--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もう完璧に意識してますね。ニヤニヤ」 ハニカム 3~4 桂明日香

2010年06月01日 23:42

ハニカム_3ハニカム_4

主人公は御手洗のはずなのにあまり目立たない本作。それは恋する乙女の視点で描かれることが多いから。
乙女たちによる御手洗争奪戦も苛烈を極めた、1話に1回はにかめるドキドキラブコメ「ハニカム」3~4巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

3,4巻を並べると登場キャラクターもほぼ勢ぞろいです。
その中でメインはやはり3巻に並ぶ乙女たち。

○恋する赤貧・鐘成律子。御手洗スキーに関しては貫禄のNo.1。
○病弱でウブなお嬢・守時規子。初登場以来着々とポイントを稼ぎ、暫定1位にも迫る勢い。
○勘違い魔性の女・湧水萌。御手洗からの熱い視線を受けながらも未だスルー。

舞には王里がいるし、ホール長は人類ではないので、現在のところこの3人が御手洗争奪戦の主力メンバーとなります。

鐘成&守時 → 御手洗 → 萌 → シャア

と見事な一方通行を形成しつつ、この恋はどこへ向かうのか!?

とか言いつつ中間結果では意外にも王理が一番という結果になってしまいましたが、現在はどのような情勢となっているのでしょうか。
早速見ていきましょう。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ハニカム 2 桂明日香

2009年01月31日 23:28

ハニカム_2

先日レビューしました「花やしきの住人たち」最終巻に1日遅れて発売しました、同作者の著作「ハニカム」2巻の発売です。

「花やしきの住人たち」では心に傷負う少年少女の物語が描かれましたが、打って変わって本作「ハニカム」では健康優良児達の距離感の測れぬ微妙な恋愛模様が展開されています。

さて、2巻の見所はというと、
1、強敵登場、その名は守時規子
2、赤い彗星マニア、暴走する
3、お似合いのダメ男とデブ専
の3本柱です。

余談ですが、今更ながらコックの米斗王理は続けて書くと「料理」になるのね、と人物紹介を見ながら気付いた。店長の名前の糸丑治五郎が「ヒモ・ジゴロ」なんて女泣かせな名前である事にはすぐ気付いたのだけれども。
[ 続きを読む ]

ハニカム 1 桂明日香

2008年11月14日 23:24

ハニカム_1ハニカム_u

コンピュータ雑誌である週刊アスキーにて連載中の「ハニカム」。掲載誌の内容とは裏腹に、ファミリーレストラン"Honey Comb(ハチの巣)"にて働く若人達の姿をキャッキャウフフと描いたギャグ漫画。
後書きにて、作者の桂明日香さん本人も、息抜きに何も考えないで楽しめるよう、目標を

「一話一回はにかめる」

と定めています。

そして出来上がった作品は、見事に目標通り。
毎回クオリティの高い4ページを提供してくれます。

登場人物もガンオタ、赤貧、計算ロリ、クール超人(表紙の女性4人)に主人公、コック、店長(男性3人)と濃ゆい面々が揃っています。キャラ萌えの人も安心。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。