--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もう大人なんだからしっかりしなさい」 メリーちゃんと羊 全6巻 竹田エリ

2010年04月03日 01:31

メリーちゃんと羊_1

早くに両親を亡くしたメリーは、叔父に引き取られ立派に育っていた。
料理はちょっと下手だけど、小学生らしく元気いっぱい、同級生とも恋をして、優しい叔父さんと一緒に普通の生活を送っていた。
しかし、我々の"普通"とは異なる点が一つ。
彼女を養う叔父さんは、羊だったのです。

動物と人間の親子が暮らす独特の世界「メリーちゃんと羊」全6巻の感想です。

有名なんだかマイナーなんだか良く分からない本作は、前述した通り独特の世界観で構築されており、人を惹き付けるファンタジーとなっています。
文明的には現代と変わらず、住んでいる惑星の名前も地球です。
しかし、この世界は隔世遺伝で動物と人間の遺伝子が交互に発現します。
メリーの場合、祖父母は人間、両親は羊、メリーは人間、将来メリーが子供を生めば羊の赤ちゃんが生まれる、という次第です。
また、言葉を話せず知能も動物のままという、我々の世界で言う一般的な"動物"も存在し、区別をつけるために動物系人間を"系人(言葉を話す知恵を持ち二足歩行する)"と読んで区別しています。
系人には様々な種類があり、大別すると動物系・鳥系・魚系・虫系に分かれます。これに人間系を加え、オリンピックの五輪として表現されたりもしています(メリー調べ)。

動物マンガでペットなどを擬人化し喋らせたりするアンソロジー作品とは一線を画する世界観です。
細かい所のツッコミはしたら負けです(卵で生まれた人系の子はへそがあるのか、とか)。楽しんだものが勝ち。

「叔父さんはどうして羊なの?」
「羊に生まれたから」

「メリーはどうして人間なんだ?」
「人間に生まれたから」

「何ら不思議はあるまい」
「そーかなあ…」


そうなんです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「おまえらの誰がそんなに深刻に頭悪いんだ?」 ハチワンダイバー 12 柴田ヨクサル

2009年08月26日 23:09

ハチワンダイバー_12

キスの一つで人生の変わる衝撃の漫画「ハチワンダイバー」12巻の発売です。
アイラブ将棋。

9巻の感想はこちらから。
10巻の感想はこちらから。
11巻の感想はこちらから。

将棋の亡者達が闊歩する地下賭博場をいち早く抜けた菅田。
彼を探し追いかけて、鬼将会に殴りこんだそよと澄野。

賭け将棋で100万貯め抜けの地下賭博場に、真剣師二人が弩級の嵐を巻き起こす。

その一方で。

「メイプルシロップバケツ一杯」

鬼将会創始者・谷夫登場。
深刻に頭の悪い手段のトップは超弩級にイカレていました。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「毒があるって事を思い知らせてやる」 ハチワンダイバー 11 柴田ヨクサル

2009年05月21日 23:54

ハチワンダイバー_11

圧倒的な迫力と野性的な破壊力を併せ持つ弩級ハイテンション将棋マンガ「ハチワンダイバー」11巻の発売です。

9巻の感想はこちらから。
10巻の感想はこちらから。

「当然"ハイタイム"だな」

空っぽの箱に血肉を戻し、岩をも砕く"High Time"。

オレこの オト 感動
 盤上に表現する!!!」

のっけから最終勝負! クライマックス! ハイタイム!
菅田健太郎、地下賭博場での生死をかけた最終勝負、VS右角が遂に始まった。

「カモン」
「君 ROCKだぜ」
 
[ 続きを読む ]

ハチワンダイバー 10 柴田ヨクサル

2009年02月19日 23:16

ハチワンダイバー_10

縦横9マス掛けて81マスの将棋盤に潜るダイバー、今度は仇敵・鬼将会の「天国」独立将棋国家で真剣将棋の殴り合い。冷める事の無い熱々のご馳走「ハチワンダイバー」10巻の発売です。

9巻の感想はこちらから。

訳も分からず拉致られ、家を燃やされ、押し込められた地下賭博場。持たされた2万は寝ている間に盗られ、目を覚ませばパンツ一丁。
正に裸一貫からの勝負。
ハチワンダイバー・菅田健太郎、情けない姿を晒しての10巻始まりです。

かける物もなく、将棋も指せない状況を打破すべく、風呂屋で決死のアルバイト(薪割り8時間100円)。コーヒー牛乳1本すらままならぬ状況。
が、そこへ風呂へ入りにきた親父が1人。必死の菅田が詰め将棋を即答した事で面白がり、「バイト代を毎日100日間貢ぐ」事を条件に1万円で真剣を申し出る。

そして、将棋盤の前に座った菅田。その目に真剣師の火が灯る。

「アイ ラブ 将棋」

ハチワンダイバー、ここからが本業開始です。
[ 続きを読む ]

ハチワンダイバー 9 柴田ヨクサル

2008年11月20日 23:18

ハチワンダイバー_9

縦横に9、掛けて81マスの将棋盤に潜り、無限に広がる手番の海を深く読む。
熱い、野獣味溢れる将棋漫画「ハチワンダイバー」その9巻が発売です。

男臭いくらいに無駄にテンションの高い漫画ですが、今回も初っ端から絶好調。

前巻で(受け師さんの)宿敵・鬼将会のアジトの一つに乗り込みマムシとの命がけの勝負に勝った菅田。プロの道に破れ、鬼将会の道から堕とされ、負けたマムシは死に場所を求めて立ち去る。
9巻はマムシを追いかけ止めようとする菅田のシーンから。

「仲間達が四段になっていく姿を 僕に決して向けられることのなかった賞賛 あのフラッシュの光… ズキンズキンと… しっかりと… 目に焼きついている とれやしない 焼きついているんだ」

マムシを追う内に涙と共に溢れ出るトラウマ。無念。「チクショウ」と叫ばれる言葉。

最初からこのテンションって。寝起きに山の頂上からオフロードバイクで下った気分。一気に目が覚めた。この男臭い訳の分からん涙が好きだ。無駄にこっちのテンションも上がり、危うく感動しかけそうになった。
そして文字通り壁をぶち壊し、マムシを呼び戻した菅田。彼は全力を使い果たし、マムシの胸の中で死に絶えるのであった。
おいおい。

一つツッコませてもらう。
公園の土管にあんなにネコはいねぇ(90匹いた)。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。