指すと宣言した2人。
「バクマン。」3巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

表紙を飾る男の名は新妻エイジ。
幼少より漫画を描き続け、亜城木夢叶コンビよりわずか歳一つ上というだけだが、週刊少年ジャンプにて連載を勝ち取った天才。

「もし僕がジャンプで一番の人気作家になったら
 僕が嫌いなマンガをひとつ終わらせる権限を下さい」

と、編集長を前に言い放つ彼の度胸と独特さは魅力的の一言。
1巻の頃から名前を聞き、2巻登場時には「なんだこいつは!?」と思わせる容姿と性格のインパクトを我々読者に見せつけた彼。
当初こそ、亜城木夢叶のライバルという位置づけゆえに反感めいたものを持っていましたが、彼のキャラクター性が浮き彫りになるうち、その魅力に好意的な感情を持ち始めていました。

そして3巻。
遂に亜城木夢叶と新妻エイジが、ジャンプ編集部にて始めて顔を合わせます。
[ 続きを読む ]

「さーてね ふふふ(棒読み)」 ぬらりひょんの孫 5 椎橋寛

2009年06月06日 23:59

ぬらりひょんの孫_5

四国八十八鬼夜行を率いる隠神刑部玉章との戦い。その中の幹部・犬神を打ち倒し戦いは激化の様相を見せる。
人の世を守る人間、闇に紛れて闘う妖怪、ダブルスタンスの二面性ヒーロー物語「ぬらりひょんの孫」5巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。

なんと今回の表紙は玉章&犬神という、四国八十八鬼夜行の幹部2名。
まさかまさかの敵方登場。君ら、百鬼夜行の後ろに並んで良い存在なのか。
舞い踊る木の葉枯葉と共に黒い羽も見えます。と、言う事は次回は夜雀か。
背表紙に見えるは首なし。ここに並ぶキャラはやはりリクオの側近達。

さて、毎回読者を愉しませてくれるカバー裏表紙ですが、今回はここも四国八十八鬼夜行。ピックアップされたのは犬鳳凰+夜雀。自称四国一のキレ者である彼は夜雀により虐めにあうという、なんとも損な役回り。
また、カバー裏背表紙には子鬼を抜擢。んん、そこは四国八十八鬼夜行じゃないんだ。4巻での袖モギ様の抜擢もあり、岸涯小僧なんてビジュアル的にはありなのに。

ともかく、前巻は袖モギ様と苔姫さまのための巻でしたが、今回は四国八十八鬼夜行、とりわけ隠神刑部玉章のための巻と相成っております。

「久万山の古岩屋
 封じられし神通力
 八百八狸の眷族引きいし
 その力欲しくばとなえよ
「人外の身の性来を
 引くからは
 心に心心して見よ」と」

隠神刑部玉章、なんと恐ろしき妖怪。
[ 続きを読む ]

「王者への敬意を示す一撃」 トリコ 4 島袋光年

2009年05月06日 20:57

トリコ_4

グルメを唸らせる格闘美食漫画「トリコ」。その4巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

美食漫画ではあるものの、今巻ではグルメは控えめ。代わりにバトル要素がメインとなっています。
物語としては3巻から引き続き、古代の食宝「リーガルマンモス」の確保が目的。――ですが、まずは闘技場でのGTロボ戦に決着です。
[ 続きを読む ]

「姫の和服をもぎもぎする」 ぬらりひょんの孫 4 椎橋寛

2009年04月03日 23:59

ぬらりひょんの孫_4

牛鬼の命をかけた忠心を受け、3代目襲名の決意を固めたリクオ。だが、衰退の一途を辿る奴良組の前に、四国からの妖怪が現れ襲い来る。
昼は人間、夜は妖怪、ダブルスタンスの二面性ヒーロー物語「ぬらりひょんの孫」4巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

3巻の感想時に「次辺り毛倡妓、黒田坊、河童の3人でしょうか。」と書いてたらニアピン、黒田坊、河童の2名は正解でした。が、ここでまさかの新キャラ登場。黒田坊の陰に隠れるようにお洒落土地神・苔姫さま。何気に右上に土地神・千羽様もいらっしゃいます。
これは予想外。
4巻にしか登場しないキャラなのでここで使わなきゃ日の目を見ることはあるまい、という気持ちは分かりますけどね。
背表紙を獲得したのは黒田坊。3巻が青田坊だったので、対抗して出張って来るのは納得です。
が、カバー裏背表紙でここでもまさかの袖モギ様。
――敵じゃん!
してやられました。まさか敵方のキャラも参加可能だったとは。
納豆小僧、一つ目小僧、3の口に続く者としてキャラの造詣的には十分納得の範疇ですが、意外すぎでした。

ここまで読んで聡明な方ならお気づきでしょう。
そう、4巻は袖モギ様と苔姫さまのための巻だったんだよ!!
[ 続きを読む ]

「絵を描く人はよく視る人。じっと見据えて観察する」 バクマン。 2 原作 大場つぐみ/漫画 小畑健

2009年03月14日 21:26

バクマン_2

仕上げた漫画を集英社編集部へ持ち込み。いよいよ漫画家への道が本格的に始まりました。「バクマン。」2巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。

1巻ではまだ漫画を描く部分は少なく、目標へ向かって走り出す前の準備段階のような展開でした。
スポーツ漫画に例えるなら廃部寸前の部でメンバー集め始める段階。
内容も漫画一辺倒ではなく、シュージンからの勧誘、目的付けのための告白、家族間での認可、そして叔父の過去との向き合いと多種多様。

2巻でも学校生活など漫画以外の面も出てきますが、徐々に作品製作へとシフトしてきたように感じました。練習試合をしたはいいものの惜しいところで負けてしまい、ここからは猛特訓、本試合では負けないぞ、という決意を燃やす段階に入りました。
[ 続きを読む ]

トリコ 3 島袋光年

2009年02月05日 23:08

トリコ_3

「いただきます」に始まり「ごちそうさま」で締めくくる、お宝食材を追い求める肉体派の美食漫画、「トリコ」3巻の発売です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

今巻、まずは継続して「フグ鯨」から。
捕獲レベル29という桁外れな難易度は、ひとえに毒化するリスクのため。少し触れただけでも毒化する繊細なそれを、無毒のまま気絶させ捉えるのは至難の業。
グルメ四天王であるトリコ・ココの2人がかりでもようやく捕まえる事が出来たのはわずか10匹。

密度の高い究極のフグ肉。いよいよ調理開始です。
[ 続きを読む ]

バクマン。 1 原作 大場つぐみ/漫画 小畑健

2009年01月06日 23:19

バクマン_1

ロマンチックな馬鹿が加速して漫画を描き始める漫画、「バクマン。」1巻の発売です。
大ヒット作「DEATH NOTE」の大場・小畑コンビが送る最新作。期待せずにはいられません。
原作者・大場つぐみ氏曰く「比較的地味な内容になると思う」とのたまう題材ですが、その内容たるや、熱い魂を感じさせます。「吼えろペン」とは別ベクトルで。

ギャグ漫画家・川口たろうを叔父に持つ真城最高(サイコー)は、売れない漫画家だった叔父を自殺したものと思い込んでいた。絵が得意で漫画家の叔父を尊敬していたサイコーはそれ以来、周囲に流される良い子として生きてきた。
しかし、ある日想い人である亜豆美保を写生したノートを教室に忘れてしまい、あろうことかクラスの秀才・高木秋人(シュージン)にノートを奪われてしまう。
ノートを返す条件としてシュージンが提示したものは、「自分と組んで漫画家になること」。
岸辺露伴

叔父の件もあり、即決速攻のサイコー。

しかし、執拗なシュージンの勧誘と持ち前のロマンチスト回路が暴走し、亜豆の目の前で「漫画家になる」と宣言、更に「アニメ化した暁には結婚」の約束も取り付ける。
而して、サイコーの漫画家になるための道が始まったのであった。


結婚を請うた後の間抜け面はなんだろ、これ。
その後の「中3にして……」の下りは、もう顔がウサビッチのプーチンにしか見えない。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。